古尾谷雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふるおや まさと
古尾谷 雅人
古尾谷 雅人
本名 古尾谷 康雅
ふるおや やすまさ
生年月日 1957年5月14日
没年月日 2003年3月25日(満45歳没)
出生地 日本の旗日本神奈川県川崎市中原区
死没地 日本の旗日本東京都文京区
民族 日本人
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル Vシネマテレビドラマ映画
活動期間 1977年 - 2003年
主な作品
コンプレックス・ブルー

古尾谷 雅人(ふるおや まさと、本名:古尾谷 康雅〔ふるおや やすまさ〕、1957年5月14日 - 2003年3月25日)は、日本俳優。正木ルーム(有限会社ビッグアンドエム内で設けられた芸能事務所)に所属していた。

神奈川県川崎市中原区出身。身長188cm。

来歴・人物[編集]

川崎市の旧家の子として誕生するも、幼少時に両親の離婚による生母との生別、その後、父が迎えた継母との不和に苦悩した少年時代を送る。都内の高校卒業後、靴メーカーに就職した(日テレ「今夜は最高」ゲスト出演時談)が、20歳で劇団ひまわりに入団、演劇活動開始。

初期は本名古尾谷康雅名義で活動。俳優デビューは日活ロマンポルノ、特に社会派ミステリーや耽美的な作風で初期のロマンポルノ人気を支えた田中登監督作品に多く出演し、屈折した青年像を演じた。

デビュー作『女教師』(1977年、監督は田中登)では主演の女教師をレイプする不良中学生役。

なお、田中とは『人妻集団暴行致死事件』(1977年)、『丑三つの村』(1983年、ポルノ作品ではないが殺戮シーンなど残酷描写があることから成人映画指定。)でも組んだ。この頃、にっかつ所属だった鹿沼えりと映画で共演、後に結婚している。

一般作進出は、1979年フジテレビドラマ『二人だけの儀式』だが、本格的進出は1980年の映画『ヒポクラテスたち』(監督・大森一樹)。作品・古尾谷はじめ主要キャスト全員の演技力の高さが評判となっただけでなく、本作で共演して以来、斉藤洋介内藤剛志と生涯の親友となった(斉藤洋介とは前年NHKで放映されたドラマ『男たちの旅路』第4部第3話「車輪の一歩」の障害者役でも共演している)。 さらに1983年日本テレビドラマ『若草学園物語』で主役の教師役をつとめ、その主題歌「見上げるだけの人間のようで」で歌手デビューも果たすなど、一躍脚光を浴びた。松田優作を敬愛、尊敬しており、松田自身からも目を掛けられていた。その他には『北の国から'87初恋』でわずか1シーンだけの出演ながら、ぶっきらぼうながら心優しいトラック運転手役を演じたり、『金田一少年の事件簿』の剣持警部役、『六番目の小夜子』では山田孝之演じる秋の父親役として出演したりするなど、日常性に立脚した役柄でも実績を築き、次第に名脇役と評価され始めていた。 また、『丑三つの村』で主人公・犬丸継男を演じた時には、熱を入れて役づくりに励み、殺戮シーンの撮影が終わって帰宅する度に家族に「今日は何人殺してきたぞ~!」と嬉々として語っていたという。

古尾谷自身は、斉藤や内藤らと違い、ほとんどバラエティに出ないことで知られ、ドラマや映画での撮影時には常に自分に厳しく取り組んでいた。しかし、過去には『笑っていいとも!』のコーナー「テレホンショッキング」では数回ゲスト出演しており、1999年4月8日フジテレビ系列で放送された『たけし・さんまの有名人の集まる店』では高島礼子と共に出演、トークを繰り広げた。

2003年3月25日、東京都文京区の自宅で首つり自殺を図り死去。45歳没[1]。晩年は事務所兼自宅マンションの住宅ローンや、亡父の遺産相続をめぐって継母との民事裁判を抱えていた。

3月27日に営まれた通夜では斉藤洋介竹中直人阿藤快大杉漣ともさかりえKinKi Kids堂本剛、 TOKIO松岡昌宏、映画監督の大森一樹ら約600人が参列。映画『ヒポクラテスたち』で共演した阿藤は「ハリウッドで映画をやらせてあげたかった。無念でならない」と悔しさを訴え[2]1991年の映画『ご挨拶』で共演した桃井かおりは「大きな悩みがあったと思うけど… きっかけさえあればだれだって死ねる。でも死んじゃダメ。長生きすることが勝ちなんだと思わないと。」[3]と、沈痛な表情でインタビューに答え、突然の死を悼んだ。

戒名天鴻院漲演日雅居士

2004年3月25日、埼玉県川口市の霊園で古尾谷の一周忌法要と納骨式が営まれたが、この日に合わせて妻・鹿沼が古尾谷との生活を綴った『最期のキス』[4]を上梓している[5]。尚、本の末尾には「古尾谷の事を忘れてほしくない」との思いから《古尾谷雅人 ここに眠る》と、墓所の住所が明記されている[6][7]

