六甲オリエンタルホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六甲オリエンタルホテル
Rokko Oriental Hotel03s1800.jpg
六甲オリエンタルホテル(入口)
ホテル概要
正式名称 六甲オリエンタルホテル
ホテルチェーン 阪急阪神第一ホテルグループ
部屋数 60室
開業 1934年7月
改装 2000年
閉業 2007年6月15日
最寄駅 阪急神戸線六甲駅
所在地 〒657-0101
兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山1878番地
位置 北緯34度45分29.2秒
東経135度14分37秒
座標: 北緯34度45分29.2秒 東経135度14分37秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

六甲オリエンタルホテル(ろっこうオリエンタルホテル)は、かつて兵庫県神戸市灘区に存在したホテルである。

中庭、レストラン

概要[編集]

阪神電気鉄道六甲山開発の一環で設置したホテルで、当時神戸旧居留地で営業していた老舗ホテル「オリエンタルホテル」に営業を委託して、1934年(昭和9年)7月10日に開業した。委託先のオリエンタルホテルは、のちにダイエーに買収されたことを機に、ダイエーグループのホテルとして全国展開したが、六甲オリエンタルホテルは開業時の経緯ゆえに、ダイエーとは関係せず開業時の体制のまま営業を続けていた。

六甲ガーデンテラス六甲高山植物園などが近くにあり、さらに宝塚神戸有馬などの周辺観光地にも近く便利であった。また六甲山麓に存在し、斜面に迫り出している立地のため客室内から大阪方面から淡路島までの眺望が良く、夜には眼下に広がる美しい夜景を望むことができた。また六甲山の名勝である「天狗岩」までは徒歩で5分程度の最寄地に位置しており阪神平野を一望できた。敷地内の結婚式用の教会は、安藤忠雄設計の風の教会として知られている。

2006年(平成18年)10月1日阪急・阪神経営統合にあわせ、阪急阪神第一ホテルグループの一員となった[1]のち、六甲山の観光施設の見直しにより、2キロほど西にある阪急電鉄系の六甲山ホテルと競合する施設のため、2007年6月15日限りで営業を停止した。2007年(平成19年)12月に閉鎖された。外資系への売却話はあったが、跡地がどうなるのかは未定であり、風の教会の今後とあわせて注目されている。

施設[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2006年9月29日に、ホテル阪神を運営する「株式会社ホテル阪神」については株式会社阪急ホテルマネジメントに売却されたが、当ホテルを運営する「株式会社六甲オリエンタルホテル」は引き続き阪神電気鉄道の子会社であった。

関連項目[編集]