クラッカー・ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

概要[編集]

クラッカー・ジャック (Cracker Jack) は、アメリカ合衆国スナック菓子のブランド。キャラメルでコーティングしたポップコーンの中にピーナッツが混ぜてある。

おまけ玩具 ("Toy Surprise Inside") が付属することでもよく知られており、ポップカルチャーでは限られた価値しかないものを指して「クラッカー・ジャックの箱の中に入った came in a Cracker Jack box」と表現する。映画ティファニーで朝食を』には、クラッカー・ジャックのおまけの指輪に、ティファニーで名前を彫らせるシーンがある。このおまけは1912年から封入されるようになった。

クラッカー・ジャックの原型は F. W. ルエックハイム Rueckheim によって1893年シカゴ万国博覧会に出品された、ポップコーン・ピーナッツ・糖蜜を混ぜたもので、この時は "Candied Popcorn and Peanuts" (砂糖漬けのポップコーンとピーナッツ)と呼ばれた。1896年には、コンクリートミキサーに似た機械を用い、少量の油でポップコーンが互いにくっつかないようにする技術を発明。これを振る舞われたセールスマンが思わず "That's crackerjack!"crackerjack: 優秀な、一流の人または物。“素晴らしい”位の意味)と声を上げ、これが商標に採用されたという[1]

1918年マスコットとして発表され、犬の Bingo とともに箱に描かれるようになったセーラー服の少年 Sailor Jack は、8歳で世を去ったルエックハイムの孫のロバート少年の姿をルエックハイムが図案化させたものである。商標登録は1919年までされなかった[2]アメリカ海軍ではかつて採用されていたセーラー服の制服を指して "Cracker Jack" uniform と呼ぶ。

1964年、クラッカー・ジャック社はボーデンに買収される。そのボーデンもグループ解体に伴い1997年フリトレーにクラッカー・ジャックのブランドを売却した[3]

その他[編集]

日本国内では1969年頃から、アメリカのリーフ社と合弁のカバヤリーフ社(現・カバヤ食品)より販売された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]