トヨタ・エスティマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エスティマESTIMA )は、トヨタ自動車トヨタ車体1990年から生産する大型ミニバンである。

初代はトヨタ自ら「天才タマゴ」というキャッチコピーを用いており、卵型の丸みを帯びた外観が印象的であり、ミニバンを代表する車種である。

歴史[編集]

初代(1990年 - 1999年)[編集]

トヨタ・エスティマ(初代)
TCR1#W/TCR2#W型
前期型(1990年5月 - 1994年7月)
Toyota-Previa-AllTrac.jpg
中期型(1994年8月 - 1997年12月)
Toyota Previa .jpg
後期型(1998年1月 - 1999年12月)
1998 Toyota Estima 01.jpg
販売期間 1990年5月 - 1999年12月
デザイン CALTY
乗車定員 7/8人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン 2TZ-FE型 2.4L 直4 DOHC(前期型)
2TZ-FZE型 2.4L 直4 DOHC(中・後期型)
変速機 4速AT
駆動方式 MR/4WD
サスペンション 前:ストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式(エスティマ/G)
後:4リンク式(V/X/アエラス)
全長 4,750mm
全幅 1,800mm
全高 1,780-1,820mm
ホイールベース 2,860mm
車両重量 1,680-1,900kg
-自動車のスペック表-

1989年幕張メッセで初開催された第28回東京モーターショーにコンセプトモデルとして出展。「動くカットモデル」の展示は大きな話題となった。それから約半年後の1990年5月12日に市販化され、その卵をイメージさせる未来的なスタイルで「高性能ニューコンセプトサルーン」として注目を集めた。従来のワンボックスカーでは前輪前・運転席下に位置しているエンジンを、横に75°寝かせることにより平床化に成功、前輪も運転席の前方に置くことにより、世界にも例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用された。

元々のコンセプトは、当時トヨタが開発中であった2ストローク「S2」エンジンを搭載した新時代のMPV(マルチパーパスビークル)というものであり、このエンジンのおかげでエンジンルームをコンパクトにまとめることが出来る目算であった。しかし、排ガス対策の解決ができずエンジン開発に失敗し、卵形のボディーが宙に浮く結果となった。そのため、急遽ハイエースの部品を流用した一般的な直4、2.4Lエンジンを傾斜搭載することで、何とか日の目を見ることができた。

商用グレードを用意しない独立モデルであり、発売当時はモノグレード体系・7人乗りの1種類のみで、駆動方式はミッドシップ四輪駆動。サスペンションも前がストラット式サスペンション、後がダブルウィッシュボーン式サスペンションの4輪独立懸架を採用。搭載されたエンジンも2TZ-FE型・直列4気筒2438cc(135馬力)の1種類であった。

驚きを持って迎えられたエスティマではあったが、横幅が5ナンバー(小型乗用車)サイズに収まるキャブオーバー型ミニバンが主流だった(この当時は、1991年6月発売のバネットセレナが人気を博していた)、当時の日本では、対抗馬としてのエスティマは大柄で高価(296.5万円 - 335万円)すぎたため、また北米市場では2.4Lエンジンが非力、欧州市場では高価だという理由で支持を得ることが出来なかった(日本国外では「プレビア(Previa)」として発売)。また、競合他車がV型6気筒エンジンを搭載する中で、直列4気筒と気筒数で劣るエスティマは価格に比して静粛性、ひいては高級感に劣ると評された。

ちなみに、翌1992年1月にはバネットセレナの対抗車種として、車幅および全長の短縮によって車体を5ナンバー枠に収め(ガソリン車に限ってはエンジン排気量が2,000ccを超えているため、3ナンバー車扱いとなる)、前後デザインの変更を施した「エスティマエミーナ」(トヨタ店取り扱い)「エスティマルシーダ」(カローラ店取り扱い)を発売開始した。雑誌などでエスティマの幅を縮めたエミーナ、ルシーダと表現されているが、元々エスティマ開発当初から5ナンバー版のナローモデルは用意されていた。

