藤木直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじき なおひと
藤木 直人
本名 藤木 直人
生年月日 1972年7月19日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 岡山県倉敷市
身長 180 cm
血液型 A型
職業 俳優歌手ミュージシャン
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1995年 -
配偶者 既婚
事務所 キューブ
公式サイト 藤木直人キューブ公式サイト
主な作品
映画
花より男子』『g@me.
映画 ホタルノヒカリ
テレビドラマ
あすか』『ナースのお仕事
ラブ・レボリューション
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜
初体験』『高校教師』『愛し君へ
ギャルサー』『ホタルノヒカリ
Around40〜注文の多いオンナたち〜
ラスト♡シンデレラ
バラエティ番組
おしゃれイズム

藤木 直人(ふじき なおひと、1972年7月19日 - )は、日本俳優歌手ミュージシャン

千葉県佐倉市出身[1]。所属芸能事務所は株式会社キューブ、所属レコード会社は株式会社ポニーキャニオン早稲田大学理工学部情報工学科卒業。二卵性双生児の弟。愛称は「フジッキー」。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1972年昭和47年)7月19日岡山県倉敷市にて二卵性双生児の弟として生まれ、父親の転勤に伴い、10歳までの間に神戸横浜千葉と移り住む。幼少期は、スポーツ万能で勉強もでき社交的な双子の兄に少なからずコンプレックスを持っていた。また常に周囲から兄と比べられたため、かなりの負けず嫌いという一面を持つようになり、努力家である。二卵性の双子なので、兄と顔は似ていない[2][3]座右の銘は、「継続は力なり」である[4]

千葉県立佐倉高等学校を経て、1年浪人後の1992年平成4年)、早稲田大学理工学部情報工学科に入学。高校2年の時には、「ミスター佐倉高校」全校1位に選ばれ、思いがけず選ばれたことが俳優・音楽業を目指すきっかけになる[2][5]

大学時代[編集]

大学2年に在学中、ファッション雑誌メンズノンノ』(集英社)のモデルに自薦応募した。最終審査で落選したものの、芸能事務所の目に留まり、同4年在学中の1995年(平成7年)、映画 『花より男子』(東映版)の花沢類役で俳優デビュー。そのため1年留年し、1997年(平成9年)に卒業した[2]。数理情報科学専攻に進み、卒業研究は広田良吾研究室で行った。卒業論文のテーマは「ヴォルテラ方程式について」であった。

当時聖マリアンナ医科大学に在学していたタレント西川史子は、後年「私が学生時代、早稲田にすごいカッコイイのがいると有名だった」と藤木について述べており[6]、学生時代からその端整なルックスで広く知られていた。

本格デビュー後[編集]

大学卒業後、本格的に芸能活動を開始。1999年7月7日にシングル「世界の果て〜the end of the world〜」でCDデビューした。

1998年NHK大河ドラマ徳川慶喜』で慶喜の側近・村田新三郎役に抜擢される。また同年、『GTO』の警官役で1クール連続ドラマに初めてレギュラー出演、2000年には『喪服のランデヴー』で連続ドラマ初主演を果たす。1999年度下半期のNHK連続テレビ小説あすか』、2000年のドラマ『ナースのお仕事3』と、ヒロインの相手役を演じ注目され、2001年月9ドラマラブ・レボリューション』で演じた政治記者役でブレイクした。2002年に第26回エランドール賞新人賞を受賞。2003年公開の主演映画『g@me.』で第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2004年、『愛し君へ』でフジテレビ月9枠のドラマでは初めて主演(W主演)した。病に冒される安曇俊介役を演じるに当たり、減量して役に臨んだ。

2005年4月から、日本テレビトーク番組おしゃれカンケイ』の後継番組である『おしゃれイズム』のパーソナリティを務め、番組のオープニングテーマ「spring」、「Splash!」、「Summer!!」の作曲も担当。2005年12月27日、9年の交際を経て、所属していた大学のサークルで知り合った6歳年下の一般女性と結婚した。2006年12月中旬に第1子、2010年5月に第2子が誕生。

