同族経営

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

同族経営(どうぞくけいえい)は、特定の親族などが支配・経営する組織のことをいう。

日本の法人税法では、上位3株主の持ち株比率をあわせて50%を超える会社を「同族会社」と定義する。この定義によれば、株式の需要が低い中小企業の多くや、買収防衛策として経営者が株式の大部を確保している一部大企業も同族会社に該当することになる。

一般的な定義[編集]

ファミリービジネスとは、現在も創業家一族が所有し、経営において実質的な支配権を行使している企業をいう[1]

法人税法で定義する同族会社のように、50%以上の出資比率を要件としない。例えば、出資比率はファミリー全体で5%しかなくても、創業家一族が経営陣になって実質的に支配している場合はファミリービジネスとなる[1]

一般的には、『ファミリービジネス≒中小企業』というイメージを持たれがちであり、実際に中小中堅企業が中心ではあるが、上記の定義によれば、ファミリーの出資比率が少ない上場企業であってもファミリービジネスに該当する。例えば、トヨタ自動車、竹中工務店、サントリーなどもファミリービジネスである[1]

現状[編集]

日本では、経済全体に占めるファミリービジネスのウエイトは極めて大きい。例えば、企業数で見ると、全体の約95%はファミリービジネスである。また、雇用者数は全体の6~7割を占めている[2]。日本のファミリービジネスは海外に比べて長寿という傾向も見られる。業歴100年超のファミリービジネスは、欧州全体で6,000社、米国では800社と言われているのに対して、日本では3万社と推測されている[2]

フランスには創業200年以上の優良企業が加盟するエノキアン協会という団体があり、全世界で40社(2010年6月現在)が加盟しているが、このうち5社が日本企業である。(月桂冠、赤福、法師、岡谷鋼機、虎屋)こうしたことから、日本は世界でも有数のファミリービジネス大国と呼ぶことができる。

なお、日本では私立学校法医療法社会福祉法更生保護事業法公益社団法人・公益財団法人法により、学校法人医療法人社会福祉法人更生保護法人特定非営利活動法人公益社団法人公益財団法人については当該役員、役員の配偶者及び三親等以内の親族が役員の一定数又は総数の一定割合を超えて含まれることになってはならないことが規定されており、強固な同族経営にならないようにしている。

メリット[編集]

  • 株式買収によって経営権が奪われるリスクを低下させる。結果株式に左右されない経営を進めることができる。
  • 会社が拡大するに従って、経営者一族がリターンを得る。特に上場時には莫大な財産を獲得できることが多い。
  • 会社を一族(特に息子)に継承させることにより、社長交代など、経営陣の移行を円滑なものにできる場合がある。また次期社長候補の経営者としてのキャリア形成を、早期の段階から計画的に実施できる。
  • 本来自分が得る分の収入を家族に分散させることにより、税金を削減できる。
  • 長期的な視点で見た経営を進めることができる。

デメリット[編集]

  • 「税法上の定義」に基づく同族会社に該当すれば、大株主の権限制限など、法的な制限が課されることになる。
  • 生活費遊興費を社費でまかなう、創業・経営者一族が(個人的な理由で)気に入った者を要職につけたり、気に入らない者を不採用ないし解雇したりするなど、会社や資産の私物化を進めることで、公私混同を招く傾向にある。なお、税法では生活費など「雑多な出費」を経費に計上すれば税金を節約できる仕組みとなっている背景から、この傾向は中小企業になれば特に強くなる。ただし生活費などの私的利用を目的に社費を流用した場合、税法で認められている一定の支出(交際費や福利厚生費など)を超える部分は当然ながら役員報酬として認定され、個人の給与所得として源泉所得税が課税されることとなる。また、創業者一族が気に入らない者を入れない、追放することになるため、反対意見を出せない「イエスマン」しか存在せず、何らかの問題が起きても表面化しないことにつながる。
  • 適切な能力を持たない者が経営者となるリスクを高める。また要職が能力以外の要因で与えられるという点で、社員のモチベーションを低下させる。
    • この件については、旧日本陸海軍との比較で、「同族企業に入る人間は最初から幹部になれないと承知で入るから、横一線で採用した人間を途中の試験でエリートと非エリートに分ける旧軍の手法より非エリートの納得は得やすい」という意見もある[3]
  • 一族の利益を、株主や社員より不当に優先させる場合がある。例えば莫大な賠償金から逃れるための、資産分割の手段に利用される場合がある。

その他の用法[編集]

