富士火災海上保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士火災海上保険株式会社
The Fuji Fire and Marine Insurance Co., Ltd.
The Fuji Fire and Marine Insurance Co., Ltd. Headoffice.JPG
大阪本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8763 1961年10月2日 - 2011年7月29日
大証1部(廃止) 8763 1953年9月1日 - 2011年7月29日
略称 富士火災
本社所在地 542-8567
大阪市中央区南船場1-18-11
設立 1918年大正7年)4月18日
(日本簡易火災保険株式会社)
業種 保険業
事業内容 損害保険業
代表者 横山隆美(代表取締役社長兼CEO)
資本金 559億81百万円(2012年3月末現在)
発行済株式総数 1億2100万株
2012年3月31日現在)
売上高 連結:3,711億47百万円
単独:2,648億70百万円
(2012年3月期)
純利益 連結:△163億59百万円
単独:△157億41百万円
(2012年3月期)
純資産 連結:853億94百万円
単独:895億68百万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:1兆1,365億11百万円
単独:8,580億1百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:5,966人 単独:5,653人
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 AIG ジャパン・ホールディングス株式会社 100%
(2013年4月1日現在)
主要子会社 AIG富士生命保険(株) 100%
外部リンク http://www.fujikasai.co.jp/
特記事項:東京本社 東京都港区虎ノ門4-3-20
テンプレートを表示

富士火災海上保険株式会社(ふじかさいかいじょうほけん、The Fuji Fire and Marine Insurance Co., Ltd.)は、大阪府東京都に本社を置く中堅損害保険会社。現在はAIGのグループ会社となっている。

概要[編集]

バブル崩壊後に経営危機に瀕し、経営安定化のため2002年平成14年)3月より、オリックス株式会社(22.19%)とAIGグループ(22.14%)の出資を受けていたが、両社のグループ企業ではなかった。しかし、財務基盤を強化したい同社と資源を損保に集中したいAIG双方の意向から、2008年(平成20年)12月30日2009年(平成21年)1月21日にAIGグループに対して第三者割当増資を実施し、AIGグループ全体で41.8%を出資することとなり[1][2]、AIG傘下の会社となる予定とされていた。

その後、2010年(平成22年)3月31日にAIG系の損害保険持ち株会社「チャーティス」を引受先とする第三者割当増資を実施し、チャーティスのグループ企業となった[3][4]2012年11月、AIGグループはAIGをブランドとして再活用することを発表[5]。ブランドは再びチャーティスからAIGに戻ることになり、AIGグループであることが強調されることとなった。

2013年4月にAIGは、AIG ジャパン・ホールディングス株式会社を日本における保険事業の持株会社として再編を実施。AIGジャパン・ホールディングスの完全子会社となった[6]。他にAIGグループとしては、AIU損害保険株式会社アメリカンホーム保険会社ジェイアイ傷害火災保険等がある。

沿革[編集]

  • 1918年大正7年) - 井上幸治郎が日本簡易火災保険設立。
  • 1927年昭和2年) - 本社ビルを大阪市中央区南船場1丁目18番11号に移転。
  • 1941年(昭和16年) - 常磐簡易火災保険株式会社を吸収合併。
  • 1949年(昭和24年) - 富士火災海上保険に社名変更。
  • 1953年(昭和28年) - 大阪証券取引所(現・東京証券取引所)上場。
  • 1961年(昭和36年) - 東京証券取引所上場。
  • 2002年平成14年) - オリックス株式会社・AIGグループが資本参加。
  • 2007年(平成19年) - 京都労働局から、サービス残業是正勧告を受け、未払いの残業代を支払っていたことが判明する[7]
  • 2010年(平成22年)3月31日 - AIG系列であるチャーティスのグループ企業となる。
  • 2010年(平成22年)10月1日 - AIGスター生命保険と業務提携(AIGスターで扱う生保商品の販売を行う)
  • 2011年(平成23年)8月3日 - AIG及びチャーティスが100%株式取得、これによりAIG及びチャーティスの100%グループ会社となる
  • 2013年(平成25年)4月1日 - AIGの保険持株会社であるAIGジャパン・ホールディングスの完全子会社となる。子会社の富士生命保険はAIG富士生命保険に商号変更

備考[編集]

グループ会社[編集]

提供番組[編集]

2011年10月現在なし。
過去

2011年(平成23年)1月現在、スポットCM中心となっている(但し、ラジオ大阪四国放送ラジオなど、一部ラジオ局では情報番組の交通情報枠などでCMスポンサー枠(20秒×1本)を設けているところもある)。

また、2010年(平成22年)2月より、YouTubeを利用した宣伝を行っている[8]

2009年(平成21年)より「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」ニューイヤーミニコンサートを協賛している。

脚注[編集]

  1. ^ 具体的には、AIGグループのエーアイジー・ヨーロッパ・SA(0%→7.73%)、アメリカンホーム・アシュランス・カンパニー(0%→2.76%)、アメリカン・インターナショナル・アンダーライターズ・オーバーシーズ・リミテッド(0%→2.58%)、エイアイユー・インシュアランス・カンパニー(2.18%→10.36%)の4社が増資を引き受ける。
  2. ^ 第三者割当による株式の発行と主要株主の異動に関するお知らせ 富士火災海上保険・平成20年12月11日プレスリリース
  3. ^ http://www.fujikasai.co.jp/CGI/news/index.cgi?view=detail&seq=213 2010年2月25日富士火災ニュースリリース
  4. ^ http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20100122-OYT8T00288.htm YOMIURI ONLINE(現在リンク切れ)
  5. ^ AIG は中核の保険事業におけるAIGブランドの再活用と新しいブランド・プロミスを発表
  6. ^ AIG ジャパン・ホールディングスが保険持株会社に - AIGプレスリリース
  7. ^ http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071103i113.htm YOMIURI ONLINE(同じく現在リンク切れ)
  8. ^ http://www.youtube.com/user/fujikasaiTV

外部リンク[編集]