日建設計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社日建設計
Nikken Sekkei Ltd.
Nikken sekkei tokyo building iidabashi.JPG
日建設計本店(千代田区飯田橋)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:102-8117
東京都千代田区飯田橋2丁目18番3号
設立 1950年7月1日
業種 建築設計
事業内容 建築の企画・設計監理
都市・地域計画、建築コンサルタント
代表者 岡本 慶一(代表取締役社長
資本金 4億5,000万円
従業員数 連結:1,885名
単独:1,406名
決算期 12月末日
関係する人物 長谷部鋭吉
竹腰健造
外部リンク http://www.nikken.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社日建設計(にっけんせっけい)は、日本の組織系建築設計事務所1900年(明治33年)創業。本店は、東京都千代田区

概要[編集]

日建設計の起源は、1900年(明治33年)に設立された住友本店臨時建築部である。現在の法人格としての設立は、戦後住友の商事会社として発足した日本建設産業(現・住友商事)の建築部門を本来の建築の設計監理業務に復元するため、商事会社から分離独立させることになり、1950年(昭和25年)7月1日に日建設計工務(株)を新設し、この新会社に建築部門が譲渡された。歴史的経緯から住友系企業との結びつきは強く、住友系ビルの多くを手がけている。国内外の有名建築家との共作も多い(例:国際子ども図書館、さいたまスーパーアリーナ等)。また、国家プロジェクトレベルの大規模開発の計画、設計をする能力も高く、近年ではホーチミンの都市再開発マスターアーキテクトにも指定されている。

沿革[編集]

設計した主な建造物[編集]

神戸ハーバーランドセンタービル(一部・北側)

その他[編集]

その他、日建での取り組み

(地盤)

  • 関空・沈下コントロール(1994年(平成6年))
  • 住友金属和歌山製鉄所基礎 (1940年(昭和15年))
  • 広島県庁浮き基礎工法 (1956年(昭和31年))
  • 出光徳山精油所RCリンク基礎 (1957年(昭和32年))
  • 大阪毎日新聞社社屋基礎土質調査 (1953年(昭和28年))
  • 志布志国家石油備蓄基地基礎・大規模裁荷 (1984年(昭和59年))土木学会技術賞
  • 東京電力・富津LNG地下タンク解析法 (1985年(昭和60年))
  • 軟着島構想FAG (1990年(平成2年))

(水質業務)

  • 震災時水利用実験・阪神疏水構想 (1996年(平成8年))
  • 淀川水系環境意識調査 CVM法適用 (1995年(平成7年))
  • 長良川河口堰水質予測計算 (1992年(平成4年))
  • 小川原湖塩分挙動予測モデル検討 (1993年(平成5年))
  • 新宮川淡水赤潮対策調査 (1989年
  • 琵琶湖水環境現況総合調査 (1991年(平成3年))
  • 琵琶湖総合水管理調査 (1981年(昭和56年))

関連項目[編集]

おもな在籍人物[編集]

日建設計グループ[編集]

外部リンク[編集]