1993年2月、廉価グレードとして「X」を追加。トップグレードの「エスティマ」は発売当初からのように7人乗り・4輪独立懸架を採用しているが、こちらは8人乗り・リアサスペンションに4リンク式を採用したものとなった。また、1994年8月の改良ではかねてからの動力不足の解消のため、「エスティマ」のエンジンにスーパーチャージャーが装着(2TZ-FZE型、160馬力)された。1996年8月には、それまでの2グレード体系から、上から「G」「V」「X」となる。「V」は「X」のスーパーチャージャー付きモデルとして設定され、「G」は「エスティマ」と同様のものである。

1998年1月、マイナーチェンジを行い外装デザインを一新。また、新たにエアロパーツを装着したグレード「アエラス」を設定。全てのグレードでスーパーチャージャー付きとなった。しかし、1994年10月に登場し大ヒットを記録していたホンダ・オデッセイの存在により、低下した売り上げの回復には至らなかった[1]。この頃から街中の燃費は従来通りだが、高速走行などでは燃費向上が図られており、10年排気ガス規制に伴い排ガス記号もE-からGF-に切り替わっている。

実際の販売状況は、エンジンルームの狭さゆえにエンジン排気量の大型化や6気筒化に対応できず、オデッセイやエルグランドをはじめとするライバルがV型6気筒の3Lや3.5Lへと移行するなか苦戦を強いられた。なお、北米で販売されたモデルはこの代のみで、以降はカムリをベースとした、コンベンショナルなFFレイアウトのシエナがその座を引き継いでいる。


2代目(2000年 - 2005年)[編集]

トヨタ・エスティマ(2代目)
ACR30W / ACR40W / MCR30W /
MCR40W / AHR10W型
前期型(2000年1月 - 2003年4月)
Toyota Estima L X-Limited.jpg
前期型 リア
Toyota Estima L X-Limited rear.jpg
後期型(2003年5月 - 2005年12月)
2003 Toyota Estima 01.jpg
販売期間 2000年1月 - 2005年12月
乗車定員 5/7/8人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン 2AZ-FE型 2.4L 直4 DOHC
1MZ-FE型 3.0L V6 DOHC
2AZ-FXE型 2.4L 直4 DOHC(ハイブリッド専用)
変速機 標準車: 4速AT
ハイブリッド: CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前: ストラット式
後: トーションビーム式
全長 4,750-4,795mm
全幅 1,790mm
全高 1,770-1,785mm
ホイールベース 2,900mm
車両重量 1,600-1,880kg
プラットフォーム トヨタ・Kプラットフォーム
-自動車のスペック表-

2代目は2000年1月6日に発売された。目標月間販売台数はTとL合わせて6,000台。 後に欧州市場向け(プレビア)とオセアニア向け(プレビアもしくはタラゴ)も発売されたが、北米向けは発売されなかった(初代を参照)。また、エミーナ/ルシーダは、本モデルに統合され姿を消した。

卵型の丸みを帯びた車体を踏襲しつつも、ミッドシップエンジンを改めカムリをベースとしたFF(前輪駆動)に変更。これによりエンジンの大型化が可能となり、エンジンラインナップはV6 2994ccが先に登場し、2ヶ月遅れで加わった直4 2362ccの2本立てとなる。2001年6月にはハイブリッドモデルが追加された。

車体寸法は初代とほぼ同一であったが、FF化による室内スペース減少は最低限に抑えたうえに、低床化により着座位置を下げヘッドクリアランスに余裕を持たせるなど居住性を向上。また、このモデルより両側スライドドアセンターメーターを採用。スライドドアに関しては、一部グレードで電動化された。

販売面ではカローラヴィッツに次ぎ、2000年新車乗用車販売台数第3位(約12万2400台)と初代の雪辱を果たす大ヒットを記録。その後も勢いは衰えず、3代目へモデルチェンジした後も中古車市場において人気モデルとなった。

トヨタモデリスタインターナショナルが制作する特装車として、本来7-8人乗車であるエスティマを4人乗りに変更し、木目調カウンターや各種AV機器を装備、冷蔵庫やテーブル、ファクシミリ台等を装備した「エスティマ・モバイルオフィス」という名の商用モデルも発売されている。後にハイブリッドモデルも発売されたが、価格は700万円と高価であった。

