損保ジャパン日本興亜本社ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
損保ジャパン日本興亜本社ビル
損保ジャパン日本興亜本社ビル
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目26-1
座標 北緯35度41分34秒東経139度41分46秒
状態 完成
着工 1973年昭和48年)3月
建設期間 1973年3月 - 1976年3月
開業 1976年昭和51年)5月[1]
用途 事務所美術館駐車場
建設費 260億円
地上高
最頂部 200 m
屋上 193 m
最上階 43階
各種諸元
階数 地上43階・塔屋2階・地下6階
延床面積 124,438 m² m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 26基(メーカーは不明)
駐車台数 43台
関連企業
設計 内田祥三、星野昌一、松下清夫、高山英華、柘植芳男、勝田高司、斉藤平蔵
施工 大成建設清水建設鴻池組 共同企業体
所有者 損害保険ジャパン日本興亜
管理運営 損害保険ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜本社ビル(そんぽジャパンにっぽんこうあほんしゃビル)は、東京都新宿区西新宿にある超高層ビル

概要

損害保険ジャパン日本興亜の本社ビルで、新宿高層ビル街の一群を担う超高層ビルの一つとしても認知されている。42階は、旧・安田火災(損害保険ジャパン日本興亜の前身)と親交が深かった東郷青児のコレクションを中心とした東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館になっている。

1976年安田火災海上本社ビルとしてオープン。1978年に第19回BCS賞を受賞。2002年損害保険ジャパン発足に伴い損害保険ジャパン本社ビルに名称変更後、2014年に損害保険ジャパン日本興亜発足に伴い現名称へ変更。42階の美術館と1階の伊予銀行新宿支店(旧安田火災社長だった三好武夫愛媛県出身だったため設置)を除き、部外者の立ち入りは出来ない。

茶色のツートーンカラーに、裾がスカートのように広がった形をしているビル。"パンタロンビル"の名で呼ぶ人もいる。新宿野村ビルと隣接している。デザインは芙蓉グループのシンボルマークである富士山をモデルに設計したとも言われている。

また、2014年9月から放送の損保ジャパン日本興亜の関ジャニ∞が登場するコマーシャルでは当ビル前のシーンが登場する。

アクセス

画像

脚注

  1. ^ “東京・新宿にまたノッポビル”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1976年5月18日)

関連項目

似た形のビル

外部リンク