加藤晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かとう はるひこ
加藤 晴彦
本名 加藤 晴彦
生年月日 1975年5月13日(38歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 O型
ジャンル 俳優タレント
活動期間 1989年 -
活動内容 ドラマ映画バラエティー
公式サイト アミューズによるプロフィール

加藤 晴彦(かとう はるひこ、1975年5月13日 - )は、日本俳優タレントである。愛知県名古屋市昭和区出身。株式会社アミューズ所属。

人物[編集]

身長公称175.8cm(実際は174cm。ごきげんようで本人発言)。名古屋大学教育学部附属高等学校を経て、日本福祉大学経済学部経済学科中退。

活動初期は俳優としてドラマや映画に出演、主役もしくは準主役などを務めていたが、その後はタレントとしてテレビのバラエティ番組に出演することが活動の中心となった。

名古屋出身であることを誇りに思っており、言葉の端々に名古屋弁を使用するとともに、テレビ番組の調査で、「名古屋の女性が選ぶ抱かれたい男No.1」にも選ばれている[1]

経歴[編集]

生い立ち
名古屋生まれ[2][3]。 モノマネ芸人のコロッケとは遠い親戚である[4]
子役時代
1989年平成元年)、テレビドラマ 『中学生日記』(NHK教育)に、生徒役として出演。また、1991年(平成3年)には、テレビドラマ 『前畑がんばれ』(NHK) で、主演の清水美砂の息子役を演じた。
本格デビュー後
1993年(平成5年)、第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、翌年放送のテレビドラマ 『アリよさらば』(TBS) への出演で本格的に芸能界デビューした。1995年(平成7年)には、テレビドラマ 『走らんか!』(NHK朝の連続テレビ小説)で主人公の親友、白水悦夫役を演じ、その翌年には「アルペン」のCMに出演し、一躍アイドル的人気を獲得し広く知られるようになった。このアルペンには2014年現在もCM出演が継続されている。
2001年(平成13年)、映画『回路』で映画初主演。同年、ドラマ『早乙女タイフーン』(テレビ朝日)でドラマ初主演。2006年(平成18年)3月、番組開始から務めていたバラエティ番組『あいのり』(フジテレビ)へのMCとしての出演が終了した。2009年(平成21年)4月、それまで所属していた株式会社ロングブリッジから、株式会社アミューズへと移籍した。

受賞[編集]

2000年(平成12年) - 「エランドール賞」新人賞受賞

私生活[編集]

女優の内山理名との交際を経て、2006年(平成18年)10月には名古屋の中京テレビ本多小百合アナウンサーとの熱愛が発覚した。一時は結婚秒読みと呼ばれていたが、2008年の春頃に破局していたことがわかった[5]

2006年5月、空き巣に1,000万円相当の貴金属を盗まれる被害を受ける。加藤は少しでも名古屋に近い場所に住みたいということから、東海道新幹線が停車する品川駅(駅自体は港区に所在)に最寄の、東京都品川区に居住している[6][7]。また、福山雅治ナインティナイン岡村隆史と同じマンションに住んでいたことがある(通称:イケメンマンション)。

エピソード[編集]

  • プロ野球は中日ドラゴンズのファンで、球団外広報も務めている。同じく球団外広報を務める峰竜太とも親交がある(詳細は後述)。
  • どうぶつ奇想天外!』でTBSアナウンサー久保田智子平手打ちされたことがある。
  • ラジオ番組『加藤晴彦の@llnightnippon.com』(ニッポン放送)では福山雅治の影響を受けた下ネタトークが好評だった。
  • かなりスリムでスタイルが良いにもかかわらず三十路過ぎて太ってきたと言っている。
  • 若者言葉を嫌っており、特に女子高生の言動に怒っているとテレビ等で語っている。
  • かなりの酒飲みだとテレビ等で語っている。
  • さんまのまんま』に出演した際、明石家さんまが名古屋料理の味噌煮込みうどんについて、「うどんは煮込んだらあかんやろ!」と指摘したのに対して、ムキになって反論し、“うどん論争”を繰り広げた。
  • aikoオールナイトニッポン』に泥酔して乱入し、「aiko死ねー!」などと散々暴言を吐き、悪態をついたため、リスナーから苦情が殺到した事がある。
  • クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』にて自分が間違えた長篠の戦いを「歴史上あったかどうか判らない事柄ですよね」と発言し、更に○×問題の「富士山は世界一高い山である」に自信満々に○をして、もちろん不正解。だがそれに対して「これは仕方が無い」と平然とした態度を取り、他の出演者達を呆然とさせた。
  • 非常に涙もろく、また天然キャラである。