同族会社(もしくは、同族経営、同族企業)という呼び方は、以下のような企業に対しても使われることがある。

  • 社長(あるいは代表取締役など)を、自分の子孫または配偶者に継承させる。
  • 自分の子を、若年から子会社社長や部長などの重役につかせる。
  • 元主婦の配偶者、学業を終えたばかりの息子や娘など、実績のない一族の人間に要職を与える。
  • 一族で株式と経営権の大部分を占有している。

こうした意味での同族経営が行われている会社の成功率が低いわけではないものの、企業不祥事の報道の際には経営の私物化が不祥事の原因であるとやり玉に挙げられることが多く、ダーティイメージを持たれやすい。

創業者の意向により、ホンダのように同族経営の否定を表明する企業も存在する。また、もともと同族企業であっても、オーナー社長の意思により一族を重要な役職につけず、後継者に外部の人物を指名し、同族経営からの脱却をはかる企業もある(任天堂など)。

同族経営の主体となるのは大抵は創業家または創業家と閨閥で繋がった一族であるが、経営権が創業家とは血縁のない一族により握られている場合もある(大日本印刷など)。

主な同族企業[編集]

ここでは、創業者やその一族が会社経営の中心にある著名企業を挙げる。

日本の事例[編集]

機械・自動車・建設[編集]

  • トヨタ自動車 - 社長が創業家(豊田家)出身。傘下の各社社長も豊田家出身(アイシン精機等で幹部役員を歴任した豊田幹司郎など)。但し、創業家以外が社長・会長を務めた時期もある。
  • キヤノン - 会長兼社長が創業家(御手洗家)出身。
  • パロマ - 社長が創業家(小林家)出身。非上場。
  • リンナイ - 社長・副会長・会長が創業家(林家が副会長・内藤家が社長と会長)出身。林(ハヤシ→リン)内藤の内(ナイ)から社名・商標が付けられたことは有名。
  • YKK - 会長が創業家(吉田家)出身。社名は前身の吉田工業株式会社Yoshida Kogyo Kaisha)から。非上場。ちなみに兄弟会社であり現在完全子会社であるYKK AP(旧YKKアーキテクチュアルプロダクツ)も会長が創業家。
  • ヤンマーホールディングス(ヤンマー) - 社長が創業家(山岡家)出身。非上場。
  • 竹中工務店 - 社長が創業家(竹中家)出身。非上場。系列の竹中リアルティ(旧竹中不動産)や竹中道路竹中土木の主要3子会社でも社長や会長が竹中家出身である。
  • 前田建設工業 - 社長が創業家(前田家)出身。専務が会長の息子。なお、筆頭株主の光が丘興産は同社の子会社。
  • 向井建設 - 社長が創業家(向井家)出身。
  • 村田製作所 - 社長が創業家(村田家)出身。
  • 村田機械 - 社長が創業家(村田家)出身。村田製作所と同姓なのは全くの偶然で一切無関係。
  • SANKYO - 会長が創業家(毒島家)出身。
  • スズキ - 会長兼社長が創業家(鈴木家)の婿養子(鈴木修)。
  • 堀場製作所 - 社長・会長が創業家(堀場家)出身。
  • タカラトミー - 社長・会長が旧トミーの創業家(富山家)出身。
  • 長府製作所 - 社長が創業家(川上家)出身。
  • タイガー魔法瓶 - 社長が創業家(菊池家)出身。非上場。
  • カシオ計算機 - 社長が創業家(樫尾家)出身。
  • テスコ
  • 関水金属
  • タニタ - 社長が創業家(谷田家)出身。非上場。
  • リョービ - 前身の「菱備製作所」当時から社長が創業家(浦上家)出身。
  • 今治造船 - 創業から現在まで創業家(檜垣家)が支配し、本体、関連会社の役員の大半は一族が占める。

不動産[編集]

  • 穴吹工務店 - 社長・会長が創業家(穴吹家(本家))出身。非上場。但し、倒産後は第三者。
  • 穴吹興産 - 社長が創業家(穴吹家(分家))出身。また、上場関連企業のクリエアナブキも会長職を同社社長が兼任している。
  • アパグループ - 社長が創業家(元谷家)出身。非上場。系列各社も元谷家夫妻のいずれかが社長を務める。
  • パーク24 - 社長が創業家(西川家)出身。
  • 森ビル - 社長・会長が創業家(森家(本家))出身。非上場。
  • 森トラスト - 社長が創業家(森家(分家))出身。非上場。社長は兄弟同士だが、不仲であったことから分社したのは有名。

建設[編集]

金融[編集]

