三菱ガス化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mitsubishi logo.svg三菱瓦斯化学株式会社
MITSUBISHI GAS CHEMICAL COMPANY, INC.
Mitsubishi Gas Chemical Corporation.gif
Mitsubishi building.jpg
三菱ガス化学本社のある三菱ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4182 1954年2月15日上場
略称 三菱ガス化学、MGC
本社所在地 日本の旗 日本
100-8324
東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
三菱ビル
設立 1951年昭和26年)4月21日
(日本瓦斯化学工業株式会社)
業種 化学
事業内容 天然ガス系化学品
芳香族化学品
機能化学品
特殊機能材
代表者 倉井 敏磨(代表取締役社長)
資本金 419億70百万円
発行済株式総数 4億8,347万8,398株
売上高 連結:5,346億70百万円
単独:4,172億65百万円
(2014年3月期)
営業利益 連結:114億16百万円
単独:72億85百万円
(2014年3月期)
経常利益 連結:307億35百万円
単独:274億78百万円
(2014年3月期)
純利益 連結:149億71百万円
単独:51億47百万円
(2014年3月期)
純資産 連結:3,241億38百万円
単独:1,770億92百万円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結:6,581億17百万円
単独:3,978億12百万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:5,445人 単独:2,434人
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 6.8%
日本生命保険相互会社 4.7%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 4.7%
明治安田生命保険相互会社 3.7%
全国共済農業協同組合連合会 3.1%
(2013年9月30日現在)
主要子会社 日本パイオニクス(株) 75.0%
エイ・ジイ・インタナショナル・ケミカル(株) 91.6%
外部リンク http://www.mgc.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

三菱ガス化学株式会社(みつびしガスかがく、Mitsubishi Gas Chemical Company, Inc.、登記社名:三菱瓦斯化学株式会社)は、日本化学メーカー。三菱グループの一員である。

概要[編集]

日本海天然ガスの自社鉱区を所有し、過酸化水素キシレン誘導品、アンモニア誘導品、エンジニアリングプラスチックなどの化学品を生産しているほか、サウジアラビアベネズエラなど海外で、メタノールを合弁方式によって生産している。また、鉄が錆びるときに酸素を吸収する原理を応用した脱酸素剤『エージレス®』を世界に先駆けて商品化した。これは食品の鮮度保持などに用いられている。

2009年平成21年)3月期の連結売上の内訳は、メタノールコエンザイムQ10など天然ガス系化学品が約1,434億円、ポリイミドフィルム原料など芳香族化学品が1,206億円、過酸化水素ポリカーボネートなど機能化学品が約1,245億円、プリント基板用材料など特殊機能材が約580億円となっている。

沿革[編集]

旧・三菱江戸川化学[編集]

  • 1918年大正7年) 三菱製紙の出資により江戸川バリウム工業所を設立。翌年江戸川工業所に、さらに1922年(大正11年)に合資会社江戸川工業所に改称。
  • 1933年昭和8年) 東京工場の隣に東京メタノールを設立。4年後、同社を吸収して株式会社江戸川工業所と改称。
  • 1943年(昭和18年) 日本低温化学を吸収合併。
  • 1949年(昭和24年) 江戸川化学工業株式会社に改称。
  • 1951年(昭和26年) 本社研究所を開設し、浪速合成化工を吸収合併。
  • 1962年(昭和37年) 三菱江戸川化学株式会社に改称。
  • 1969年(昭和44年) 台湾に台豊印刷電路工業股有限公司を設立。

旧・日本瓦斯化学工業[編集]

合併後[編集]

  • 1972年(昭和47年) 三菱江戸川化学と日本瓦斯化学工業が対等合併し、三菱瓦斯化学株式会社に改称。
  • 1979年(昭和54年) 日本サウジアラビアメタノールを設立。
  • 1985年(昭和60年) デュポンとの合弁でエムジーシーデュポンを設立。
  • 1986年(昭和61年) 佐賀製造所を新設。
  • 1991年平成3年) CIを制定し表記社名を三菱ガス化学株式会社に変更し、エレクトロテクノを設立。
  • 1994年(平成6年) 三菱化成と合弁で三菱エンジニアリングプラスチックスを設立。
  • 1996年(平成8年) 新潟工業所で稼動していた日本で最後のメタノール製造プラントを停止。
  • 2000年(平成12年) チッソと合弁でシージーエスターを、日本パーオキサイドと合弁で共同過酸化水素をそれぞれ設立。
  • 2001年(平成13年) 丸紅と合弁で水島パラキシレンを設立。
  • 2002年(平成14年) 三菱化学と合弁でダイヤティーエーを設立。
  • 2004年(平成16年) 大塚化学と合弁でエムジーシー大塚ケミカルを設立。
  • 2005年(平成17年) 住友金属鉱山と合弁でグラノプトを設立。
  • 2007年(平成19年) 新潟工場で爆発事件発生。
  • 2009年(平成21年) 大阪証券取引所、名古屋証券取引所上場廃止。

事業所[編集]

東京開発センター

グループ企業[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]