日本興亜損害保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本興亜損害保険株式会社
NIPPONKOA Insurance Company, Limited
NIPPONKOA Insurance Logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8754 2010年3月29日上場廃止
大証1部(廃止) 8754 2010年3月29日上場廃止
名証1部 8754 2010年3月29日上場廃止
略称 日本興亜損保
本社所在地 郵便番号:100-8965
東京都千代田区霞が関3丁目7番3号
設立 1944年10月1日
業種 保険業
金融機関コード 9853
事業内容 損害保険業
代表者 二宮雅也(取締役社長)
資本金 912億49百万円
(2011年3月31日現在)
発行済株式総数 7億5245万3000株
(2011年3月31日現在)
純利益 単体△64億37百万円
連結△71億円
(2011年3月31日現在)
純資産 単体3655億39百万円
連結3645億円
(2011年3月31日現在)
総資産 単体2兆459億19百万円
連結2兆9742億円
(2011年3月31日現在)
従業員数 10,488名
(2011年3月31日現在)
決算期 3月末
主要株主 NKSJホールディングス
主要子会社 日本興亜生命保険株式会社 100%
そんぽ24損害保険株式会社 100%
関係する人物 右近権左衛門(創立者)
山県勝見
亀山甚
外部リンク http://www.nipponkoa.co.jp/
テンプレートを表示

日本興亜損害保険株式会社(にっぽんこうあそんがいほけん、: NIPPONKOA INSURANCE CO., LTD.)は、日本の損害保険会社である。通称、日本興亜損保。本社は、東京都千代田区霞が関3丁目7番3号。

2010年4月1日に、損害保険ジャパンとともに経営統合し、NKSJホールディングス傘下となった。

概要[編集]

2001年4月1日日本火災海上保険株式会社興亜火災海上保険株式会社が合併して発足。さらに2002年4月1日に太陽火災海上保険株式会社と合併している。

特定の金融グループに属さない独立系の保険会社であったが、UFJグループ(旧三和銀行 現・三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG))と親密であったことに加え、フィナンシャルワンに発足当初から参加していることなどから、現在はMUFG系とみなされることが多い(ただし、日本興亜損保では現在でも自らを独立系としている)。近年、明治安田生命保険とも親密となっている。(太陽生命とも以前から親密)

筆頭株主のサウスイースタン・アセット・マネジメントは損害保険ジャパンとの経営統合を要求しているとされ、統合によって草刈場とされることを懸念した兵頭誠社長の留任に反対を表明した。このため自主独立路線を貫けるか、業界再々編の中で行方が注目されていた[1]。世界的な金融危機による自動車保険の急激な契約減少と、三井住友海上火災保険などが経営統合し、大手同業他社と経営規模が離されることを受けて、2009年3月13日、株式会社損害保険ジャパンとの間で経営統合について合意し、2010年4月1日に共同株式移転で共同持株会社NKSJホールディングスが設立された。

経営統合後も、当面は独自ブランドでの展開となっている。しかし、2012年3月23日に、株式会社損害保険ジャパンと2014年上半期を目途に合併し、「損害保険ジャパン日本興亜株式会社」となることを、取締役会で決議し、正式発表した[2]

テレビCM[編集]

CMキャラクターには、合併当初より石原軍団を起用していたが、2010年4月より榮倉奈々をCMに起用している。コンセプトは「さすが、わたしの保険」。キャッチフレーズは「あなたを全力でささえる」。これは石原軍団起用時からの名残である。プロゴルファーの原江里菜とは引き続きプロモーション契約を結んでいる。 また、日本の損害保険会社初のエコファースト企業となり、耳が葉っぱの形をしている「エコラッタ」というキャラクターでもCM提供を行い、エコドライブをはじめとするエコ活動や日本興亜損保のエコに対する取り組みのPRに用いられている。ちなみに容姿より犬と間違われることもあるが、エコラッタは妖精である。

CMソングに使用されている楽曲[編集]

テレビ提供[編集]

前身会社について[編集]