中日ファンとしてのエピソード[編集]

  • 憧れの選手は立浪和義だったという。 中日ドラゴンズでは特に立浪和義内野手とは親交関係が深い(不定期で出演する『スーパーサタデー』内の「ドラゴンズHOTスタジオ」の春季キャンプ取材などでは、必ず立浪選手のもとを訪れる)。将来は立浪が中日の監督になってくれることを夢見ている。立浪とは現在はオフシーズンに草野球をしたり、一緒に食事へ行ったりするほどの仲である。立浪の引退セレモニーにも参加した[1][2]
  • 東海テレビの『ドラゴンズHOTスタジオ』に準レギュラーで出演しており、毎年春の北谷キャンプ取材が恒例となっている。2000年に訪問した際、前年に宣銅烈が引退したために中日のエースナンバーである背番号20が空き番となっていたこともあり、当時監督だった星野仙一から20番のユニフォームをプレゼントされた。ちなみにこのユニフォームの背中の名前は「KATOH」ではなく「HARUHIKO」となっていた(東海地方では「加藤」という名字がやたらと多いため、星野はその辺を配慮したものと思われる)。また司会を務める峰竜太がドラゴンズ球団外広報に就任したという話を聞くや、自ら球団に出向いてアピールし、峰・板東英二に次ぐ3人目の球団外広報に就任した。
  • 2000年のテレビ朝日のドラマ『アナザヘヴン〜eclipse〜』に盗聴マニアの幕田ユウジ役で出演した際、最終回で公開されたユウジの部屋には数々の盗聴器とともに、いろいろなドラゴンズグッズが飾られていた。これらは全て加藤の私物で、ユウジの意外な一面を演出するために持ち込んだと言われる。
  • 2001年の夏、テレビ朝日のバラエティ番組『Matthew's Best Hit TV+』にゲスト出演した際、当時六本木アークヒルズにあったテレビ朝日本社屋上で「燃えよドラゴンズ!」を熱唱。
  • ココリコミラクルタイプ』では、私が見た迷惑なファンという名目で、なぜかライバルチームである阪神タイガースファンを演じたことがある(その内容は加藤本人と数人の熱狂的な阪神ファンが、電車内で一般乗客を巻き込みながら、「六甲おろし」を大合唱などを演じている)。
  • 2008年8月16日放送の『出没!アド街ック天国』で愛知県常滑市が特集された時、愛知県出身のゲストとして呼ばれたが、オープニングの「〇〇(=取り上げる都市名・地名)といえば」というお題で、愛知県立常滑北高等学校出身の浅尾拓也投手と答えた。
  • ジャンクSPORTS』での「スポーツ大好き芸能人」の回でドラゴンズファン代表と出演の際、VTRレターの立浪和義から「最近晴彦君は読売ジャイアンツに浮気してる」と言われてしまったためあわてて弁明したが、その際冷静さを失ってしまいジャイアンツの事を放送禁止用語を用いて侮辱したため、共演していたジャイアンツファンの徳光和夫に靴を投げつけられ、MCの浜田雅功にも「晴彦。いまのは徳さんよりお前のほうが遥かに悪い」と言われてしまった事がある。

出演作品[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

バラエティー[編集]

CM[編集]

その他[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TBS 『ランク王国
  2. ^ 名古屋観光コンベンションビューロー
  3. ^ 東日本放送
  4. ^ 秘密のケンミンSHOW』で本人が発言。同席のコロッケがそれにうなずく 2008年11月20日放送
  5. ^ その本多は2011年に日本テレビアナウンサー新谷保志と結婚
  6. ^ 『秘密のケンミンSHOW』での本人発言
  7. ^ 時短生活ガイドSHOW』(TBS、2010年2月17日放送)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]