カバヤ食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カバヤ食品株式会社
Kabaya Foods Corporation
Kabaya Foods Corporation.jpg
本社営業部・岡山工場
種類 株式会社
略称 カバヤ
本社所在地 日本の旗 日本
709-2196
岡山市北区御津野々口1100
本店所在地 700-0901
設立 1946年昭和21年)12月24日
業種 食料品
事業内容 菓子
代表者 代表取締役社長 野津喬
資本金 1億7000万円
売上高 263億(2011年12月期)
従業員数 574名/2012年1月現在
外部リンク http://www.kabaya.co.jp/
テンプレートを表示

カバヤ食品株式会社(カバヤしょくひん)は、岡山県岡山市北区に本社を置く日本菓子メーカー。コーポレートメッセージは「おいしい夢をカタチにしたい」。

概要[編集]

1946年(昭和21年)創業。終戦間もない頃、岡山駅前の喫茶店の店舗裏で菓子製造を始めたのが会社の起源だという。社名の「カバヤ」の由来は、戦後間もない頃創業されたことから、平和を愛し、おとなしい動物であるというイメージを持つカバから採った[1]


沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年) - 創業(当初は林原グループ)。キャラメル・キャンディの製造を開始。
  • 1951年(昭和26年) - カバヤ販売(株)を設立。
  • 1952年(昭和27年) - カバヤ文庫プレゼントキャンペーン開始。
  • 1963年(昭和38年) - ガム・チョコレート製造開始。
  • 1964年(昭和39年) - 清涼菓子「ジューC」製造開始。
  • 1972年(昭和47年) - カバヤ販売を吸収合併、製販一体化。
  • 1975年(昭和50年) - 「マスカットキャンディー」販売開始。
  • 1978年(昭和53年) - 仏マジョレット社と提携し、ミニカーの販売開始。玩具菓子「ビッグワンガム」製造開始。
  • 1979年(昭和54年) - 林原グループより離脱・独立。
  • 1983年(昭和58年) - カバヤ第一食品(株)を吸収合併、大阪工場とする。
  • 1984年(昭和59年) - 関東工場建設。
  • 1988年(昭和63年) - CI導入、現ロゴマーク使用開始。
  • 1990年(平成2年) - グミの製造開始。
  • 1991年(平成3年) - 岡山工場を現在地へ新築移転。関東工場も生産ラインを増設。
  • 1996年(平成8年) - 創業50周年。「さくさくぱんだ」製造開始。
  • 2000年(平成12年) - 岡山工場に焼き菓子ラインを新設。大人向けブランド「カレーム」の立ち上げ。
  • 2004年(平成16年) - 「ピュアラルグミ」製造開始。カバヤ文庫やおまけ玩具などの展示施設を整備した工場見学ライン「カバヤライブラリー」開設。
  • 2006年(平成18年) - 創業60周年。「カバ車」の復刻。
  • 2009年(平成21年) - 「生キャラメル」製造開始。
  • 2011年(平成23年) - 創業65周年記念事業として「カバ車・ガールフレンド」を製作。関東第二工場を新設。
  • 2014年(平成26年) - 大阪工場を閉鎖。

事業所[編集]

本社営業部・岡山工場
岡山市北区御津野々口1100
関東工場
茨城県常陸大宮市国長400
大阪工場(2014年閉鎖)
大阪市此花区伝法3-1-11

主な商品[編集]

  • ジューC(清涼菓子のロングセラー・看板商品。)
  • 生キャラメル
  • マスカットキャンディ
  • 沖縄黒飴
  • グミ(ピュアラルグミ、ツインボー、ふにょグミなど)
  • プレッツェル
  • チョコレート(あっさりショコラ、Quattro、さくさくぱんだ、プチパステル、プチプリンチョコなど)
  • クッキー(しっとりクッキー、バタークッキー、ざっくりクッキー、メローヌなど)
  • 玩具菓子(セボンスター、ジュエルボックス、ほねほねザウルスなど)
  • いなばタイカレースナック - いなば食品とのコラボ商品

その他[編集]

カバヤ文庫[編集]

カバヤ文庫(カバヤぶんこ)は、カバヤ食品の創業時の看板商品だった「カバヤキャラメル」の景品。キャラメルの箱の中に封入されていた「文庫券」(点数カード)を50点集めて、目録で「カバヤ児童文庫」(世界名作小説集)のタイトルを希望してカバヤ本社に郵送すると、希望通りの本が送られてくるというもの。1952年(昭和27年)から1954年(昭和29年)までの3年間、キャラメルの販促キャンペーンとして実施した。現在はカバヤ文庫の全巻を岡山県立図書館で閲覧できる。また、同図書館のサイトでデジタル化した物を検索閲覧できる。(岡山県立図書館所蔵)カバヤ児童文庫

食玩[編集]