取扱いは「エスティマT」がトヨタ店、「エスティマL」がトヨタカローラ店、「エスティマ・ハイブリッド」は両店での扱い。TとLの外観上の違いは、前期型はリアウインカーレンズ(T:クリア、L:オレンジ)、フロントエンブレムの色(T:赤、L:青)。後期型では両車共にクリアーとなった為、違いはエンブレム色のみである。尚、ハイブリッドは販売店による違いは無い。

タクシーにも用いられ、保安基準の都合上キャプテンシートの設定があるGグレードが多く、Xグレードの3列目シートを撤去し5人乗りとして使用する例もある。

エスティマハイブリッド[編集]

エスティマハイブリッド(初代)

エスティマハイブリッドは、2001年6月に登場したトヨタ自動車ではプリウスに次いで二番目、ミニバンでは初となる市販のハイブリッドカーである。重量がおよそ1.85トン、排気量2.4Lのガソリンエンジンを搭載する車両ながら10・15モードで18.0km/l(マイナーチェンジ後は18.6km/l)の低燃費を達成している。

エスティマハイブリッドに搭載されているハイブリッドシステムTHS-CToyota Hybrid System-CVT)は、前輪を駆動させるアトキンソンサイクルのガソリンエンジン(2AZ-FXE型、排気量2362cc、131馬力/5600rpm、19.4kgm/4000rpm)をジェネレータ兼モータ(13kW/1130-3000rpm,11.2kgm/0-1130rpm)でアシスト、エンジン動力は効率の良いCVTを通して前輪のみに伝えられる。

後輪への動力伝達はプロペラシャフトを用いず、ジェネレータを兼ねるモータ(18kW/1910-2500rpm,11kgm/0-400rpm)をリアアクスルに搭載し、このモーターのみで駆動される世界初の電気式四輪駆動システムE-Fourを搭載する。またベルト駆動によってエンジンスタートを行い、スタート後はエンジン動力によって回されオルタネータの役割をするスタータージェネレータを搭載することもTHS-Cの特徴である。

ブレーキシステムは、旋回時の横滑りを抑えるVSC、発進時などのタイヤの空転を抑えるTRC、ブレーキ時のタイヤのロックを抑えるABS急ブレーキなどの際にブレーキ量を上げるブレーキアシストを統合制御するECBElectronically Controlled Brake system、電子制御ブレーキシステム)により四輪を独立して制御、油圧ブレーキと回生ブレーキの比率を適切にコントロールして運動エネルギーの回収能力を上げているほか、各機構を統合制御により、従来の機構では車両の安定性が限界に来る直前に制御を始めるものを、車両がより安定しているうちから制御を始める事で各機構の効果を高めて車両の安定性を上げている。

運転制御については、停車時にはエンジンを停止してガソリンの消費を抑え、発進時はバッテリ残容量が少ない時などを除いてモータのみで発進、全開加速など必要に応じて後輪も駆動させる。通常走行時はエンジンのみで走行する他、高負荷時はエンジンをモータがアシストする。バッテリ残容量減少時にはエンジン動力を走行とジェネレータの駆動に二分し、走行しながら充電することも可能である。また、上記のスタータージェネレータを併用することでさらに充電量を増やすことも可能である。エスティマハイブリッドはプリウスと比べモータよりもエンジンがメインとなっている。

減速時には前後のモーターを使った回生ブレーキにより運動エネルギー電気エネルギーに変え、Ni-MHバッテリーに貯める。回生ブレーキ使用時はエンジンに動力が伝わらないように切り離すことで、効率良く回生が行われるようにしている。 また、ハイブリッドシステムを搭載したことにより、室内に備えられているAC100ボルトのコンセントから最大1500ワットの電力を供給することができるようになった。

グレード構成は、THS-C、E-Four、ECBなど装備する標準グレードと、標準グレードの装備の他にディスチャージヘッドライトやアルミホイール、クルーズコントロールを装備するGエディション、それぞれにシートが7人乗りの物と8人乗りの物の全4タイプになる。

