時任三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ときとう さぶろう
時任 三郎
本名 時任 三郎
生年月日 1958年2月4日(56歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
民族 日本人
身長 188cm
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1980年 -
配偶者 既婚
公式サイト SUBNET.NET
主な作品
ドラマ
ふぞろいの林檎たち』シリーズ
ライスカレー
あきれた刑事
芸能社会
真夏の刑事
Dr.コトー診療所』シリーズ
花嫁とパパ
映画
海燕ジョーの奇跡
紳士同盟
ハワイアン・ドリーム
海猿』シリーズ

時任 三郎(ときとう さぶろう、1958年2月4日 - )は、日本俳優歌手東京都世田谷区出生、大阪府松原市出身。身長188cm、体重84kg。

来歴・人物[編集]

東京都世田谷区で生まれ、青森県弘前市から大阪府松原市と転々とする。

1973年大阪市立工芸高等学校・木材工芸科(現インテリアデザイン科)に入学。1976年大阪芸術大学デザイン学科入学。

その後、俳優養成所に通っていた1980年舞台ヘアー』で俳優デビュー。その頃はバンド活動も行っており、翌1981年シングル「川の流れを抱いて眠りたい」でレコードデビューする。俳優としては1983年テレビドラマふぞろいの林檎たち』で注目され、エランドール賞を受賞。以降、多くのテレビドラマや映画に出演する。1984年に「海燕ジョーの奇跡」で、1987年には「ハワイアン・ドリーム」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞する。

1988年三共が発売した栄養ドリンク「リゲイン」のCMにて、「24時間タタカエマスカ」というキャッチコピーと共に、初代CMキャラクターに起用される。最初のCMではそれほど注目されなかったものの、1989年に入り「牛若丸三郎太」というキャラクターに扮したことから人気が出始め、後にシングル化としてリリースされた『勇気のしるし』をCMで歌い、同曲は大ヒットした。

非常に子煩悩であることで知られる。1999年、3児の父である時任は、子供をのびのび育てたいと家族でニュージーランドに移住。その間、役者の仕事はほとんど入れずに、全ての時間を家族とのふれあいに使った。子供が大きくなり、子育てが一段落したことから2003年に帰国。最近では浜田省吾の楽曲『I am a father』や、aikoの楽曲『三国駅』のプロモーションビデオでも父親役を演じている。また、長年大阪に在住していたこともあり、関西出身のタレント・芸人と共演する時は関西弁で話すこともある。

俳優や歌手としての活動の傍らエッセイなども出し、2012年には稲吉紘実著の「絵のない絵本 この星が絵でうめつくされたら 朗読と音楽CD付」(フレーベル館)の朗読を行うなどの活動もある。

身長188cmと長身。医者、パイロット、教授といった憧れられる職業の役が多くて若い女性からの人気が高い。佐々木希佐藤ありさといったファンを公言している若い女性芸能人も少なくない。[1]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

その他[編集]

映画[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 川の流れを抱いて眠りたい(1981年)
    • TBS系ドラマ「虹色の森」挿入歌・デビュー曲
  • ウェディング・リバー(1981年)
  • 俺のバラード(1982年)
  • BAY SIDE STREET(1984年)
  • WALKIN’IN THE TRAIN(1985年)
  • 河を渡って木立を抜けて(1985年)
    • ポッカ「ミスターコーヒー」CMソング
  • 夢の子供(1986年)
  • CARRY ON(1987年)
  • 勇気のしるし(1989年11月)
  • 白い絵の具とオーケストラ(1991年4月)
  • RIVER(1991年)
  • 望むことがあるとすれば(1992年5月21日)
  • 君が愛を語れ(1992年6月19日)
  • ほろ苦い夜(1992年)
  • 闇夜の国から(1995年)
    • 三菱「ランサー」CMソング・井上陽水のカバー
  • PARADOX〜のんびり行こう〜(1997年2月)
  • 君の帰る場所〜Single Version〜(2007年6月20日)

アルバム[編集]

  • 遠くでBoogieが聴こえる(1981年)
  • 俺のバラード(1982年)
  • Non-Mon -Non Montage-(1984年)
  • MOVE(1985年)
  • 無垢(1986年)
  • busy days(1987年)
  • 夢眩(1988年)
  • ZERO(1991年)
  • 未来への証(1992年)
  • TOUCH(1993年)
  • SEVEN CHAIRS(1994年)
    • ベストアルバム
  • PEACE OF MIND(1996年)
  • 風来(2004年)
  • 君の帰る場所(2006年)

写真集・エッセイ[編集]

  • 写真集『俺のバラード』(1982年、サンリオ
  • 写真集『Non Montage』(1984年、河出書房
  • エッセイ集『SUBTIME』(1989年)
  • フォト&エッセイ集『0の真ん中』(1993年、主婦の友社

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]