  • 七十七銀行 - 頭取が、創業家の傍系(氏家家)。
  • 山形銀行 - 頭取・常務が創業家(長谷川・三浦家)。
  • 山形證券 - 社長が創業家(佐藤家)。
  • 東邦銀行 - 相談役が創業家(瀬谷家)。
  • 富山第一銀行 - 会長が創業家(金岡家)。
  • 福邦銀行 - 会長が創業家(三田村家)。
  • スルガ銀行 - 社長・副社長が創業家(岡野家)。主要株主も創業家の資産管理会社やスルガ銀グループ各社により握られている。
  • 大垣共立銀行 - 頭取が創業家(土屋家)。
  • 名古屋銀行 - 会長が創業家(加藤家)。
  • 但馬銀行 - 頭取が創業家(倉橋家)。
  • 高知銀行 - 会長が創業家 (伊野部家)。
  • 極東証券 - 会長・社長が創業家(菊池家)。創業家も数名、同社のその他の要職についている。
  • アイザワ証券 - 社長が創業家(藍澤家)。

出版・印刷・マスコミ[編集]

  • 小学館 - 社長が創業家(相賀家)出身。非上場。
  • 講談社 - 社長が創業家(野間家)出身。非上場。
  • 新潮社 - 社長が創業家(佐藤家)出身。非上場。
  • 秋田書店 - 社長が創業家(秋田家)出身。非上場。
  • 大日本印刷 - 社長が前社長の息子(北島家)。前社長は前々社長の実子(養家・実家とも創業家ではない)。
  • 河北新報社 - 社長・社主が創業家(一力家)出身。非上場。
  • 朝日新聞社 - 社主が実質上の創業家(村山家、上野家)出身。非上場。
  • 読売新聞グループ本社 - 社主が正力家出身。非上場。
  • 中日新聞社 - 社主が創業家(大島家)出身。非上場。
  • 山日YBSグループ - 社長が創業家(野口家)出身。非上場。
  • ベースボール・マガジン社恒文社 - 社長が創業家(池田家)出身。非上場。
  • 福井放送 - 創業家(加藤家)により経営支配。また、筆頭株主も同族の加藤ビルディング。
  • 四国新聞社西日本放送 - 創業家(平井家)により実質経営支配。
  • 瀬戸内海放送FM香川 - 創業家(加藤家[4])により経営支配。因みに現在、後者は前者により経営支配している状況。
  • エフエム長崎 - 社長が創業者・川添一巳で、地元で営む自動車販売業・ラッキー自動車とともに上位株主を寡占。
  • 鹿児島テレビ放送 - 共同創業家(岩崎畠中両家)により経営支配。現状は県下屈指の商社・岩崎産業と地元紙・南日本新聞社で上位株主を寡占。
コミュニティ放送局[編集]

飲料・酒類[編集]

  • サントリーホールディングス(サントリー) - 社長が創業家(鳥井家・佐治家)出身。また株式についても、事実上創業家の資産管理会社としての役割を担っているとされる寿不動産が9割近い株式を保有する。非上場。
  • 伊藤園 - 社長・副社長が創業家(本庄家)出身。財団法人本庄国際奨学財団5.70%、本庄八郎3.24%。
  • UCC上島珈琲 - 社長・副社長が創業家(上島家)出身。非上場。
  • 月桂冠 - 社長・会長が創業家(大倉家)出身。非上場。エノキアン協会会員社。
  • 小西酒造 - 社長・会長が創業家(小西家)出身。非上場。
  • 菊正宗酒造 - 社長が創業家(嘉納家(本家))出身。非上場。
  • 白鶴酒造 - 社長・会長が創業家(嘉納家(分家))出身。非上場。
  • 辰馬本家酒造 - 社長が創業家(辰馬家)出身。非上場。
  • 黄桜 - 社長が創業家(松本家)出身。非上場。
  • 日本盛 - 社長が創業家(森本家)出身。非上場。
  • 盛田 - 社長が創業家(盛田家(本家))。非上場。
  • 薩摩酒造 - 社長・会長が創業家(本坊家)。非上場。
  • 霧島酒造 - 社長が創業家(江夏家)。出身。非上場。

菓子・調味料など[編集]

