トヨタ・スタウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタウト(Stout)は、トヨタ自動車が生産していたボンネット型トラック。かつては「トヨペット・スタウト」という車名であった。

ここでは、スタウト以前に登場した小型ボンネット型トラックについても扱う。これらは、スタウトのルーツと言うべき車種であるが、個別記事にする情報量としては非常に少ないため、「前史」という項目に集約した。

前史[編集]

トヨペットSB型小型トラック (1947年)[編集]

トヨペットSG型小型トラック (1952年)[編集]

SG型トラック


歴史[編集]

トヨペットRK型小型トラック/トヨペット・ライトトラック (1953年-1957)[編集]

RK23型トラック

陳腐化したSG型の後継として登場。

登場時から時代遅れと評されていたS型エンジンを止め、エンジンは、RS型クラウントヨペット・マスター同様のR型1500ccを採用し、キャビンも同様にマスターのものを流用している。これは予想外の短命に終わったマスターの生産設備の償却を早める目的があり、このRK型のほか、初代マスターライン(RR10系)や初代コロナ(ST10系)にも流用されている。

1957年、RK型ライトトラックのマイナーチェンジでRK30系となり、車名からも型式が取れて「トヨペットライトトラック」へ変更される。

初代 (RK30/RK35型、1957年-1960年)[編集]

1959年5月、愛称を「スタウト」へ変更。顧客や販売店から、ボンネット型のトヨペット・ライトトラックと、セミキャブオーバー型のトヨペット・ルートトラックの車名が似ていて紛らわしいとの声が多かったことから、トヨタ自動車工業(自工)、トヨタ自動車販売(自販)、トヨペット・トラック販売店の社員による愛称募集が行われ、ライトトラックは強い、頑丈な、勇敢ななどの意味の英語から「スタウト」、セミキャブオーバー型は、力強い、動的な、などの意味を持つダイナミックから「ダイナ」と名付けられた。双方ともにモデル途中での改名である。

ダイナのルーツであるルートトラックは、RK52型、RK60系共に、RK型ライトトラックをセミキャブオーバーに仕立て直したもので、パワートレインやシャーシを共有する姉妹関係となる。

2代目 (RK45 - RK101型、1960年-1979年)[編集]

スタウト1900(RK100型)
スタウト1900
(RK101型、写真は輸出仕様)

1960年モデルチェンジ、45系となる。先代とは一転して、スクウェアなフロントマスク、端部を跳ね上げたフロントバンパー、ラップアラウンドタイプのフロントウインドシールド、エアインテークを連想させるフロントフェンダー上のマーカーランプなど、アメリカ車のテイストを取り入れたスタイルへと変貌を遂げた。

車体寸法はやや拡大し、全長4690(4685)mm 、全幅1690 mm、全高1750(1770)mm(括弧内はバン)と、高さ以外は小型車枠一杯となった。

はしご型フレームと、前後リーフリジッドサスペンションの構成は受け継がれているが、スプリングレートは幾分下げられており、乗り心地の向上が図られている。

バリエーションは、シングルキャブ(RK45・1.75 t 積)、ダブルキャブ(RK45P 1.0 t 積)、ライトバン(RK45V 1.0 t 積)の3種となった。中でもライトバンのドアは、1957年登場のプリンス・マイラーをベースとしたプリンス・ライトバンに続き、右が1枚、左が2枚の3ドアで[1]、このドア配置は、同じような成り立ちのシボレー・サバーバンにも波及した。

1963年、1900ccの3R型エンジンを搭載したRK100型を追加。ヘッドランプを4灯式に変更する。また、数世代にわたって小型トラックのベストセラーとして君臨していたダットサン・トラックの牙城を切り崩すため、オーナードライバー向け1トン積みトラックのライトスタウトが派生車として誕生している。

1967年、マイナーチェンジでエンジンを2000ccの5R型へ統一、型式はRK101となる。あわせて車名を「トヨタ・スタウト」へ改称。外観では、フロントグリルとヘッドランプベゼルの意匠を変更。

1968年日野自動車とのジョイントベンチャーであるブリスカハイラックスにモデルチェンジし、ライトスタウトも後に統合される。

3代目 (RK110型、1979年-1986年)[編集]

1981年 トヨタ・スタウト

1979年登場。キャビンはハイラックスN30 / N40系用にオーバーフェンダーを追加し、流用。海外向けには2.2Lの20R型エンジンの設定もあったが、国内は5R型を無鉛ガソリン専用に改良し、引き継いだ。

以前から国内の1.5 t 積以上のトラック需要は、ほとんどがキャブオーバー型へと移行しており、110系スタウトのほとんどが海外へ向けて輸出された。また、それを端的に裏付けるかのように、二度のオイルショックを経験したこの時期においてもディーゼルエンジンは設定されていない。

ダイナが「U」へ記号を変えた後もスタウトは「K」を守り通し、また、その誕生から終焉までをR系エンジンと共にしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾関和夫 日本の商用車列伝 第8回 華麗なるボンネットトラック時代(三樹書房 M-BASE)

関連項目[編集]