2008年12月から上演された時代劇『冬の絵空』で初舞台を踏む。2009年4月クールの『夜光の階段』と『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』では、同クールに放送された複数の連続ドラマで主演を務め、主題歌も担当した。2007年、2010年放送のドラマ『ホタルノヒカリ』シリーズ、2012年公開の『映画 ホタルノヒカリ』で高野部長役を演じた。

人物[編集]

公称サイズは、身長180cm、体重65kg、シューズサイズ26.5cm。

ニューヨーク・ヤンキース所属のイチローの大ファン。野球に対するそのストイックな姿勢は憧れであり、オリックス・ブルーウェーブ時代からイチローの打率をチェックするのが日課となっている。フェルナンデス製作の藤木モデルのオリジナルギターには、イチローのオリックス・ブルーウェーブ、シアトル・マリナーズ時代の背番号51のロゴが入っていて、藤木にとって51はラッキーナンバーになっている[7]

事務所の後輩・いきものがかりと対談した際に、自身の短所を聞かれ「片付けができない」ことを挙げた。『ホタルノヒカリ』シリーズで演じた「きちんとしていないと気が済まない性格」の高野誠一とは、「片付けられないという点では正反対」であるという[8]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • F・I・S・H(1998年) - 主演・タカオ 役 ※初主演

舞台[編集]

  • 冬の絵空(2008年12月6日 - 2009年2月1日) - 主演・沢村宗十郎 役
  • リーディングドラマ『Re:』(アール・イー)(2012年3月20日) - 堂山参太郎 役

劇場アニメ[編集]

テレビ番組[編集]

ほか

音楽番組[編集]

ほか

ラジオ番組 [編集]

  • NEO FREAKS(1999年10月 - 2000年9月、FM横浜) - レギュラーパーソナリティ
  • NAO FREAKS(2000年1月 - 6月、Date fm) - レギュラーパーソナリティ
  • ラヴ・サウンズ・オン・ジェットストリーム・ヴェネチア・真冬の恋人たち(2001年12月18日 - 12月20日、TOKYO FMJFN) - マサル 役 ※ラジオドラマ
  • ケータイでFMを聴こう/トーキング・ブック 12月17日週『サイレントナイト』朗読(2007年12月17日 - 12月21日、民放FM53局合同)

ほか

CM[編集]

  • 資生堂「OPTUNE(オプチューン)」(1995年)
  • 「トヨタカーナビ」(1997年)
  • 霧島酒造「麦飯石」(1998年 - 1999年)
  • シャープ企業CM(1998年 - 1999年)
  • ハウス食品「カレーセレクト」(1999年)
  • メナード「薬用ビューネ」(1999年 - 2001年)
  • 「ザク・ドット・コム」(2000年 - 2001年)
  • ラッフルズ「YAK・PAK ヤックパック」(2001年)
  • 参天製薬「サンテFXネオ」(2001年 - 2003年)
  • シムリー「iMAGE COLLECTION」(2002年 - 2003年)
  • アキレス「ecco」(2002年 - 2003年)
  • Nikonデジタルカメラ「COOLPIX2500」「COOLPIX2000」「COOLPIX4300」(2002年 - 2003年)
  • ロッテキシリトール・ホワイティストガム」「クールミントガム」(2002年 - 2003年)
  • サントリー新発泡酒「炭濾過 純生」(2002年 - 2003年)
  • BBテクノロジー「Broad Band Phone」(2002年 - 2003年)
  • ロッテ「CUO」(2003年 - 2004年)
  • WOWOW企業CM(2004年)
  • ハウス食品「ウコンの力」(2011年 - 2012年) 

音楽[編集]

高校時代にBOØWY布袋寅泰に憧れてギターを始める。高校2年の時、初めて手にしたギターはANTHEM福田洋也モデルだった。高校3年でバンド活動を経験し、その頃にExtremeMr.Bigなどのハードロックを聴くようになる。布袋寅康以外に好きなギタリストはヌーノ・ベッテンコートレブ・ビーチ