  • キッコーマン - 会長・副会長が創業家(茂木家)出身。株式会社千秋社3.40%、株式会社茂木佐2.19%、有限会社くしがた2.11%、財団法人野田産業科学研究所1.89%。
  • ヤマサ醤油 - 社長が創業家(濱口家)。非上場。
  • ミツカングループ本社ミツカン - 社長が創業家(中埜家)。非上場。
  • 日本食研 - 社長が創業者。次期社長は婿養子(大沢家)。非上場。
  • マルコメ -社長が創業家(青木家)。
  • ハナマルキ - 社長が創業家(花岡家)。
  • イチビキ - 社長が創業家(中村家)。
  • エスビー食品 - 会長が創業家(山崎家)。
  • 森永製菓 - 会長が創業家(森永家・松崎家)。
  • ブルボン - 社長が創業家(吉田家)。
  • 江崎グリコ - 社長が創業家(江崎家)。
  • ロッテホールディングス - 会長が創業者、長男が副会長(重光家(辛家、在日韓国人))。非上場。
  • 赤福 - 社長が創業家(濱田家)。非上場。エノキアン協会会員社。また社長の弟が関連会社の代表を務める。
  • なとり - 社長・会長が創業家(名取家)。
  • フレンテ(湖池屋) - 社長・会長が創業家(小池家)。ジャスダック上場。
  • 明治屋(めいぢや) - 社長が創業家(磯野家)、その他役員の多くが家族・親族。非上場。
  • ハウス食品 - 一時を除き、社長が創業家(浦上家)。ちなみにリョービの社長家と同姓なのは偶然で無関係。
  • ヤマザキナビスコ - 会長、社長が創業家(飯島家)。

その他食品[編集]

  • 山崎製パン - 社長が創業家(飯島家)出身。なお、社名の「山崎」は創業者の義弟の姓である。
  • 敷島製パン - 一時期は異なったが、原則社長が創業家(盛田家(分家))。非上場。
  • フジパングループ本社フジパン - 社長・会長が創業家(舟橋家)出身。倒産したゴルフ場等の運営会社・富士カントリーも同族経営だった。非上場で、現在社長の安田智彦は娘婿。
  • 神戸屋 - 社長が創業家(桐山家)出身。非上場。
  • 第一屋製パン - 社長が創業家(細貝家)の出身。
  • アンデルセングループ(タカキベーカリー) - 創業者と持ち株会社で親会社の現社長が親子(高木家)。その他役員が親族に就任。
  • 中島董商店 - 会長が創業家(中島家)。同社が筆頭株主であるキユーピーもかつては社長や会長が同じく創業家出身であった。非上場。
  • 一正蒲鉾 - 社長・会長が創業家(野崎家)出身。
  • めいらくグループ - 社長が創業者(日比家)。非上場。
  • アヲハタ - 社長・会長が創業家(青木家)出身。
  • 日清食品日清食品ホールディングス) - 社長会長が創業家(安藤家)出身。非上場。

医薬品・化粧品・化学[編集]

  • 大正製薬 - 社長が創業家(田中家)を引き継いだ上原家の出身。財団法人上原記念生命科学財団14.12%、上原昭二12.02%、財団法人上原近代美術館3.28%、上原明2.35%。但し、近年は提携先である住友化学が第3位株主とやや接近している状況。
  • エーザイ - 社長が創業家(内藤家)出身。
  • ロート製薬 - 会長が創業家(山田家)出身(社長は2009年6月25日より創業家ではない吉野俊昭)。
  • 小林製薬 - 社長が創業家(小林家)出身。
  • 塩野義製薬 - 会長が創業家(塩野家)出身。
  • 大日本除虫菊(金鳥) - 社長が創業家(上山家)出身。
  • コーセー - 社長・会長が創業家(小林家)出身。
  • マンダム - 社長が創業家(西村家)出身。
  • ノエビア - 持株会社社長・会長が創業家(大倉家)出身。一時は子会社・常盤薬品工業も創業家出身だったが、社長が元交際相手に対する脅迫容疑で逮捕され、創業家ではない中野正隆が引き継いだ。
  • ホーユー - 社長・会長が創業家(水野家)出身。非上場。但し、同社買収でグループ会社となったクラシエHDは、社長も会長も第三者。
  • ポーラ - 社長が創業家(鈴木家)。非上場。
  • 日本メナード化粧品 - 社長・会長が創業家(野々川家)出身。非上場。
  • ダリヤ - 社長・会長が創業家(野々川家)出身。
  • 三菱鉛筆 - 創業家は眞崎家。その後近藤家から社長を輩出した後、数原家による同族経営が始まり現在に至る。
  • トンボ鉛筆 - 社長が創業家(小川家)。
  • サクラクレパス - 創業家は佐竹家。その後佐々木家から社長を輩出した後、西村家による同族経営が始まり現在に至る。非上場。
  • 桃谷順天館 - 社長が創業家(桃谷家)。非上場。
  • 再春館製薬所 - 社長・会長が創業家(西川家)。非上場。
  • 牛乳石鹸共進社 - 社長が創業家(宮崎家)。非上場。
  • エステー - 2013年4月より創業家(鈴木家)。※創業家以外が社長を務めていた時期もある(2007-2008年度は小林寛三取締役が、2012年度は米田幸正顧問が務める)が、2013年4月からは会長が鈴木喬、社長は姪で元日産自動車社員の鈴木貴子。
  • 日亜化学工業 - 社長・会長が創業家(小川家)。また、その家族も同社の要職に就任。日亜持株組合(社員持株組織)と協同医薬研究所で発行済み株式の4分の1を超す。非上場。
  • サンスター - 会長が創業家(金田家)。非上場(元大証(現・東証)1部上場)。
  • オッペン化粧品 - 会長が創業家(山下家)。社長は創業家の甥で松田直大
  • 日本香堂 - 社長・会長が創業家(小仲家)。非上場。
  • カメヤマ - 社長・会長が創業家(谷川家)。非上場。但し、社長は1993年7月から1999年6月までは小田部猛、1999年7月から2008年6月までは新庄哲三と、15年間にわたって創業家でない社長が就任している。
  • 浅田飴 - 社長が創業家(堀内家)出身。非上場。
  • 明治ゴム化成 - 三菱傍系の中堅工業用ゴム製品メーカー。長らく財閥家出身者による同族経営とは無縁の経営を続けていたが、実は岩崎家(分家)出身の岩崎吉夫が現社長である。因みに非上場だが上位株主は三菱グループ関係でほぼ埋まっている状況。

