古尾谷雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふるおや まさと
古尾谷 雅人
本名 古尾谷 康雅
ふるおや やすまさ
生年月日 1957年5月14日
没年月日 2003年3月25日(満45歳没)
出生地 日本の旗日本神奈川県川崎市中原区
死没地 日本の旗日本東京都文京区
民族 日本人
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル Vシネマテレビドラマ映画
活動期間 1977年 - 2003年
主な作品
コンプレックス・ブルー

古尾谷 雅人(ふるおや まさと、本名:古尾谷 康雅〔ふるおや やすまさ〕、1957年5月14日 - 2003年3月25日)は、日本俳優。正木ルーム(有限会社ビッグアンドエム内で設けられた芸能事務所)に所属していた。

神奈川県川崎市中原区出身。身長188cm、血液型はB型。

来歴・人物[編集]

川崎市の旧家の子として誕生するも、幼少時に両親の離婚による生母との生別、その後、父が迎えた継母との不和に苦悩した少年時代を送る。都内の高校卒業後、靴メーカーに就職した(日テレ「今夜は最高」ゲスト出演時談)が、20歳で劇団ひまわりに入団、演劇活動開始。

初期は本名古尾谷康雅名義で活動。俳優デビューは日活ロマンポルノ、特にエロス以上に社会派ミステリー的展開で絶大な評判をとった田中登監督作品への出演が多かった。

デビュー作『女教師』(1977年、監督は田中登)では主演の女教師をレイプする不良中学生役。しかし苦しむ女教師に言い寄っておきながら、空き寺の一室で別の女教師とのセックスを繰り広げる男性教師に嫉妬と義憤交じりに乱入して説教するという役を演じた。この映画で主演した女教師役の永島暎子とは、23年後TVドラマ『永遠の仔』で再び共演した。

なお、田中とは『人妻集団暴行致死事件』(1977年)、『丑三つの村』(1983年、残忍・悲惨な作品性から一般作品であるにもかかわらず、成人映画指定された)でも組んだ。この頃、にっかつ所属だった鹿沼えりと映画で共演、後に結婚している。

一般作進出は、1979年フジテレビドラマ『二人だけの儀式』だが、本格的進出は1980年の映画『ヒポクラテスたち』(監督・大森一樹)。作品・古尾谷はじめ主要キャスト全員の演技力の高さが評判となっただけでなく、本作で共演して以来、斉藤洋介内藤剛志と生涯の親友となった(斉藤洋介とは前年NHKで放映されたドラマ『男たちの旅路』第4部第3話「車輪の一歩」の障害者役でも共演している)。 さらに1983年日本テレビドラマ『若草学園物語』で主役の教師役をつとめ、その主題歌「見上げるだけの人間のようで」で歌手デビューも果たすなど、一躍脚光を浴びた。松田優作を愛し尊敬しており、松田自身からも目を掛けられていた。その他には『北の国から'87初恋』でわずか1シーンだけの出演ながら、ぶっきらぼうながら心優しいトラック運転手役を演じたり、『金田一少年の事件簿』の剣持警部役、『六番目の小夜子』では山田孝之演じる秋の父親役として出演するなど、日常性に立脚した役柄でも実績を築き、次第に名脇役と評価され始めていた。 また、『丑三つの村』で主人公を演じた際は、かなりノリノリで役に入り込み、殺戮シーンの撮影が終わって帰宅する度に家族に「今日は何人殺してきたぞ~!」と嬉々として語っていたという。

古尾谷自身は、斉藤洋介や内藤剛志と違って、ほとんどバラエティに出ないことで知られ、ドラマや映画での撮影時には常に自分に厳しく取り組んでいた。なお、過去には『笑っていいとも!』のコーナー「テレホンショッキング」では何度かゲスト出演し、1999年4月8日フジテレビ系列で放送された『たけし・さんまの有名人の集まる店』では高島礼子と共に出演、トークをしていた。さんまのトークに大笑いする姿も見られた。

2003年3月25日、東京都文京区の自宅で首吊り自殺により死去。45歳没。晩年は事務所兼自宅マンションの住宅ローンや、亡父の遺産相続をめぐって継母との民事裁判を抱えていた。

通夜・葬儀・告別式で俳優仲間の斉藤洋介は号泣し、同じく映画『ヒポクラテスたち』で共演した阿藤快は「彼はまさに役者らしい役者だったよ」と語っていた。

戒名は天鴻院漲演日雅居士。

親族[編集]

妻は女優・鹿沼絵里、息子は俳優・高藤疾土、娘はタレント・水野快令

自殺に関して[編集]

古尾谷の死後、鹿沼が語ったところによると1980年代にアイドルが主役のドラマや映画、及び1990年前後にトレンディドラマがブームになった頃、古尾谷は硬派な役柄やシリアスな役柄などにこだわり、仕事を選ぶようになった。その影響で仕事が減ってしまい、家にいることも多くなり、昼間から酒を飲む生活になった。また、過去に1億5000万円で購入した自宅マンションのローンが払えなくなり、鹿沼も外で働いて返そうとするが結果的に借金が3億円にまで膨らんだ。さらに、酒浸りの生活と仕事がないストレスからDVに及んだり、逆に鹿沼の前で「舞台で死ねたら役者として本望」「自分は必要ない人間じゃないか」と悲観的な言葉を発するようになるなど、精神的に不安定になっていったという[1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 代打屋トーゴー(1994年)
  • コンプレックス・ブルー1994年※現在絶版)
  • 特別交通機動隊 バトルチェイス (1994年)
  • 特交機PC110 (1994年)
  • 傷だらけの愛 (1995年)
  • THE HYPER DETECTIVE 噂の探偵QAZ(1996年)
  • チンピラ仁義 新・極楽とんぼ (1996年)
  • 大攻略 究極のランプ打法 (1997年)
  • 新・静かなるドン (1997年)
  • 稲川淳二の恐怖劇場 (1999年)
  • 組織暴力 流血の仁義2 (1999年)
  • 神様のい・う・と・お・り(明治生命オリジナルビデオ)
  • 呪死霊 外伝2 (2000年)
  • 男たちの墓標 事件屋稼業 (2000年)
  • 実録LB熊本刑務所 外伝 侠友よ (2002年)

バラエティ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 爆報! THE フライデー』2013年5月24日放送より