ポリカーボネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポリカーボネートを使用したプラスチックダンボール。

ポリカーボネート: polycarbonate)は、熱可塑性プラスチックの一種。化合物名字訳基準に則った呼称はポリカルボナート。様々な製品の材料として利用されている。モノマー単位同士の接合部は、すべてカーボネート基 (-O-(C=O)-O-) で構成されるため、この名が付けられた。ポリカPCと省略されることもある。また、アクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれる。ドイツバイエル社が開発した。

原材料のビスフェノールA内分泌攪乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)として注目を浴びたが、人体への悪影響は小さいだろうという見方も多い。

物性[編集]

  • 密度:1.20 g/cm3
  • 可用温度: −100 °C to +180 °C
  • 融点:約250 °C
  • 屈折率: 1.585 ± 0.001
  • 光透過率:90% ± 1%
  • 熱伝導率:0.19 W/mK

製法[編集]

ビスフェノールAとホスゲンからのポリカーボネートの生成

ビスフェノールAとホスゲン(もしくはジフェニルカーボネート)を原料として生産される。塩化カルボニルを用いる場合は、界面重縮合でポリマー化される。また、ジフェニルカーボネートを用いる場合は、エステル交換による重合で合成される。

利点[編集]

透明性・耐衝撃性・耐熱性難燃性などにおいて、高い物性を示す。

エンジニアリングプラスチックの中でも平均して高い物性を示す樹脂であり、かつ透明性をもつために光学用途にも使用でき、その物性に比べて安価であり、航空機・自動車など輸送機器、電気電子・光学・医療機器、防弾ガラスの材料などに広く用いられている。

機械的強度も優れているので力のかかるプラスチックねじで最も多く使われている材料である。

欠点[編集]

  • 薬品耐久性はあまりよいとは言えない。特にアルカリ剤、溶剤では劣化する。接着剤などの使用ができない。
  • エステル結合を持つため、高温高湿度の環境下では加水分解する。
  • 引張強度を超える力をかけると、白化して透明度が著しく低下する。

製品例[編集]

電機・電子・光学機器[編集]

輸送機器[編集]

主に風防(ウインドシールド)として

その他機器[編集]

雑貨・家庭用品[編集]

サンスター文具はポリカーボネート製の筆入れ「アーム筆入れ」の頑丈さを、「が踏んでも壊れない」というキャッチコピーのテレビCMでアピールした。材質にポリカーボネートを採用した契機は、開発担当者が「ニュース映画で見た『暴走族が信号機に投石しているにもかかわらず、信号機のレンズが割れなかったこと』に驚き、警察に問い合わせて材質を聞いた」ことにあったという[1]

武器・防具[編集]

信号機は、交通用として愛知県や兵庫県の一部で設置された。最新型は分割タイプで西日対策タイプとLEDレンズタイプの2種類があり、パナソニック京三製作所などで発売され設置されている地域もある。兵庫県では樹脂製丸型の中古流用が近年では増加しつつある。

強度についてのエピソードとして、映画『ターミネーター』でアーノルド・シュワルツェネッガーがかけていたサングラスのメーカー、ガーゴイル社では、同製品は散弾銃や.22程度の小口径拳銃であれば撃たれても貫通しない、というのが謳い文句であった。もっとも、散弾銃を使用した場合、12ゲージ00バックショット弾や12ゲージスラッグ弾ではサングラスごと吹き飛ぶ可能性があるので、その銃の口径や装弾の種類に大きく依拠する。また、22口径の拳銃に関しても、殊に".22ショート弾"を使用する拳銃にほぼ限られると考えられる[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 串間努「まぼろし小学校」、1996年、小学館、P43

関連項目[編集]

外部リンク[編集]