長谷部鋭吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長谷部 鋭吉(はせべ えいきち、1885年10月7日 - 1960年10月24日)は建築家北海道札幌市生まれ。

住友総本店出身で、日建設計の母体の長谷部竹腰建築事務所竹腰健造と共に創業者の1人である。大阪市北浜の住友ビルディング(旧住友銀行本店・現三井住友銀行大阪本店)や千代田区の日本神学校などが代表作として知られている。

住友ビルディング(大阪市)
神戸住友ビル
日本生命本社ビル(大阪市)
神戸銀行協会(神戸市)
芦屋カトリック教会(芦屋市)
大阪カテドラル聖マリア大聖堂(大阪市)

略歴[編集]

  • 1885年10月7日 北海道札幌に生まれる。父・長谷部辰連は旧福井藩士で、新政府の開拓使大書記を務めていた。母・可禰(かね)は、大阪の坐摩神社の社司(宮司)・渡邉資政の三女。翌年1月元老院議官となった父に従い北海道を去る。その後山形県を経て東京で育つ[1][2]
  • 1903年 東京市立第一中学校卒業。
  • 1906年 第一高等学校卒業。
  • 1909年 東京帝国大学工学部建築学科卒業。住友総本店に入社。
  • 1915年 住友銀行兵庫支店竣工
  • 1930年 住友ビルディング竣工
  • 1933年 住友合資から5万円の出資と29名の移籍を得て㈱長谷部竹腰建築事務所を設立し、竹腰健造と共に常務取締役に就任。
  • 1944年 大阪北港(株)と(株)住友ビルディングが合併し、住友土地工務(株)と改称。住友土地工務㈱に営業譲渡し,竹腰健造が専務取締役、鋭吉が取締役に就任。
  • 1945年 敗戦により住友土地工務を日本建設産業(株)と改称し、新たに商事部門を増置(現在の住友商事の前身)し竹腰健造が社長、鋭吉が取締役に就任。
  • 1947年 竹腰健造が公職追放。鋭吉は平取締役であったため難を逃れる。
  • 1950年 同社建築部は分離独立して、日建設計工務株式会社が発足、顧問に就任。
  • 1958年 黄綬褒章受章
  • 1960年 10月24日 逝去
  • 1963年 大阪カテドラル聖マリア大聖堂竣工
  • 1970年 社名が株式会社日建設計と改称される。

主な作品[編集]

関与した主な作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]