運輸[編集]

小売[編集]

外食[編集]

  • ジョイフル - 社長が創業者の息子。ジョイ開発有限会社(穴見家の資産管理会社で株主は全員穴見家、元ビジネスホテル経営)30.77%、穴見陽一(社長)・穴見賢一(社長の実弟)各4.97%、アナミアセット有限会社(社長個人の資産管理会社)4.57%、穴見加代(創業者穴見保雄の夫人)1.44%。
  • 東天紅 - 社長が創業家(小泉家)出身。筆頭株主の小泉グループ(小泉家の資産管理・グループ統括会社)では富士サファリパーク静岡裾野の大型動物園)などもグループで経営。
  • 吉兆 - 創業者一族の湯木家が務める。不祥事のあった「船場吉兆」(2008年廃業が決定)の経営元。非上場。
  • モンテローザ - 社長が創業者(大神家)、非上場。
  • プレナス - 社長・会長が創業家(塩井家)出身

サービス[編集]

  • GEOS
  • マルハン - 社長・会長が創業家(韓家(韓国系日本人))出身。非上場。
  • オザム - 社長・会長が創業家(小沢家)出身。非上場。
  • ソフトバンク - 社長が創業者、社長の実弟が子会社の取締役(孫家)。
  • 歌舞伎座 - 社長が筆頭株主(松竹)の創業家(大谷家)出身。
  • コナミ - 社長・会長が創業家(上月氏)出身。
  • カプコン - 社長・会長が創業家(辻本家)出身。
  • ホリプロ - 社長が創業家(堀家)出身。
  • バーニングプロダクション - 社長が創業者(周防家)、その家族・親族も同社やグループ会社の要職に就いている。非上場。
  • ケイダッシュ - 会長が創業者(川村家)、非上場。
  • 麻生 - 社長が創業家(麻生家)。非上場。現社長は麻生太郎の弟の麻生泰、専務が泰の長男・麻生巌。太郎自身も前身企業の社長を経験。
  • 鈴与 - 各関連会社の社長は創業者の親族が務める。社長は鈴木與平襲名する。非上場。なお、同社は清水銀行(後述)の設立にも関与し(頭取なども輩出)、上場会社である鈴与シンワートの支援に乗り出し系列化した経緯もある。
  • シダックス - 創業家(志太家)によって経営権を掌握。
  • 長瀬産業 - 社長・会長が創業家(長瀬家)出身。
  • 大塚商会 - 社長・会長が創業家(大塚家)出身。
  • 国分 - 社長・会長が創業家(国分家)出身。非上場。
  • 楽天 - 会長兼社長が創業者(三木谷家)。他の大株主も同一人物の資産管理会社及び創業者の家族が保有。また、ヴィッセル神戸の運営会社も同一人物の資産管理会社によって経営権(オーナー・会長職)ないし全株式を掌握している。
  • TAC - 社長・斎藤博明が創業。他の大株主も斎藤の資産管理会社が保有。
  • 新江ノ島水族館
  • 東京リーガルマインド - 社長・反町勝夫が創業。家族も同社の要職に就任。
  • 西川産業 - 社長が創業家(西川家)出身。その家族・親族も同社グループの要職に就いている。非上場。
  • イトキン - 社長・会長が創業家(辻村家)出身。その家族・親族も同社の要職に就いている。非上場。
  • 興和 - 社長・会長が創業家(三輪家)の出身。その家族・親族も同社や同社グループ、兄弟会社の要職に就いている。非上場。
  • ダイナム - 社長が創業家(佐藤家)出身。非上場。
  • 新日本観光 - 社長が創業者(糸山家)。ちなみに、創業者はテレビ東京や倒産するまでのJALの大株主でもある。
  • タカラトミー - 社長が旧トミー創業家出身(富山家)・副社長が旧タカラ創業家(佐藤家)出身。
  • 広島東洋カープ - オーナーが松田家(筆頭株主であるマツダ創業家)。親会社の影響が強い他の日本プロ野球球団と異なりマツダが経営に深く関与していない。
  • 日本の老舗一覧東都のれん会等)