外装はプロジェクタータイプのヘッドライトを搭載するなど主に前後のライト周りが変更され、THS-Cを搭載しない通常のエスティマと差別化がされている。

2003年7月に行われたマイナーチェンジではTHS-Cを改良して10・15モード燃費を向上させたほか、エアコンコンプレッサをエンジンが作動時にはエンジン出力で、エンジンが停止時にはコンプレッサに内蔵されたモータで駆動する世界初の「2Wayコンプレッサー」を採用し、エアコン使用時の燃費を向上させている。

ハイブリッド化の欠点として、バッテリーを三列目シート下部に設置する為に通常のエスティマと比べ荷室が狭くなる他、三列目シートのシートアレンジが制限されている。マイナーチェンジと同時に登場した、同じTHS-Cを搭載するアルファードハイブリッドではバッテリーの設置位置が前席下部に変更されこの点が改良されている[2]

プリウスやエスティマのガソリン車が初代においても日本国外で発売されているのに対して、エスティマハイブリッドは初代登場の時点でも日本国内のみの展開となっている。

3代目のフルモデルチェンジに伴い、2005年11月に生産終了。

共通のプラットフォームを採用する車種

3代目(2006年 - )[編集]

トヨタ・エスティマ(3代目)
ACR5#W / GSR5#W / AHR20W型
前期型アエラス(2006年1月-2008年12月)
Totota Estima R50 001.JPG
中期型アエラス(2008年12月-2012年5月)
2008 Toyota Estima 01.jpg
後期型アエラス(2012年5月-)
ESTIMA AERAS 2012.JPG
販売期間 2006年1月 -
乗車定員 7 - 8人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン 2AZ-FE型 2.4L 直4 DOHC
2GR-FE型 3.5L V6 DOHC
2AZ-FXE型 2.4L 直4 DOHC(ハイブリッド専用)
モーター 前: 2JM型
後: 2FM型
交流同期電動機
変速機 3.5L車: 6速AT
2.4L車: CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前: ストラット式
後: トーションビーム式
全長 4,795-4,815mm
全幅 1,800-1,820mm
全高 1,730-1,760mm
ホイールベース 2,950mm
車両重量 1,700-1,970kg
ハイブリッド方式 スプリット方式(THS II)
プラットフォーム 新MCプラットフォーム
-自動車のスペック表-

2005年東京モーターショーにてコンセプトモデルが発表され、市販仕様はこのコンセプトモデルに準じたデザインで2006年1月16日より市販された(追ってオセアニア向け(現地名:タラゴ)やアジア向け(現地名:プレビア)も発売されたが、欧州向けは今回からなくなっている)。

先代のような販売店による区別[3]がなくなり、車名が「エスティマ」に統一されたが、車両型式の末尾に付される車種グレードごとの細分記号は販売店で異なる。

エクステリアデザインは2代目の正常進化型だが、ヘッドランプは涙目風のデザインを採用し、より精悍な印象となった。また、三角窓を継続して採用したほか、全てのピラーをブラックアウトし、ルーフが浮いているようなイメージの「フローティングルーフ」となっている。また、2代目はウィンカーにサイドマーカーを採用していたが、3代目ではそれがなくなり、代わりにサイドターンランプが付いたミラーが標準装備となった。

インテリアデザインはセンターメーターこそ継承したものの、2代目とは打って変わって、直線基調で広がり感のあるデザインとなっている。 また、シーケンシャルシフトマチックも搭載された。

エンジンは新開発の2GR-FE型3456cc・V6DOHCの280psと国産ミニバン、および前輪駆動車で初の280ps達成[4]。 また、2362cc・直4はモデルチェンジを機に170ps・22.8kgmとパワーアップした。ハイブリッドでは燃費は20km/lに向上した。

プラットフォームは、フロントがRAV4などに採用の新MCプラットフォームを使用し、リアは専用設計である。なお、このプラットフォームは2代目アルファード/初代ヴェルファイアと共通である。