初期の作品1stシングルから4thシングルまでと1stアルバムは、寺岡呼人がプロデュース、2ndアルバムからミニアルバム『夏歌ウ者ハ冬泣ク』までは、シライシ紗トリがプロデュース、5thアルバムからは、井手コウジら、新たなプロデューサーも参加して楽曲制作が行われている。自身も作詞、作曲、プロデュースを手がけ、6thアルバム以降は楽曲制作により深く携わっている。

ライブではギターだけでなく、ピアノやトランペットを演奏することもある。また、ダンサーと共にダンスを披露することもある。ライブツアーver6.0から、自らツアーのプロデュースを手がけている。

CDデビューに先立って、1999年6月3日、業界関係者へのお披露目でもあるコンベンションライブが新宿ロフト(ライブハウス)で行われた。プロ初ライブは、同年10月24日前橋工科大学の学園祭ライブである。初のライブツアーver0.0は、2000年2月21日大阪心斎橋ミューズホール(ライブハウス)からスタート、その頃は持ち歌が少なく、寺岡呼人の曲をカバーさせてもらったり、まだリリースしていない自作曲を演奏していた[14]。ホールツアーは、2001年のライブツアーver3.0から始まる。2009年7月7日にCDデビュー10周年を迎え、この年、10周年の記念であり、10年ひと区切りの集大成ともなる10回目のライブツアーver9.0を行った。このツアー中、6月26日広島アステールプラザでの公演が、ライブツアーを始めてから通算200回目の公演となる(学園祭ライブ23公演やライブイベントは含まれていない)。2009年9月12日には、幕張メッセイベントホールで開催された音楽雑誌『PATi PATi』(ソニー・マガジンズ)の創刊25周年記念ライブイベントに出演した。

サポートメンバー

  • バックバンド・Nothingのメンバーは、ベース・古谷圭介(ケイスケ)、ギター・辻隆(つじっち)、ドラム・雑賀泰行(さいちゃん)、キーボード・岸田修治(キッシー)。
  • ライブツアーver5.0より ライブ構成にホーンセクションがオキアミホーンズとして加わる。トランペット・丸木英治、トロンボーン・鈴木“大納言”健一、サックス・北守一生。
  • ライブツアーver5.1よりサックスは北守一生に変わり上杉雄一が受け持つ。この野外ライブからダンサーも起用。ダンサーは岡口貴志、U-SAKU(電撃チョモランマ隊)。
  • ダンサーは後のライブツアーver6.0から、長谷川達也(DAZZLE)が起用され、ダンスユニット・calamariとして参加。calamariは2人ユニットであるが、実際には3人いる。
  • ライブツアーver7.0からはNothingに変わり、ギター・円山天使(円ちゃん)、キーボード・坂和也(坂さん)、ドラム・原治武(ジブ君)、ベース・安達貴史(ダッチ)らがライブのサポートメンバーとして参加している[15]
  • ライブツアーver10.0からは、ベースとドラムのメンバーが変更、ベース・古谷圭介(ケイスケ) 、ドラム・張替智広(ハリ君)に変わった。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 世界の果て〜the end of the world〜(1999年7月7日)
    テレビ朝日系『ウィークエンドライブ 週刊地球TV』エンディングテーマ
    霧島酒造「麦飯石」CMソング
  2. 虹〜waiting for the rainbow〜(1999年11月17日)
  3. パーフェクトワールド(2000年7月19日)
    朝日放送『第82回全国高校野球選手権大会中継』オープニングテーマ
  4. コズミックライダー(2000年11月1日)
  5. 2 HEARTS(2001年4月18日)
    NHK BS2BEAT MOTION』エンディングテーマ
  6. anon(2001年8月1日)
  7. パズル(2001年11月21日)
    フジテレビ系ドラマ『プラトニック・セックス 20歳の純愛編』挿入歌
    フジテレビ系『金曜エンタテイメント』エンディングテーマ
  8. Wonderful Days(2002年2月20日)
    「Wonderful Days」 フジテレビ系『ソルトレーク2002』エンディングテーマ
    「NECESSARY」(c/w) ロッテ「キシリトール・ホワイティストガム」CMソング
  9. So Long.../涙のいろ〜Media Mix〜(2002年9月4日)
    「So Long...」 ロッテ「クールミントガム」CMソング
    「涙のいろ〜Media Mix〜」 TBS系ドラマ『こちら本池上署』(第1シリーズ)主題歌
    「Sweet」(c/w) シムリー「iMAGE COLLECTION」イメージソング
  10. 天使ノ虹(2003年2月19日)
  11. Flower(2003年11月19日)
    ロッテ「CUO」CMソング
  12. シュクメイ(2004年12月1日)
    WOWOWドラマ『宿命』主題歌
  13. HEY! FRIENDS(2006年5月17日)
    日本テレビ系ドラマ『ギャルサー』主題歌
  14. Tuning Note(2007年10月10日)
    日本テレビ系ドラマ『ハリ系』主題歌
  15. CRIME OF LOVE/いいんだぜ〜君がいてくれれば〜(2009年5月13日)
    初回盤「CRIME OF LOVE」PV収録DVD付/通常盤「everything」収録
    「CRIME OF LOVE」 テレビ朝日系ドラマ『夜光の階段』主題歌
    「いいんだぜ〜君がいてくれれば〜」 日本テレビ系ドラマ『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』(Season1、Season2)主題歌