日本火災海上保険
東京都中央区に本社を置いた損害保険会社。大手五社(東京海上安田火災住友海上・大正海上・日本火災)の一角に数えられた。1944年、東京の日本火災保険(東京川崎財閥)と大阪の日本海上保険(北前船主の共同出資)が対等合併して成立。戦後、三和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)をメインバンクとしたが、第一銀行(現在のみずほ銀行)の第一原子力グループにも参加。特定の銀行・企業グループが薄い会社とも言われた。東京地区では長年ラジオの文化放送で「救急速報」「火災速報」「セーフティインフォメーション」を提供していた。末期には俳優段田安則をCMキャラクターに起用。主なキャッチフレーズに「あなたにはあなたの日本火災」「日本火災ください」「Choice!日本火災」があった。
興亜火災海上保険
東京都千代田区に本社を置いた損害保険会社。1944年、大北火災保険、尼崎海上火災保険、辰馬海上火災保険、神国海上火災保険の4社が合併のため解散して、大阪市に興亜海上火災運送保険を設立。1948年東京に本社を移転。1954年興亜火災海上保険に改称した。三和銀行をメインバンクとし、また旧大北火災保険の大口出資者が日本通運だったことから、日通との関係が深かった。また、旧辰馬海上火災の合併の関係上、戦前から辰馬財閥との関係が緊密であったとされる山縣家の面々が大株主に入っていたことも多かった。キャッチフレーズは「まさかのために興亜火災」。CIを導入して間もない末期のCMキャラクターはタレント司会者関口宏を起用していた。1981年から1984年までの4年間、後楽園球場のバックネットに広告を出していた。
太陽火災海上保険
東京都千代田区に本社を置いた損害保険会社。1951年大倉財閥をバックに設立。1967年、太陽生命保険、日本相互銀行(のちの太陽銀行。現在の三井住友銀行)と包括業務提携を結ぶ。太陽生命同様、保険商品に「ひまわり保険」の商品名を使用。太陽生命・太陽神戸銀行と連携した商品販売を行っていた。太陽生命が大同生命と提携することで三和銀行系に移籍したのに伴い、太陽火災も三和銀行系の日本興亜損保に急接近し(但し、合併まで晩年旧さくら銀行の融資系列であった)、結局合併した。

主力商品[編集]

  • カーBOX
  • すまいの総合保険フルハウス
  • 傷害総合保険 安心BOX
  • くらしの安心保険 MUSTIII MUSTスリムプラン

不祥事[編集]

2003年11月6日、同社の子会社である日本興亜生命保険所属のある保険代理店が生命保険の販売に当たり、違法な保険募集(虚偽説明、重要事項の説明不足、無登録募集)を行っていたが、同社はそれを知りながら、同代理店への監督責任があるにもかかわらず同代理店の違法行為を放置し続けた。これを重く見た金融庁は、同社に対し12日間の業務停止命令および業務改善命令の行政処分を言い渡した。[3]

2005年9月27日、損保16社による保険金の大量不払いがあったことが判明し、同社もその中に含まれていた。この時点で判明した不当な不払い件数は22,087件、金額にして7億8,257万円[4]。主に自動車保険の特約に集中していた。そして同年11月25日、追加で判明した10社と合わせて26社となったが、同社はその内の1社として金融庁から業務改善命令の行政処分を受けた。[5]

なお、金融庁の指導の下に、損害保険各社が一斉に実施している現契約内容の確認は、日本興亜は2007年4月からこの確認を説明点検運動と称し行っており、契約者自身に契約内容を確認するよう依頼してきた。

引責辞任[編集]

こうした保険金の不当不払いが相次ぐ中、2007年4月1日から当時社長の松澤建が代表権の無い会長職へと退くことが2007年1月12日に発表された。[6] 松澤は大量不払い問題による引責辞任であることを否定したが、事実上は引責辞任と見られている。[7] なお、この発表以降に金融庁から何らかの行政処分が下された場合は、松澤は会長職も辞任する意向を示していたため、同年3月14日の行政処分を受けて会長職には就かない可能性が一時は濃厚となったが、結局は会長職に就任した。[8]

後任には当時副社長職を勤めていた兵頭誠が昇格し社長となった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]