住友大阪セメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
住友大阪セメント株式会社
Sumitomo Osaka Cement Company, Limited
Sumitomo logo.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5232
大証1部(廃止) 5232 2013年7月12日上場廃止
略称 SOC
本店所在地 日本の旗 日本
102-8465
東京都千代田区六番町6番地28
設立 1907年(明治40年)11月29日
業種 ガラス・土石製品
事業内容 セメントの製造販売、石灰石の採掘など
代表者 代表取締役社長:関根 福一
資本金 416億54百万円
発行済株式総数 4億2,743万2,175株
(2013年3月31日現在)
売上高 連結:2,190億83百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:1,429億76百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:3,157億34百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:2,769名、単体:1,302名
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 9.85%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 7.66%
株式会社三井住友銀行 2.14%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 和歌山高炉セメント株式会社
八戸セメント株式会社
関係する人物 岩崎清七(創業者)
外部リンク http://www.soc.co.jp/
テンプレートを表示

住友大阪セメント株式会社(すみともおおさかセメント)は、日本セメントメーカーである。

前身の住友セメントが住友グループ、大阪セメントが三和グループに属していたが、現在は住友色の強いセメントメーカーである。セメント販売は太平洋セメント宇部三菱セメントに次いで国内3位。住友グループ広報委員会にも参加する企業でもある。

主力製品・事業[編集]

事業所[編集]

本社・支店・研究所[編集]

本社

支店

研究所

  • 新規技術研究所 - 千葉県船橋市豊富町585
  • セメント・コンクリート研究所 - 千葉県船橋市豊富町585

工場[編集]

セメント工場

建材工場

  • 大阪工場 - 大阪市大正区南恩加島7-1-49

石灰石事業所

石灰石鉱山[編集]

沿革[編集]

磐城セメント(住友セメント)[編集]

日出セメント[編集]

  • 1918年(大正7年)2月 - 日出セメント株式会社会社設立。
  • 1921年(大正10年)6月 - 湊工場操業開始。
  • 1925年(大正14年)7月 - 磐城セメントに合併。

鈴木セメント[編集]

  • 1890年(明治23年)8月 - 鈴木セメント製造所操業開始。
  • 1904年(明治37年) - 鈴木セメント合名会社に改組。
  • 1918年(大正7年)11月 - 鈴木セメント株式会社が発足。
  • 1919年(大正8年)4月 - 鈴木セメント株式会社が合名会社を合併。
  • 1926年(大正15年)7月 - 磐城セメントに合併。

七尾セメント[編集]

  • 1926年(大正15年)11月 - 磐城セメントの子会社として、七尾セメント株式会社設立。
  • 1929年(昭和4年)4月 - 七尾工場操業開始。
  • 1941年(昭和16年)11月 - 親会社の磐城セメントに合併。

富国セメント[編集]

  • 1936年(昭和11年)2月 - 富国セメント株式会社設立。
  • 1937年(昭和12年)9月 - 磐城セメントの子会社となる。
  • 1938年(昭和13年)4月 - 葛生工場操業開始。
  • 1939年(昭和14年)12月 - 富山セメント株式会社(1938年10月会社設立)を合併、同社二見工場(1938年10月操業開始)を継承。
  • 1940年(昭和15年)11月 - 二見工場閉鎖。
    • 12月 - 磐城セメントに合併。

東洋セメント[編集]

初代

  • 1934年(昭和9年)5月 - 東洋セメント工業株式会社設立。
  • 1935年(昭和10年)8月 - 小倉工場操業開始。
  • 1943年(昭和18年)6月 - 工場を宇部興産株式会社が買収。
  • 1947年(昭和22年)2月 - 工場返却。
  • 1949年(昭和24年)8月 - 東洋セメント株式会社に社名変更。
  • 1950年(昭和25年)11月 - 磐城セメントに合併。

2代

  • 1976年(昭和51年)8月 - 合理化のため、住友セメント小倉工場を分社化し発足。
  • 1984年(昭和59年)3月 - 小倉工場操業休止。
    • 9月 - 住友セメントなど7社とアンデスセメント共同事業を設立。
    • 11月 - 東洋セメント解散、小倉工場閉鎖。

川崎セメント[編集]

  • 1958年(昭和33年)7月 - 磐城セメントと川崎重工業株式会社の出資で、川崎セメント株式会社設立。
  • 1960年(昭和35年)1月 - 大垣工場操業開始。
    • 3月 - 磐城セメントに合併。

滋賀興産[編集]

  • 1933年(昭和8年)8月 - 昭和セメント株式会社設立。
    • 8月 - 彦根工場操業開始。
  • 1939年(昭和14年)5月 - 親会社の日本石綿盤製造株式会社(現・株式会社ノザワ)が吸収合併。
  • 1944年(昭和19年)7月 - 小野田セメント製造株式会社(後の小野田セメント)が彦根工場を買収。
    • 10月 - 野沢石綿興業に社名変更。
  • 1947年(昭和22年)3月 - 彦根工場返却。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 野沢石綿セメント株式会社に社名変更。
  • 1960年(昭和35年)3月 - 東亜セメント株式会社を設立。
    • 6月 - 東亜セメント多賀工場操業開始。
  • 1965年(昭和40年)12月 - セメント製造部門を住友セメントへ譲渡する準備として、滋賀興産株式会社を設立。
  • 1966年(昭和41年)1月 - 滋賀興産が野沢石綿セメント彦根工場を継承、東亜セメントを合併し営業開始。
    • 4月 - 住友セメントが滋賀興産を合併。

大阪セメント[編集]

大阪セメントは、ライオン印のライオンセメントとして有名であった。

住友大阪セメント発足後[編集]

  • 1994年(平成6年)10月 - 住友セメントと大阪セメントが合併、住友大阪セメント株式会社となる。
  • 1996年(平成8年)3月 - 彦根工場閉鎖。大阪工場でのセメント製造を停止。
  • 1998年(平成10年)5月 - 電気化学工業株式会社とセメント事業で業務提携。
  • 1999年(平成11年)11月 - 宇部三菱セメント株式会社とセメント物流事業で業務提携。
  • 2000年(平成12年)3月 - 田村工場閉鎖。
  • 2003年(平成15年)3月 - 伊吹工場でのセメント生産を停止。
  • 2006年(平成18年)3月28日 - 岐阜工場の製品輸送を鉄道輸送からトラック輸送に転換。

グループ企業[編集]

2012年3月末現在、住友大阪セメントグループは連結子会社37社、持分法適用関連会社1社で構成されている。

主な連結子会社[編集]

セメント事業(製造)

セメント事業(輸送・販売など)

鉱産品事業

建材事業

光電子・新材料事業

  • 株式会社スミテック

不動産・その他事業

持分法適用関連会社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]