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  1. BUMP!(2000年12月6日)
    「陽のあたる場所」 テレビ朝日系『人気者でいこう!』エンディングテーマ
  2. WARP(2002年3月20日)
    初回盤「Wonderful Days」PV(MAKING VERSION)収録DVD付
  3. 03(2003年3月5日)
    初回盤「天使ノ虹」PV収録DVD付
  4. 夏歌ウ者ハ冬泣ク(ミニアルバム)(2004年7月28日)
    CD-EXTRA仕様「サンクフル☆エブリナイ」PV収録
  5. COLORMAN(2004年12月8日)
    初回盤「シュクメイ」PV収録DVD付
  6. LIFE GOES ON!(2006年7月19日)
    初回盤「HEY! FRIENDS」PV収録DVD付
    「spring」 日本テレビ系『おしゃれイズム』オープニングテーマ(2005年4月 - 2008年3月)
    「thanks」 日本テレビ系『おしゃれイズム』BGM
  7. Reverse(2007年10月24日)
    初回盤「Tuning Note」PV収録DVD付
    「Splash!」 日本テレビ系『おしゃれイズム』オープニングテーマ(2008年4月 - 2012年3月)
  8. ∞ Octave(2009年6月10日) ※CDデビュー10周年記念アルバム
  9. -forty-(ミニアルバム)(2012年7月4日)
    一般発売盤『-forty-』スペシャル映像収録DVD付
    「Summer!!」 日本テレビ系『おしゃれイズム』オープニングテーマ(2012年4月 - )

その他のアルバム[編集]

  • HISTORY of NAOHITO FUJIKI 10TH ANNIVERSARY BOX(ベストアルバム限定盤)(2009年7月15日)
  • HISTORY of NAOHITO FUJIKI Standard Edition(ベストアルバム通常盤)(2009年10月21日)

DVD[編集]

