ポーラ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ポーラ美術館
POLA MUSEUM OF ART
施設情報
収蔵作品数 約9500点[1]
館長 荒屋鋪透[2]
管理運営 財団法人ポーラ美術振興財団
建物設計 株式会社日建設計[3]
延床面積 8,098.04m2[3]
開館 2002年9月
所在地 250-0631
日本の旗 日本神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
位置 北緯35度15分24.1秒 東経139度1分16.42秒 / 北緯35.256694度 東経139.0212278度 / 35.256694; 139.0212278
ウェブサイト http://www.polamuseum.or.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ポーラ美術館(ポーラびじゅつかん)は、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にある私立美術館である。財団法人ポーラ美術振興財団が運営している。館長は荒屋鋪透。

沿革・コレクション[編集]

ポーラ化粧品で知られるポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司が数十年にわたって収集した美術品約9500点を展示するため、2002年9月に開館した[1]

収集品の中核を成すのは19世紀以降の西洋絵画および近代日本絵画で、五つある展示室のうち3室がこれらの絵画にあてられている。残り二つの展示室のうち1室は中国および朝鮮半島の陶磁器、1室は化粧道具のコレクションにあてられている。

  • 西洋絵画は、日本でも人気の高いモネルノワール、ファン・ゴッホ、ピカソをはじめ、主要な画家の作品は一通り揃っており、日本でも屈指のコレクションである。
  • 化粧道具のコレクションは、化粧品メーカーのポーラにふさわしいものであるとともに、日本では他でほとんど見られない珍しいコレクションである。

景観保護論争[編集]

建設にあたっては、箱根仙石原が国立公園内であり自然が残る地域であったことから、法的に建設が不可能ということではないが、自然保護を主張する住民によって反対運動があった(1997年5月2日朝日新聞参照)。そこで、環境・景観保護の観点から、当初計画より建物の高さを抑えるなどし、美術館の建物はその主要部分が地下に構築されている。

主な収蔵品[編集]

交通概要[編集]

  • JR東海道本線・東海道山陽新幹線・小田急線小田原駅または 箱根登山鉄道箱根湯本駅よりタクシー利用。
  • 箱根登山鉄道強羅駅より箱根施設めぐりバスにて「ポーラ美術館前」下車 徒歩0分。
  • 他にも、小田原駅箱根湯本駅他から一般の路線バスで「ホテル小涌園前」・「仙郷楼前」まで来て、箱根施設めぐりバスに乗り換える方法もあるが、交通渋滞が頻繁におこり、どのくらい時間がかかるかわからない。

建築概要[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ポーラ美術館”. 株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス. 2014年2月2日閲覧。
  2. ^ ポーラ ミュージアム アネックスにてポーラ美術館館長・荒屋鋪透氏によるトークイベントを開催 (PDF)”. 株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス (2012年9月25日). 2014年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f BCS賞受賞作品”. 一般社団法人 日本建設業連合会. 2014年2月2日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]