シートタイプはこれまで通り7人乗りと8人乗りが設定されるが、3列目シートは2代目のチップアップ式とは異なり、床下収納式となっている。また、7人乗りならスーパーリラックスモードが使える。それは3列目のシートを収納した状態で2列目のシートを最後尾までスライドさせれば、まるでリムジンのような広大なスペースが生まれるシートアレンジ。一方の8人乗りには2列目シートにチップアップ機能を備え、床下に収納できる3列目シートを活用して広大な積載スペースを確保することができる。

トランスミッションは3.5リッターV6車がシーケンシャルシフト機能付き6AT、2.4リッター直4車が7速シーケンシャルシフト機能付きSuper CVT-iが採用される。シフトレバーは1・2代目ではコラムシフトとなっていたが、3代目からはゲートタイプのインパネシフトとした。

装備ではG-BOOK ALPHA対応のHDDナビゲーション、インテリジェントパーキングアシスト、プリクラッシュセーフティシステム、スマートエントリー&スタートシステムなどの先進設備を充実させている。なお、クラウンでも採用されたスマートキー機能付き腕時計・キーインテグレーテッドウォッチがディーラーオプションで設定される(MOPナビ480,000~660,000円)。

なお、同年6月12日にハイブリッドモデルが追加設定された。ハイブリッドシステムは前モデルのTHS-Cから、2代目プリウスなどにも採用されているTHS-IIに変更された。エンジンとモーターの合計出力が190馬力となり、先代で不満だった動力性能を今回のモデルチェンジにより解消している。燃費にも優れており、JC08モード走行で18.0km/L(平成27年度燃費基準+20%達成)と、同排気量クラスでは世界トップレベルの低燃費を達成している。また、実用燃費の向上を狙い新たに「排気熱再循環システム」を搭載し、これまで捨てていた排気の熱エネルギーを回収し、エンジン暖機やヒータの暖気に利用している。 ハイブリッド用バッテリーの搭載位置は、前モデルでは3列目下部だったが、前席左右間のコンソールボックス下に移された。このため前席から2列目以降へのウォークスルーはできないが、シートアレンジ制限については改善された。 価格は376万円(税込)からと一般的なミニバンより割高だが、VDIMを標準装備するなど安全面も充実している。 また、1列目の「ハイブリッドコンソールボックス」後面に、ハイブリッドカー特有の大容量エネルギーを生かして最大1500Wの電源供給を可能にするAC100Vアクセサリーコンセントが標準装備されているが、2011年3月11日に発生した東日本大震災では、災害時の緊急用電源として被災者の携帯電話の充電や湯沸かしなどに活躍された。当時はエスティマハイブリッドの独自機能であったが、これをきっかけに、各社で電源供給機能を備えた車種が登場している[5]

尚、ベネッセコーポレーションが保有する、同社の教材である「こどもちゃれんじ」のキャラクター、しまじろうを模した「426(=しまじろう)GT しまじろうカー」は当モデルのハイブリッドをベースとしているが、構造変更を申請し、公認車検を受けているため、市販モデルと同様に公道走行が可能になっている(但し、尻尾や目など一部アイテムは走行時に外すことになる)。しまじろうカーはのちにトミカのラインナップにも加えられたが、商品№は426にひっかけて「26」である。尚、2007年2月から2010年11月まで、№99として、当世代のエスティマが存在したが(後継は日産・セレナ (4代目))、それとは別車体による商品化となった。

2007年4月25日独立行政法人「自動車事故対策機構」より2006年度の自動車アセスメントで自動車アセスメントグランプリを受賞した。

2008年12月24日、マイナーチェンジ。外装のデザインを変更してより個性を強めた外観となったほか、「アエラス」とハイブリッドの「G」に本革シートを採用した「レザーパッケージ」を追加設定。また、ステアリングスイッチの全車標準装備化、快適温熱シート(一部グレードを除く)、エコドライブインジケーターランプを採用し機能面を向上したほか、アクティブヘッドレストを前席シートにも採用したり、2.4L車にはS-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)のオプション設定を追加するなど安全面も向上された。なお、2代目ist以降、フルモデルチェンジ、マイナーチェンジ、および新型車として発売される全てのトヨタ車にサイド・カーテンエアバッグが標準装備化されるとの発表があったが、このエスティマのマイナーチェンジではサイド・カーテンエアバッグの標準装備化は行われなかった。

