佐渡裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐渡 裕
基本情報
出生 1961年5月13日(52歳)
学歴 京都市立堀川高等学校
京都市立芸術大学音楽学部フルート
出身地 日本の旗 日本京都市右京区太秦
ジャンル クラシック
職業 指揮者
レーベル avex-CLASSICS

佐渡 裕(さど ゆたか、1961年5月13日 - )は、日本指揮者京都市右京区太秦出身。

来歴・人物[編集]

京都市立堀川高等学校音楽課程(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て京都市立芸術大学音楽学部フルート科卒業。

京都市立芸術大学在学中に指揮活動を開始。1980年頃に京都光華中学校・高等学校のブラスバンド[1]をはじめアマチュアオーケストラ、関西二期会副指揮者などを経てタングルウッド音楽祭オーディションへの参加許可を得る。同音楽祭で小澤征爾レナード・バーンスタインに師事。二人のスポンサーの協力を得てウィーンに渡り、バーンスタインのアシスタントを務め、1989年にブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し指揮者としてプロデビューする。その後数多くのオーケストラ吹奏楽団を指揮。

兵庫県西宮市2005年10月22日に開館した兵庫県立芸術文化センターの建設にあたり、2002年より財団法人兵庫県芸術文化協会の芸術監督(音楽)に就任した(現在は同センターの芸術監督(音楽)。同センターを拠点とする新設の楽団「兵庫芸術文化センター管弦楽団」を通じて、若手音楽家の育成にあたっている。

また、バーンスタインの流れを汲む「ヤング・ピープルズ・コンサート」の開催や、毎年12月に開催される「サントリー1万人の第九」の総監督・指揮、さらに2008年4月6日からテレビ朝日の『題名のない音楽会』(シリーズ)第5代目司会者を務めるなど、多方面で活躍している。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に客演指揮者として招かれ、日本時間の2011年5月21日から5月23日の3日間開催された定期公演で指揮を取った。

2015年よりウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者(音楽監督)に就任予定。[2]

年譜[編集]

テレビ出演[編集]

レギュラー番組[編集]

特別番組[編集]

過去の出演番組[編集]

その他ゲスト出演多数。

出版物[編集]

著書[編集]

その他[編集]

  • 佐渡裕『河合先生との対話』(2009年、『臨床家河合隼雄』 岩波書店、ISBN 978-4-00-025564-6に収録)
  • 「誰からも愛されるジャガイモ」佐渡裕〈述〉(2010年、『仕事力. 金版』 朝日新聞社、ISBN 978-4-02-261663-0に収録)

エピソード[編集]

  • バーンスタイン作曲「キャンディード」を演奏会で選曲(演奏)することが多い。『題名のない音楽会』のテーマ曲も佐渡が指揮をした「キャンディード」序曲が使われている。
  • 笑福亭鶴瓶の大ファンで、海外では往年の名物トーク番組『鶴瓶上岡パペポTV』の録画をよく見ていたという。
  • さだまさしと親交があることから、NHKの深夜番組「今夜も生でさだまさし」へ葉書やメッセージを何度も投稿するほど、番組のヘビー・ウォッチャーである。
  • 子供の頃に習わせられていたピアノが嫌いでしょうがなかったが、縦笛は大好きだった。本人曰く「学校ではリコーダーを上手く吹けるとヒーローになれた」ため、皆が競ってその腕を磨く中、佐渡は「タイガーマスクの歌」を完全にマスターして一躍人気者になったという。
  • 1993年に前妻と離婚しており、直後に長女が誕生している。
  • 小学校の卒業文集に「20年後の自分」として「オペラ歌手になって世界の歌劇場で歌うか、ベルリン・フィルの指揮者になる」と書いており、2011年5月のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演では大きな拍手と「ブラボー」の喝采が降壇後も鳴りやまず舞台へ呼び戻され、2400人の観客の前で大粒の涙をこぼしている2011年5月22日。また、2009年に公演が決まったときは武者震いしたと語っている

脚注[編集]

  1. ^ 「情熱のタクト 〜指揮者 佐渡裕 ベルリン・フィルへの挑戦〜」NHK BSプレミアム、2011年6月11日
  2. ^ 佐渡さん、ウィーンの楽団監督に トーンキュンストラー管弦楽団|(共同通信 2013年11月6日)