各種の食玩を販売するメーカーとしても知られている。初期の頃はキャラメルのおまけのカバヤ文庫に始まり、後には乗物等のプラ製玩具を封入。カバヤリーフ(後述)時代は、野球関連の食玩を手がけプロ野球選手のカードガム(名称不明)やビッグリーグガム(主に野球ボールガムと立体パズル)とエフワンガム(乗物等のミニモデル。後のニューエフワンガムより簡易プラキット。)等を発売。それらを発展させ現在の玩具菓子市場のその先駆けとなった1978年(昭和53年)発売の「ビッグワンガム」は、あくまで「おまけ」としてプラモデルが付いていて、長期に渡って発売されるロングラン商品(休止中)となった。その派生としてキャラクター物に進出。ボトムズガムとトランスフォーマーガム等の他勇者シリーズ等のロボットアニメのプラモデル食玩も数多い[2]。女児向けの商品もプラ組立て方式で遊びをテーマとした商品化が試みられた。

TVアニメや玩具との直接タイアップの関連製品、殊に「ミクロマン」「トランスフォーマー」と言ったタカラトミー製品や同社スポンサー提供のサンライズアニメシリーズと言った作品のファンからは当時より「玩具版のダウンサイジング[3]」とまで言われるほどの完成度の高い製品を販売して来ていたが[4]近年、「(平成版)トランスフォーマーガム」や「勇者伝説ブレイブガム」に於ける「対象年齢ぶっちぎり」「外箱の対象年齢間違えてる」とまで言われる程のその完成度の高さ[5]のみならず「単体でも十分に遊べる」事から製品に対する姿勢も評価されている[6]

1997年(平成9年)、デンマーク玩具メーカー、レゴ社の日本法人・レゴ・ジャパンと提携し、レゴブロック付きの清涼菓子(ラムネ)を発売。また、フランスの玩具メーカー・マジョレット(en:Majorette)のミニカーも継続的に(「おまけ」として)輸入・販売が継続されている。女児向けのセボンスター(アクセサリー玩具)は、マジョレットミニカー同様のロングセラー商品として知られる。

他にもDVDCD付きガム(食玩CD)など、バラエティに富む商品が発売されている。

カバヤオリジナル食玩の一例[編集]

  • クラッカージャック
  • ビッグリーグガム - 米リーフ社と提携の野球関連食玩。主に野球ボールガムと立体パズルを封入。
  • エフワンガム - ビッグリーグガムのコンセプトを引き継いだ食玩。エフワンガムの乗物等のおまけをニューエフワンガム以降は簡易プラ組立てキットに発展させた。
  • ビッグワンガム - ビッグリーグガム・ニューエフワンガム、 二つのコンセプトとニューエフワンガムのおまけのコンセプトを引継ぎ発展させたプラスチックスケールモデル食玩。ニューエフワンガムと同じくポリエチレン系の軟質プラスチックを採用。現在の食玩市場の基盤を作った。ネーミングの由来は、原点の野球食玩(カバヤリーフ時代)頭文字のBIG(ビッグ)を踏まえ当時本塁打世界記録の王貞治選手の愛称であるビッグ1(ワン)を合せた事に由来する。
  • セボンスター
  • ガイアビルダー
  • 食通メカカップメンウォ~ズ
  • 世界の神話
  • チャレンジゴルフ
  • 電脳妖怪バーチャルゴースト
  • バイオパズラー
  • 鎧装魔神ガイソード - バイオパズラーの流れを汲む食玩。
  • 百獣戦記ジュウカイザー
  • 武装獣士ゼロアーマー
  • 武闘機神アイアンロード
  • ほねほねザウルス
  • 鋼鉄の戦騎デュエルナイツシリーズ - フィギュア造形はボークスが担当。派生シリーズに「メタルウォーリアーズ」「メタリックビースト」など。また、ボークスが展開している玩具「ブロッカーズ・学園機士デュエルナイツ」シリーズとの連動機能を持つ「ビートルアーマー」「デュエルアームズ」がある。
  • 水野晴郎シネマ館 - DVD付き玩具菓子

など

広告宣伝[編集]

キャンペーン[編集]

復刻カバ車「クッキーくん」
(ベース車両は初代トヨタ・エスティマ

1952年(昭和27年)から7年間、カバの胴体を象った宣伝カー「カバ車(カバしゃ)」を使ったキャンペーンも行うなど、地方に本社を置く製菓会社としては異色の宣伝活動を行った。この「カバ車」は、排気量1000ccのトヨペットトラックのシャーシを利用した車両で[7]、カバの背中にカバヤキャラメルの箱を載せるというスタイルであった[8]

車体製作は広島ボディーが担当[7]、設計にあたってはモックアップとして実物大のクレイモデルを作成し[8]、それに合わせて手作業で車体を製作した上で架装したが、製作に半年を要した[7]。標準的なベース車両の価格が当時約40万円だったのに対して、「カバ車」は1台約125万円であった[7]。15台が製造されたが、全て手作業による製作だったため、1台1台が微妙に表情が変わっていたという[8]。完成した車両は、1952年(昭和27年)4月に岡山市立出石小学校の校庭でお披露目を行った[8]上で、日本全国を走行し、話題を提供した[8]。山道で「カバ車」と対向した馬車馬が動かなくなったり、農作業中の牛が「カバ車」を見て暴れだした、というエピソードが残されている[8]。しかし、交通規制等の理由により[8]、「カバ車」は昭和30年代に全て廃車となった。現存する車両はなく、本社にミニチュアモデルが残されただけであった[8]