2009年8月3日、「アエラス」をベースに、上級グレード「G」で採用されているシート表皮(ダブルラッセル)やバーズアイメイプル木目調の内装を採用し高級感をもたせると共に、デュアルパワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付)・ETCユニット・マルチインフォメーションディスプレイを特別装備し利便性も向上させた特別仕様車「アエラス"G-EDITION"」を発売。ボディカラーは専用色の「グレーメタリック」を含む4色を設定し、内装色も「ダークグレー」か「グレージュ」を選択できる。

2009年12月14日、一部改良。最新の排出ガス試験モード(JC08モード)において、2.4L車が冷間時の測定モードで、3.5L車が温間時の測定モードで「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得(3.5L車の冷間時及びハイブリッド(冷間時・温間時とも)は既に取得済)。また、ハイブリッド「G」に搭載(他のグレードでもオプションで搭載可能)のHDDナビゲーションを最新モデルに変更し、新たに目的地の目の前まで案内する機能とETCカード挿入時に有効期限を音声案内する機能を追加。ハイブリッドのパワースイッチを「シナジーブルー」に変更した。なお、同年8月発売の特別仕様車「アエラス"G-EDITION"」も上記改良を行った。

2010年9月30日、誕生20周年を記念し、初代のイメージカラーであったレッドを随所に施したほか、ハイグロス塗装の専用アルミホイールや20thロゴの専用エンブレムなどを装備した特別仕様車「2.4アエラス"20th Anniversary Edition"」を発売。ボディカラーは専用色のボルドーマイカメタリックやグレーメタリックを含む5色を設定した。

2012年5月8日、2度目のマイナーチェンジ。外観では「アエラス」のフロントデザインとヘッドランプ・リアコンビランプの色を変更し、18インチアルミホイールを採用(サイドリフトアップシート装着車を除く)。「G」・「X」はホイールデザインを変更(「G」及びハイブリッドの「G」・「X」は中期型「アエラス」用17インチアルミホイール、「X」は8代目カムリ後期型用16インチフルホイールキャップ)し、中期型まで装着されていたグレードバッジを廃止。一方、ハイブリッドには専用リアエンブレムを新たに装着した。ボディカラーは上記の「2.4アエラス"20th Anniversary Edition"」で設定された「ボルドーマイカメタリック」の他、新色の「グレイッシュブルーマイカメタリック」、「アイスチタニウムマイカメタリック」を含む全6色を設定した。内装はインテリアカラーをブラックと新色シェルの2色展開とし、インパネやフロントドアアームレストにサテン調シルバー加飾モールを追加。パネル色をブラックメタリックに変更するとともに、「G」・「アエラス"レザーパッケージ"」には深みのある木目調加飾を採用した。装備面では「G」・「アエラス"レザーパッケージ"」及びハイブリッド全車にナノイーとスーパーUVカットガラス(フロントガラス)を、「アエラス」にはデュアルパワースライドドア、ロングスライドコンソールボックス(「アエラス(7人乗り)」・「アエラス"レザーパッケージ"」のみ)、マルチインフォメーションディスプレイ付きオプティトロンメーターを、「G」にパワーバックドアをそれぞれ標準装備。さらに、3.5L車にはS-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)、ハイブリッドには車両接近通報装置を追加して安全面も強化。ハイブリッドにはスポーティーグレードの「アエラス」を新設した。なお、「X」の2WD車及び「アエラス」の2WD車・8人乗り仕様を除く2.4L車は「平成27年度燃費基準」を達成している(「アエラス」の2WD車・8人乗り仕様についてはオプション装着により車両重量が1,770kgを超えた場合は同様に「平成27年度燃費基準」を達成する)。