海外の事例[編集]

過去の主な事例[編集]

日本の事例[編集]

  • ヤナセ - 創業家(梁瀬家)が歴代社長を務めていたが、業績悪化により後に親族以外の同社出身者が社長に就任し現在に至る。
  • カルビー
  • 富山第一銀行
  • 京セラドキュメントソリューションズ
  • ゼンリン
  • 林原グループ
  • カネスエ
  • 出光興産 - 創業家(出光家)が数代に渡り社長を務めた。また非上場・過小資本金であったが、2006年に上場。ただし現在も出光家および同族関係企業・団体が筆頭株主である。
  • 西武鉄道 - 長らくオーナーだった堤家による支配が続いたが、不祥事発覚(ヤミ献金疑惑・オーナー企業からの出資比率に関する問題等)により堤義明会長は辞任。堤家支配は崩れ、上場も廃止される。
  • 東京急行電鉄 - 五島家が実質的なオーナー一族となっていたが(但し、株主構成から見るとオーナーとはいえない)、その後清水仁社長が創業者の孫・五島哲を退任させ、同族経営を解消。
  • 東急建設
  • 前田建設
  • 飛島建設
  • 熊谷組
  • 青木あすなろ建設
  • 長谷工コーポレーション
  • 五洋建設
  • フジタ
  • 佐藤工業
  • 不二家 - 長らく社長が創業家(藤井家)出身だったが、賞味期限切れなどの不祥事の多発で藤井林太郎社長が辞任。同社では生え抜き人事で桜井康文が社長に就任し、同族支配が事実上終息。なお、現在の経営権は山崎製パンが掌握。
  • ダイエー - 創業家(中内家)が相当分の株を所有していた。創業者・中内功が長男で副社長の中内潤を後継に据えようとしたこともある。系列だった福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)もオーナーは中内家だった。
  • 三洋電機 - 長らく社長・会長が創業家(井植家)出身だったが、経営が悪化し2005年井植敏会長が辞任、更に2006年には度重なる不祥事の責任をとり井植敏雅社長が辞任(のちに敏雅はリクシルに幹部として移籍)。
  • ヤマトホールディングスヤマト運輸 - ヤマトホールディングスが事業会社だった時代には、創業家(小倉家)が歴任。ヤマト運輸の現法人の初代社長も創業家出身の小倉康嗣だったが、現在は、メインバンクであるみずほコーポレート銀行(旧富士銀行)出身の木川眞が社長を務めている(HDの代表取締役を兼任)。ただしヤマトの場合、同族でなければ宅急便は誕生しなかったとみられる。
  • パナソニック - 創業者を始め、社長が創業家(松下家)出身だったが、現在は実権のない名誉会長・副会長としてのみ残り、会長・社長は外部からの登用。
  • 任天堂 - 一世紀に渡り創業家(山内家)による経営が続いていたが、三代目社長の山内溥は2002年に四代目社長として岩田聡を指名し、同族経営解消。ただし現在も山内溥が筆頭株主である。
  • 日本生命保険 - 過去数代にわたり社長が創業家(弘世家)とその親族の出身だった。
  • フジサンケイグループ産経新聞 - 1968年から1992年まで創業関係者(鹿内家)に掌握されていた。1992年、社長・鹿内宏明が突然解任される「産経クーデター」により打破。フジ・メディア・ホールディングス(FMHD、フジテレビ旧社)とサンケイビルのみ株式上場。以前はニッポン放送(現在はFMHDの事業子会社)も上場していたが、一連のライブドアショックでフジテレビ旧社により完全買収している。
  • すかいらーく - 社長・会長が創業家(横川家)出身だったが、株主の野村プリンシパルとCVCキャピタルパートナーズによって追放されたため同族経営は終息。非上場。
  • 住友精密工業 - 財閥解体後に設立された住友金属工業の子会社で住友グループに属する。住友財閥の創業家・住友家から会長が輩出されたことがある(会長を務めた住友元夫は住友財閥の15代目総帥・住友友純の四男で元住友金属専務)。
  • 三菱モンサント化成 - 財閥解体後に設立された三菱グループの化学会社。三菱財閥の創業家・岩崎家から社長が輩出されたことがある(社長を務めた岩崎忠雄は三菱財閥の4代目総帥・岩崎小弥太の婿養子)。