一方で、1953年(昭和28年)から2年間、本物のカバの「カバ子」(デカ (カバ)[9]を乗せた移動動物園を販促キャンペーンの一環として行い、日本各地を回ったこともあった。

2006年(平成18年)、創業60周年の記念事業として「カバ車」復刻プロジェクトが始動[10]。さらに移動動物園巡業に同行したカバ「デカ[11]と「カバ車」を対面させるという計画もあった。

2011年(平成23年)、創業65周年の記念事業として「カバ車・ガールフレンド」を製作。カバ車2台の名称を「クッキーくん」、「チョコちゃん」に決定した。

現在の提供番組[編集]

  • 無し。

過去の主な提供番組[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際のカバ、特に野生の個体は非常に獰猛だが、あえてイメージキャラにしている。
  2. ^ 玩具メーカーの通常のプラモデル商品や玩具等で商品化が見送られたロボット、メカニック等も意欲的に商品化が試みられた。
  3. ^ 殊に「ガンバルガー」「ゴウザウラー」は前後期通して合体ロボットの完成度は高く、後期版は複雑な玩具版の強化合体ギミックをほぼ忠実に再現する事が出来た。
  4. ^ ただしライジンオーの後期や一部の勇者シリーズなどコストダウンの影響などでそこまで及ばずに終わってしまった製品も多い。
  5. ^ 組み立てに精度の高いニッパは不可欠な上、「ブレイブガム」では殊に細かい部品や刺さるほど鋭利な角のデザインの再現など、外箱記載の対象年齢では明らかに1人では対処できないような作りの製品となっている。
  6. ^ ライバルと言えるバンダイの「ミニプラ」シリーズも完成度は高いものの、「戦隊シリーズ」のロボ製品などは「合体を前提として分割」されている為単体ではどうしようもない製品も多い。
  7. ^ a b c d 『バス・ジャパン』第8号 p.56
  8. ^ a b c d e f g h 『バス・ジャパン』第8号 p.57
  9. ^ 「デカ」は2010年8月5日に石川県能美市いしかわ動物園で死亡。推定年齢は58歳だった。人間に換算すると100歳以上で、動物園で飼育されているカバとしては日本最長寿、世界でも第2位の長寿であった(共同通信「58歳国内最高齢のカバ死ぬ カバヤ食品、宣伝で活躍」、47NEWS 2010年8月5日 2010年8月6日閲覧)。
  10. ^ カバヤに持ちかけて当初この計画を立ち上げたのは兵庫県尼崎市にある工業高校長。ベース車両はトヨタ・エスティマ
  11. ^ 当時は「カバ子」
  12. ^ 番組極初期の1982年頃に後半枠のネットスポンサーのひとつとして提供していた。

関連項目[編集]

  • 林原 (企業) - カバヤ食品(林原グループの製菓部門)の前身。戦後、カバヤ食品を設立。後の1979年(昭和54年)に完全独立した。
  • リーフ (企業) - アメリカの食品メーカー。大リーグプロ野球カードのガム(名称不明)やビッグリーグガム等の野球関連の食玩を手がける。1960年代初旬頃にカバヤ食品と業務提携(当時)。
  • カバヤリーフ - 米リーフ社と提携による販売子会社(当時)。ライセンスにより主に野球関連の食玩を手がける。プロ野球カードのガムやビッグリーグガムとエフワンガム(後にニューエフワンガム)等を発売。
  • 堀内恒夫 - 元東京読売巨人軍投手/現役時代にカバヤ食品のコマーシャルに出演していた。
  • アラーの使者(テレビ番組) - 架空の国カバヤン王国のココナツ王子を助ける正義の味方「アラーの使者」の活躍を描く冒険活劇。カバヤ食品がスポンサーで、物語の舞台となるカバヤン王国は社名から、ココナツ王子は当時の主力商品「カバヤココナツキャラメル」からネーミングされた。
  • 西部警察 PART-III - 同番組の岡山ロケ編で登場。
  • 勇者シリーズ(アニメ) - 8年もの長期間に渡り同シリーズの食玩(ガムチョコレート)をシリーズ各作品ごとに複数発売。
  • 勇者伝説ブレイブガム - 上記 勇者シリーズのロボットを「トランスフォーマーガム(平成版)」のノウハウをフィードバックしながら発売するシリーズ。細かい部品や鋭利な部品が多い。
  • エルドランシリーズ - 勇者シリーズと並び称されるサンライズの人気ロボットアニメシリーズで同様に各作品ごとに食玩シリーズを発売。
  • 童友社 - 「ライジンオーガム」前期の製品を販売していた。
  • ボークス - 「ナイト」と呼ばれるメカを主役に置いた一連のシリーズの企画製造元
  • タカラトミー - 玩具のタイアップや同じ番組のスポンサーに着く事が多い。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]