2013年5月7日、一部改良。クリーンエアフィルターに脱臭機能を追加して全車に標準装備したほか、運転席からの目視だけでは確認しにくい車両周辺の状況をシフト操作と連動して真上から車両を見下ろしたような映像としてナビゲーション画面に表示し、安全確認を支援するパノラミックビューモニターやクリアランスソナー&バックソナーをオプション設定に追加した。併せて、特別仕様車「アエラス"Premium Edition"」を発売。「アエラス」の2.4Lガソリン車、ハイブリッド車の各7人乗り仕様をベースに、バックドアガーニッシュにめっき加飾を施すとともに、内装にはブラックパネルの専用加飾を施し、インパネやフロントドアアームレストにはサテン調シルバー加飾モールを組み合わせた。シート表皮は合成皮革+トリコットの専用コンビシート(シルバーステッチ付)とするなど高級感を演出し、フロントパフォーマンスダンパーも装備した。2.4Lガソリン車は前述の特別装備に加え、ハイブリッド車ではベース車に標準装備されているめっき加飾のアウトサイドドアハンドル、メッキモール、電動マルチアジャスタブルフロントシート(運転席8ウェイパワーシート)も特別装備した。

2014年9月2日、一部改良[6]。ハイブリッド車のエスティマハイブリッドを含む全車にリバース連動・オート電動格納機能付ドアミラーを採用し、ガソリン車のエスティマ全車にS-VSCを標準装備した。併せて、雑誌「VERY」とコラボレーションした特別仕様車「アエラス"VERY Edition"」を発売。「アエラス」の2.4Lガソリン車、ハイブリッド車の各7人乗り仕様をベースに、フロントバンパーモール、サイドメッキ、フロントエンブレム、バックドアガーニッシュ、フロントフォグランプにスモークメッキを、インパネとフロントドアアームレストにサイバーカーボン調(ブラック)の専用加飾をそれぞれ施し、ルーフやピラーにブラックを、シート表皮はベージュの合成皮革をそれぞれ採用。フロントドアガラスにスーパーUVカット・IRカット機能を追加したほか、「ナノイー」、快適温熱シート(運転席・助手席)、リアオートエアコンなどの快適装備をプラス。さらに、オールブラック塗装のディスチャージヘッドランプ、LEDスポットランプ・ドアカーテンランプ(フロントドア左右、LEDスポットランプはスライドドア左右にも装備)、脱着式デッキボードなども装備した。なお、2013年5月に発売された特別仕様車「アエラス"Premium Edition"」はベース車と同様の改良を受け、販売を継続する。

車名の由来[編集]

  • ESTIMA 英語で「尊敬すべき」というESTIMABLE(エスティマブル)より名づけた。
    • なお、ESTIMAの名称は日本のみで使用され、日本国外ではプレビア(PREVIA)の名称でアメリカイギリス等にも販売されていたが、現在はアジアオセアニア等の一部の国のみの販売である。これはアメリカでは、初代が発売されていた当時は、サイズが小さすぎると言う事。また欧州では、2代目以降はこのクラスの成長があまり見込めない(欧州メーカー製除く)事が販売不振の理由である。

取り扱い販売店[編集]

初代はルシーダがカローラ店、エミーナがトヨタ店、親エスティマは両店で、2代目はTがトヨタ店、Lがカローラ店で販売されていたが、3代目は名称が「エスティマ」に統合され販売店による区分はなくなった。大阪地区では大阪トヨペットで販売されたが、同社の社名変更により2006年8月8日をもって大阪トヨタの取扱いとなった。

脚注[編集]

  1. ^ オデッセイは高さ以外はエスティマとほぼ同じ大きさである。
  2. ^ ただし、バッテリーが前席下部にあるため運転席、助手席と二列目シートのウォークスルーができなくなっている。
  3. ^ カローラ店ではエスティマL、トヨタ店ではエスティマT
  4. ^ 同年12月21日に発表されたホンダ・エリシオン プレステージは同じ3456cc・V6ではあるが、300psを達成した。
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ TOYOTA、エスティマ、エスティマハイブリッドを一部改良 -同時に、特別仕様車“VERY Edition”を新設定- トヨタ自動車株式会社 ニュースリリース 2014年9月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]