さいたまスーパーアリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さいたま新都心 > さいたまスーパーアリーナ
さいたまスーパーアリーナ
Saitama Super Arena
さいたまスーパーアリーナ
施設情報
正式名称 さいたまスーパーアリーナ[1]
用途 競技場,店舗,コミュニティ施設[2]
収容人数 スタジアムモード:約36,500人[3]
アリーナモード:約22,500人[3]
設計者 MAS・2000共同設計室(代表:日建設計[2]
協力:エラーブ・ベケット英語版フラック・アンド・クルツ・コンサルティング・エンジニアーズ英語版[2]
技術協力:大成建設三菱重工業[2]
施工 大成建設[2]
三菱重工業[2]
ユーディケー[2]
建築主 埼玉県[2]
管理運営 株式会社さいたまアリーナ[4]
構造形式 鉄骨構造、一部鉄筋コンクリート構造鉄骨鉄筋コンクリート構造[2]
敷地面積 45,007 m2[2]
建築面積 43,730 m2[2]
延床面積 132,398 m2[2]
階数 地上7階、地下1階[2]
着工 1996年12月[2]
竣工 2000年3月[2]
総工費 649億5,600万円[2]
所在地 330-0081
埼玉県さいたま市中央区新都心8
位置
テンプレートを表示

さいたまスーパーアリーナ英語: Saitama Super Arena)は、埼玉県さいたま市中央区にある多目的ホールである。施設は埼玉県が所有し、第三セクターの株式会社さいたまアリーナが指定管理者として管理・運営を行っている。タウン情報誌等では、「さいたまアリーナ」「スーアリ」「たまアリ」「さいアリ」「スパアリ」「SSA」などと略称される。

概要[編集]

株式会社さいたまアリーナ
種類 株式会社
本社所在地 埼玉県さいたま市中央区新都心8
設立 1997年3月27日
業種 サービス業
事業内容 さいたまスーパーアリーナの運営他
資本金 4億9,500万円[5]
売上高 33億4,045万円(2013年3月期)[5]
営業利益 8,877万円(2013年3月期)[5]
経常利益 9,741万円(2013年3月期)[5]
純利益 5,786万円(2013年3月期)[5]
純資産 10億7,408万円(2013年3月期)[5]
総資産 29億5,925万円(2013年3月期)[5]
決算期 3月期[5]
主要株主 埼玉県 30%[6]
サッポロホールディングス[6]
東芝[6]
三国コカ・コーラボトリング[6]
パレスホテル[6]
さいたま市[6]
埼玉りそな銀行[6]
武蔵野銀行[6]
東日本電信電話[6]
東京電力[6]
東京瓦斯[6]
日本たばこ産業[6]
埼玉新聞社[6]
テレビ埼玉[6]
エフエムナックファイブ[6]
埼玉縣信用金庫[6]
外部リンク http://www.saitama-arena.co.jp/
テンプレートを表示

スポーツイベント、コンサートテレビ番組の収録、講演会、見本市会場などさまざまな用途に対応しており、最大で37,000席を使用できる国内最大級の多目的ホールとなっている。建設にあたって建築設計競技が行われ、日建設計の案が採用された。客席可動ブロックを採用し、床・天井等も可動式となっている。

2010年9月30日までは「ジョン・レノン・ミュージアム」が併設されていた(詳細は同項目を参照のこと)。その部分は2012年春からマルチイベントスペース「TOIRO」として利用が開始されている。

アリーナの形式[編集]

客席やステージが移動する「ムービング・ブロックシステム」を採用したことで、アリーナ全体を利用する「スタジアムモード」と、アリーナをいくつかのブロックに分けて利用する形式とに分けることができる。

スタジアムモード
大勢の観客が見込める格闘技やコンサート、アメリカンフットボールサッカー(エキシビションイベントのみ)、見本市などが開かれる時に使われるもので、格闘技やコンサートの場合はそれらのイベントに応じてセンターステージ形式やエンドステージ等にセッティングすることができる。最大座席数は約27,000席(フィールドに座席を配置した場合は約36,500席)である[3]なお、コンサートで使用する場合は、東京ドームなどのドーム球場を除いた屋内会場としては国内最大の収容人数となる。[要出典]
アリーナモード
イベントの規模に応じてアリーナを複数に使い分けて、下記の2つのアリーナを有効に活用することができる。スポーツ大会の場合は北側が試合会場、南側が選手控え室として使用できるほか、イベント等では北側がステージイベントで南側がフリーマーケットや作品展示などといった複数活用が可能になっている。
メインアリーナ(北側)
バスケットボールバレーボール体操競技、格闘技といった各種スポーツイベントやコンサート、集会等に利用できる。最大座席数は約19,000席(フィールドに座席を配置した場合は約22,500席)である[3]
コミュニティアリーナ(南側)
南口付近の屋外スペース(けやきひろば)の前にあり、屋外の自然光を取り入れながら市民規模のスポーツ大会(運動会フットサル大会等)や市民祭り、フリーマーケットなどに有効活用することができる。メインアリーナで開催している公演の物販会場となる場合もある。常設の客席はないものの仮設の客席を設置し格闘技イベントなどに利用される場合もあり、最大座席数は約3,300席(約4000席※)(フィールドに座席を配置した場合は約4,000席)である[3]

略歴[編集]

主なイベント[編集]

その他[編集]

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さいたまスーパーアリーナ条例
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p さいたまスーパーアリーナ”. 日経アーキテクチュア (2006年6月). 2013年8月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e さいたまスーパーアリーナ可動天井設備の張力を引張型ロードセルで監視 (PDF) - 共和電業、2013年8月10日閲覧
  4. ^ 埼玉県指定管理者一覧
  5. ^ a b c d e f g h 第17期決算公告(PDF) (PDF) 株式会社さいたまアリーナ 2013年8月10日閲覧
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 出資者”. さいたまスーパーアリーナ. 2013年8月10日閲覧。
  7. ^ “さいたまスーパーアリーナ 絶好調 稼働率過去最高76.4%”. 東京新聞. (2013年12月19日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20131219/CK2013121902000155.html 2013年12月19日閲覧。 
  8. ^ [PRIDE] 12.31 さいたま:五味、マッハをKO。シウバ防衛 - BoutReview 2006年1月4日
  9. ^ a b c d アクセス”. さいたまスーパーアリーナ. 2013年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]