  • 三菱製紙 - 三菱系の製紙会社。財閥解体後に三菱財閥の創業家・岩崎家から会長が輩出されたことがある(会長を務めた岩崎隆弥は三菱財閥の3代目総帥・岩崎久弥の次男で戦前にも三菱製紙の会長を務めていた)。
  • ニフティ - 財閥解体後に設立された富士通子会社古河グループに属する。古河財閥の創業家・古河家から社長・会長が輩出されたことがある(社長・会長を歴任した古河建純は古河財閥の4代目総帥・古河従純の四男)。
  • 古河電気工業 - 古河系の電線メーカー。財閥解体後に古河財閥の創業家・古河家から社長が輩出されたことがある(社長を務めた古河潤之助は古河財閥の4代目総帥・古河従純の長男)。
  • 東宝 - 創業家の小林家と創業者の小林一三の次男の養子先である松岡家の出身者が長らく社長・会長を務めてきたが、2009年に松岡功が同社名誉会長に就任し経営の一線から退いてからは小林家及び松岡家出身者は同社役員から不在となる。ただし松岡功の長男松岡宏泰(元テニスプレイヤー松岡修造の兄)が現在子会社の東宝東和社長を務める。なお、親会社の阪急阪神ホールディングス(旧・阪急電鉄)も小林家が3代に渡り社長を務めており、現在は4代目の小林公一が取締役及び宝塚歌劇団理事長職にある。
  • アキレス - 社長・会長が創業家(殿岡家)出身であった。
  • 角川グループ - 角川グループホールディングスが事業会社だった時代には、創業家(角川家)が社長・会長を歴任。兄弟会社で現在傘下にあるメディアワークス(当時)も、主婦の友社グループによる実質買収前までは創業者である角川歴彦も社長と会長を歴任。持株会社になった角川グループHDも初代社長は事業会社時代において元社長を歴任した角川歴彦である。
  • ヤマハヤマハ発動機 - 創業家(山葉家)や川上家が社長と会長を歴任している。なお、会社名および商標(ブランド名)は創業家の姓より由来。
  • 小糸製作所小糸工業 - 社長・会長が創業家(小糸家)出身であったが、のちに麻布自動車ブーン・ピケンズの手に渡り、現在はトヨタ自動車が筆頭株主となり、事実上傘下に入った。
  • バンダイ(旧社) - 社長・会長が創業家(山科家)であった。のちに当時の三和銀行(主力行)出身である高須武男が入社3年目にして社長就任してからは創業家は次第に経営を退くようになった。統合後の同社は経営陣がほぼ生え抜き人事で構成されている。
  • ナムコ(旧社) - バンダイ(旧社)と経営統合する前は長らく、創業家(中村家)が経営の主導権を握っていた。しかし、統合後はバンダイ(旧社)の主要株主と経営陣が主導権を実質掌握。
  • 吉本興業 - 社長・会長が創業家(吉本家)およびその親族(林家)であった。しかし、近年までは経営主導権争いでたびたび社長・会長が交代していたこともある。ちなみに創業家関連の不動産管理会社(大成土地)が筆頭株主となっている。なお、出井伸之率いる投資コンサルタント会社・クオンタムリープを母体に設立した特定目的会社によるTOBが2009年9月中に決定・基本合意し、のち非上場化。翌年9月にも特定目的会社が旧社を合併して新社(新生“吉本興業”)となる予定。
  • 円谷プロダクション
  • 石原プロモーション
  • マイカル - 社長・会長が創業家(小林家)出身であったが、倒産前は主力行第一勧業銀行(当時))や警察庁から社長が派遣されていたこともある。現在のマイカルは社長がイオン(完全親会社)の出身。
  • ダイキン工業 - 当初はかつて創業家(山田家)が社長・会長を務めていた。筆頭株主が住友金属、主要株主の2~3割が住友系資本に異動して以降は住友グループ寄りに。なお、2000年代初頭まで創業家出身者の山田靖が副社長職を務めていたのを最後に創業家はダイキンの経営を退いた。
  • ライオン - 社長・会長が創業家(小林家)出身であった。
