北沢典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたざわ のりこ
北沢 典子
本名 近藤 由紀子
生年月日 1938年3月15日(76歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市伏見区
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1954年 -
配偶者 近藤昭仁
家族 近藤典子
主な作品
映画
東海道四谷怪談(1959年)
「粘土のお面」より かあちゃん(1961年)
反逆児(1961年)
父よ母よ!(1980年)

北沢 典子(きたざわ のりこ、1938年3月15日 - )は、日本の女優である。本名は近藤 由紀子(こんどう ゆきこ)、結婚前本名は茂呂 由紀子(もろ ゆきこ)。

人物・来歴[編集]

1938年(昭和13年)3月15日、京都府京都市伏見区に生まれる。名古屋市立天神山中学校を卒業した。

1954年(昭和29年)、名古屋家政学園在学中に『婦人生活』の美人写真コンクールに友人が無断で応募したのがきっかけで、新東宝にスカウトされ同学を中途退学した。1955年(昭和30年)、第4期スターレットとして新東宝に入社。同期に三ツ矢歌子原知佐子万里昌代朝倉彩子らがいる。1956年(昭和31年)、香川京子池内淳子主演の『何故彼女等はそうなったか』に本名の茂呂由紀子でデビュー。同年の『女競輪王』から北沢典子を芸名とする。主に時代劇を中心に多くの作品に出演する。1960年(昭和35年)、フリーランスとなったが、翌1961年(昭和36年)、東映に入社。東映でも時代劇で活躍した。テレビドラマにも多数出演している。1962年(昭和37年)11月13日、当時プロ野球大洋ホエールズの選手だった近藤昭仁と結婚した。愛称は「てんこ」[1]

1980年(昭和55年)、木下惠介監督の『父よ母よ!』で久々に映画出演を果たした。自身の芸名を本名に名づけた娘の近藤典子も、モデルから女優になった。

2009年(平成21年)11月、東京・池袋の新文芸坐で開催された「萬屋錦之介生誕七十七年 錦之助映画祭り パート3」にトークゲストで登場し、トークショーの後には北沢のサイン会も開かれた。2010年(平成22年)11月23日、香川県高松市のアルファあなぶきホール(香川県民ホール)で開催された「さぬきえいがびと in 映画の楽校」のトークショーに出演した。

主な出演作[編集]

映画[編集]

  • 何故彼女等はそうなったか(1956年、新東宝
  • 新妻鏡(1956年、新東宝)
  • 思い出月夜(1956年、新東宝)
  • 女大学野球狂時代(1956年、新東宝)
  • 女競輪王(1956年、新東宝)
  • 美男をめぐる十人の女(1956年、新東宝)
  • 妖雲里見快挙伝(1956年、新東宝)
  • 妖雲里見快挙伝 解決篇(1957年、新東宝)
  • 明治天皇と日露大戦争(1957年、新東宝)
  • 関八州大利根の対決(1957年、新東宝)
  • 危し! 伊達六十二万石(1957年、新東宝)
  • 若君漫遊記 伏見稲荷の大仇討(1957年、新東宝)
  • 人形佐七捕物帖 大江戸の丑満時(1957年、新東宝)
  • 怪談累が渕(1957年、新東宝)
  • 白蝋城の妖鬼(1957年、新東宝)
  • 続若君漫遊記 金比羅利生剣(1957年、新東宝)
  • ひばりの三役 競艶雪之丞変化 前後篇(1957年、新東宝)
  • 関八州喧嘩陣(1958年、新東宝)
  • 色競べ五人女(1958年、新東宝)
  • 坊ちゃん天国(1958年、新東宝)
  • 爆笑王座征服(1958年、新東宝)
  • 楠公二代誠忠録(1958年、新東宝)
  • 若君漫遊記 サタン城の魔王(1958年、新東宝)
  • 朱桜判官(1958年、新東宝)
  • 隠密将軍と喧嘩大名 前後篇(1958年、新東宝)
  • 新日本珍道中 東日本の巻(1958年、新東宝)
  • 新日本珍道中 西日本の巻(1958年、新東宝)
  • 亡霊怪猫屋敷(1958年、新東宝)
  • 大暴れ女侠客陣(1958年、新東宝)
  • 坊ちゃんに惚れた七人娘(1959年、新東宝)
  • 鍔鳴り三剣豪(1959年、新東宝)
  • 決闘不動坂の大仇討(1959年、新東宝)
  • カックン超特急(1959年、新東宝)
  • 南部騒動 姐妃のお百(1959年、新東宝)
  • 大東亜戦争と国際裁判(1959年、新東宝)
  • 影法師捕物帖(1959年、新東宝)
  • 日本ロマンス旅行(1959年、新東宝)
  • 怪談鏡ケ淵(1959年、新東宝)
  • 東海道四谷怪談 (1959年の映画)(1959年、新東宝)
  • まぼろし鷹(1959年、新東宝)
  • 人形佐七捕物帖 鮮血の血房(1959年、新東宝)
  • 復讐秘文字峠 前後篇(1959年、新東宝)
  • 雷電(1959年、新東宝)
  • 続 雷電 (1959年、新東宝)
  • 婦系図 湯島に散る花 (1959年、新東宝)
  • 太平洋戦争 謎の戦艦陸奥(1960年、新東宝)
  • 大虐殺 関東大震災と軍部(1960年、新東宝)
  • 生首奉行と鬼大名(1960年、新東宝)
  • 怪猫お玉が池(1960年、新東宝)
  • 弥次喜多珍道中 中仙道の巻(1960年、新東宝)
  • 家光と彦左と一心太助(1961年、東映
  • 大江戸喧嘩まつり(1961年、東映)
  • 葵の暴れん坊(1961年、東映)
  • 恋しぐれ 秩父の夜祭り(1961年、新東宝)
  • 「粘土のお面」より かあちゃん(1961年、新東宝)
  • 花笠ふたり若衆(1961年、東映)
  • 若き日の次郎長 東海一の若親分(1961年、東映)
  • 旗本退屈男 謎の七色御殿(1961年、東映)
  • いかすじゃねえか三度笠(1961年、東映)
  • 花のお江戸のやくざ姫(1961年、東映)
  • 朝霧街道(1961年、東映)
  • 維新の篝火(1961年、東映)
  • 反逆児(1961年、東映) - キネマ旬報ベストテン第6位
  • 無法者の虎(1961年、東映)
  • 豪快千両槍(1961年、東映)
  • 勢揃い関八州(1962年、東映)
  • 祇園の暗殺者(1962年、東映)
  • やくざ判官(1962年、東映)
  • 若き日の次郎長 東海道のつむじ風(1962年、東映)
  • 旗本退屈男 謎の珊瑚屋敷(1962年、東映)
  • 源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶(1962年、東映)
  • あの空の果てに星はまたゝく(1962年、東映)
  • 怪談三味線掘(1962年、東映)
  • 越後獅子祭り(1962年、東映)
  • お坊主天狗(1962年、東映)
  • 父よ母よ!(1980年、松竹) - キネマ旬報ベストテン第6位

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

  • スター千一夜(フジテレビ) - 1963年1月21日、夫の近藤昭仁と一緒に出演

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『幻の怪談映画を追って』(山田誠二、洋泉社)

関連書籍[編集]