自ら命を絶った経緯[編集]

古尾谷の死後、妻・鹿沼が語ったところによれば、1980年代後半、アイドルが主役のドラマや映画が主流となり、1990年に入るとバブル景気を背景にトレンディドラマがブームになる中、古尾谷はあくまで硬派な役柄やシリアスな役柄などにこだわり、仕事を選ぶようになった。またキャリアを積む中でギャランティーも上がり、起用する側も古尾谷を敬遠するようになった。その影響で仕事が減り、1日中家にいることも多くなり、昼間から酒浸りの生活になった。また収入が激減したことで、住民税や1億5000万円で購入した自宅マンションのローンなどの支払いが滞るようになり、鹿沼も「元・女優」というプライドを捨てて近所のスナックでアルバイトをしながら金策に奔走し、返済を進めたが、結果的に借金は3億円にまで膨らんだ。そうした状況下で実父の遺産相続を巡って継母との係争問題が表面化。元々洗面所でいつまでも手を洗うほどの潔癖な性質[5]に加え、こうしたさまざまな焦燥感によるストレスと昼夜逆転の荒んだ生活などから精神的に不安定な状態が顕著となり、鹿沼に対して顔面に重傷を負わせるほどのDVに及んだかと思えば、逆に突然鬱状態に陥り「舞台で死ねたら役者として本望」「自分は必要ない人間じゃないか」と悲観的な言葉を発するようになるなど不安な日々が続いていた矢先の悲劇だったという[8][9][10][11]

親族[編集]

妻は女優・鹿沼絵里、息子は俳優・高藤疾土、娘は「水野快令」の芸名でモデルとしての活動歴がある。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 代打屋トーゴー(1994年)
  • コンプレックス・ブルー1994年※現在絶版)
  • 特別交通機動隊 バトルチェイス (1994年)
  • 特交機PC110 (1994年)
  • 傷だらけの愛 (1995年)
  • THE HYPER DETECTIVE 噂の探偵QAZ(1996年)
  • チンピラ仁義 新・極楽とんぼ (1996年)
  • 大攻略 究極のランプ打法 (1997年)
  • 新・静かなるドン (1997年)
  • 稲川淳二の恐怖劇場 (1999年)
  • 組織暴力 流血の仁義2 (1999年)
  • 神様のい・う・と・お・り(明治生命オリジナルビデオ)
  • 呪死霊 外伝2 (2000年)
  • 男たちの墓標 事件屋稼業 (2000年)
  • 実録LB熊本刑務所 外伝 侠友よ (2002年)

バラエティ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “いったいなぜ? 俳優の古尾谷雅人さんが自殺”. SANSPO.COM. (2003年3月26日). オリジナル2003年4月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030417015107/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003032601.html 2014年5月26日閲覧。 
  2. ^ “古尾谷さん通夜、祭壇にあしたのジョー”. nikkansports.com. (2003年3月28日). オリジナル2003年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030405061830/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030327-0020.html 2014年5月28日閲覧。 
  3. ^ “桃井かおり「死んじゃダメ」”. nikkansports.com. (2003年3月27日). オリジナル2003年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030405062054/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030327-0018.html 2014年6月12日閲覧。 
  4. ^ 講談社刊、ISBN 978-4062123358
  5. ^ a b “古尾谷雅人夫人の壮絶な手記の中身…”. ZAKZAK. (2004年3月25日). オリジナル2004年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040422071843/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2004_03/g2004032513.html 2014年6月11日閲覧。 
  6. ^ 古尾谷雅人の墓参り”. 深見亮介のあんな事こんな事ブログ (2013年3月24日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  7. ^ 古尾谷雅人[有名人・芸能人の墓]”. ハナミズキ. 2014年6月11日閲覧。
  8. ^ 故・古尾谷雅人の妻・鹿沼絵里、「自殺の理由」語る”. 気ままに備忘録 and TIPS (2013年5月25日). 2014年5月26日閲覧。
  9. ^ “だれもが首をひねった演技派 古尾谷雅人の自殺”. 日刊ゲンダイ. (2012年12月25日). オリジナル2014年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140526012007/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/140247/1 2014年5月26日閲覧。 
  10. ^ “だれもが首をひねった演技派 古尾谷雅人の自殺 ページ2”. 日刊ゲンダイ. (2012年12月25日). オリジナル2014年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140526012007/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/140247/2 2014年5月26日閲覧。 
  11. ^ “だれもが首をひねった演技派 古尾谷雅人の自殺 ページ3”. 日刊ゲンダイ. (2012年12月25日). オリジナル2014年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140527142350/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/140247/3 2014年5月27日閲覧。 

外部リンク[編集]