  • セシール - 香川発祥の有力婦人服通販会社。かつては創業家(正岡家)が経営権を掌握していた。しかし経営悪化から、2004年に創業家出身の社長が退任し、みずほフィナンシャルグループ出身の猪瀬具夫が初の非創業家出身の社長に就任した。2005年にライブドア(日本・2代目)が買収、同年末に新CI導入で新社章・新商標(英単語表記:Cecile→CECILE)を制定。2006年には猪瀬社長が退任し、ライブドアグループ出身の佐谷聡太が社長に就任。2007年にはライブドアが株主総会に提出した修正動議により、前アメリカンホーム保険会社会長の上田昌孝が会長兼CEOに就任した。しかし、前述の“ライブドア・ショック”に伴い同グループの解体が決定すると、もとから事業の関連性が希薄であったライブドアとの関係がより一層疎遠になっていき、2008年にはライブドアグループ出身の佐谷社長が退任し、上田が唯一の代表取締役となる。2009年夏にはフジ・メディア・サービス(前述のフジ・メディア・ホールディングス(FMHD)子会社)による同社のTOBに同社が賛同した(この時点ですでに、現在のLDHグループから持株譲渡の契約がFMSとの間で交わされていた)。この結果、前述のFMHDグループの同業中堅・ディノスと2010年に株式移転による経営統合を行う予定となり、それに伴い発行済み株式の75%を上位10位以内の大株主で握られるためTOB成立後に監理ポストに入り。2010年2月24日で上場廃止。現在はFMHDにより設立した同業準大手のディノスと連携・共同持株会社の傘下に入った。
  • 日本ハム - 社長・会長が創業家(大社家)出身であったが、牛肉偽装等等により大社家が経営権を返上。現在はオーナー色はほぼ一掃されている模様。
  • 清水銀行 - 社長・会長が創業家(杉山家)出身であった。また、設立母体でもあり現在筆頭株主である鈴与からも頭取など(鈴与創業家の鈴木家など)を輩出したことがある。
  • 相模ハム - 社長・会長が創業家(程島家)出身であったが経営環境の変化等に対応しきれず、エア・ウォーターの支援を受け経営再建中。
  • 伊藤ハム - 社長・会長が創業家(伊藤家)出身であったが、豚肉偽装や千葉県にある同社東京工場の水質汚染が相次ぎ発覚。この結果、伊藤家は経営権を返上し、三菱商事第三者割当増資により同社の支配株主となった。
  • 東ハト - 旧会社の倒産前は社長・会長が創業家(小林家)が経営を支配していたが、倒産後はユニゾン・キャピタルバンダイ(のちバンナムHD)丸紅の共同支援を経て、現在は山崎製パンに経営権が異動している。
  • テレビ愛媛 - フジテレビ系列のネットワーク系列局として開局した愛媛県内初の地上波UHF局。かつては社長・会長が出資母体企業の一社である県内大手ゼネコン・白石建設工業の創業家(白石家)であった事がある。
  • 福岡シティ銀行 - 西日本シティ銀行誕生直前の優先株無配による引責辞任までは社長・頭取を創業者とその息子が務めていた(四島家)。現在は元頭取の娘婿が西日本シティ銀行の会長(旧福岡シティ銀行の最後の頭取)である。
  • 読売ジャイアンツ - オーナーは正力家だった。
  • 大王製紙 - 社長・会長が創業家(井川家)出身であったが、2011年10月、会長がグループ企業から数十億円もの不明瞭な借入をしていた問題が発覚。一族の役員は辞任・取締役へ降格し主要経営陣から一掃された。
  • アルピコグループアルピコ交通(旧松本電気鉄道)- 1950年から瀧澤家による経営が続いていたが、2007年から始まった経営再建に従い一掃された。
  • コジマ - 社長・会長が小島家出身だったが、ビックカメラ傘下となり、2013年までに一掃された。
  • 高松琴平電気鉄道 - 社長が旧琴平電鉄の創業家(大西家)出身であったが、2001年12月に経営破綻、翌2002年8月の新体制発足により一掃された。

海外の事例[編集]

医療法人[編集]

学校法人[編集]

学校法人は公的な私学経常費補助金の関係もあり一般企業以上に公の性格が強いが、総合大学を始め経営が特定の一族中心に行われているところは多い。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ファミリービジネス研究所WEBページより。
  2. ^ a b プライスウォーターハウスクーパース株式会社調査より
  3. ^ 伊藤隆監修・百瀬孝著「事典昭和戦前期の日本-制度と実態」吉川弘文館
  4. ^ a b 旧加ト吉(現テーブルマーク)創業者・加藤吉次郎の出身母体。

関連項目[編集]