  1. nao-hit TV ver1.0(VHS & DVD)(2001年1月10日)
  2. 別冊 nao-hit TV 〜2001 limited〜(VHS & DVD)(2001年11月21日)
  3. NAO-HIT TV LIVE TOUR ver4.0 〜吉他小子的動作喜劇電影和演唱曾〜(VHS & DVD)(2002年9月4日)
  4. NAO-HIT TV Live Tour ver4.0 Complete Box(VHS & DVD)(2002年12月18日)
  5. NAO-HIT TV LIVE TOUR ver5.0 〜今年こそっ!?大漁でSHOW!!〜(VHS & DVD)(2003年11月19日)
  6. NAO-HIT TV MAKING OF LIVE TOUR ver5.0 今年こそっ!?大漁でSHOW!!(VHS & DVD)(2003年12月17日)
  7. 夏歌冬泣 〜NAO-HIT TV LIVE TOUR ver5.1〜(2004年12月15日)
  8. まっしろいカンバス 〜NAO-HIT TV LIVE TOUR ver6.0〜(2005年3月16日)
  9. まっしろいカンバスSE〜NAO-HIT TV LIVE TOUR ver6.0 Special Edition〜(2005年5月18日)
  10. F△7-VISUAL COLLECTION-(2006年3月8日)
  11. NAO-HIT TV Live Tour ver7.0〜KNOCKIN' ON SEVENTH DOOR〜FINAL IN 武道館(2007年1月17日)
  12. NAO-HIT TV Live Tour ver8.0 〜LIVE US! TOUR〜 2007.12.6 日本武道館(2008年3月5日)
  13. NAO-HIT TV Live Tour ver9.0〜10 Count Tour〜(2009年10月21日) ※2009年7月19日東京国際フォーラムホールA(東京公演)収録
  14. NAO-HIT TV Live Tour ver10.0〜不惑 IN ROCK 'N' ROLL!!〜(DVD & blue-ray)(2013年5月)

ライブ[編集]

  • Naohito Fujiki Live Tour ver0.0 〜Guitar kids night 2000〜(2000年2月21日 - 3月30日、5ヶ所・5公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver1.0 〜ギターを抱いた渡り鳥〜(2000年9月9日 - 10月1日、12ヶ所・12公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver2.0 〜Hop!Step!BUMP!渡り鳥越冬編!!〜(2000年12月16日 - 2001年2月17日、19ヶ所・23公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver3.0 〜日本の夏!渡り鳥の夏!緊張?の夏!!〜(2001年7月4日 - 8月2日、14ヶ所・15公演) ※初ホールツアー
  • Naohito Fujiki Live Tour ver4.0 〜吉他小子的動作喜劇電影和演唱曾〜(2002年3月31日 - 6月14日、31ヶ所・35公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver5.0 〜今年こそっ!?大漁でSHOW!!〜(2003年4月4日 - 7月20日、37ヶ所・42公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver5.1 〜夏歌ウ者ハ冬泣ク〜(2004年8月7日 - 8月21日、2ヶ所・2公演) ※野外ライブ[16]
  • Naohito Fujiki Live Tour ver6.0 〜まっしろいカンバス〜(2004年11月18日 - 2005年2月2日、26ヶ所・28公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver7.0 〜KNOCKIN' ON SEVENTH DOOR〜(2006年7月24日 - 10月4日、13ヶ所・15公演) ※初日本武道館ライブ(ファイナル)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver8.0 〜LIVE US! TOUR〜(2007年10月26日 - 12月6日、15ヶ所・16公演)
  • Naohito Fujiki Live Tour ver9.0 〜10 COUNT TOUR〜(2009年6月12日 - 7月19日、10月12日 - 10月13日、14ヶ所・17公演※CDデビュー10周年記念ライブツアー
  • Naohito Fujiki Live Tour ver10.0 〜不惑 IN ROCK'N'ROLL!!〜(2012年7月19日 - 9月2日、7ヶ所・8公演)

出版物[編集]

書籍[編集]

  • アーティストブック『NF』(2001年5月17日、ソニー・マガジンズ)
  • アーティストブック『Growth』(2002年3月29日、ソニー・マガジンズ)
  • ドキュメントブック『RIGHT TIME RIGHT PLACE』(2003年9月25日、ソニー・マガジンズ)
  • ドキュメントブック『JICON』(2005年3月30日、ソニー・マガジンズ)
  • フォトブック『HOW WE DO』(2006年12月25日、ソニー・マガジンズ)
  • 写真集『F-LIBRO』(2012年7月19日、エムオン・エンタテインメント

連載[編集]

  • PATi PATi 「nao0719@diary」(全51回)(2000年4月9日 - 2004年9月9日、ソニー・マガジンズ)
  • WHAT's IN? 「藤木な御人」(全10回)(2001年10月14日 - 2002年7月14日、ソニー・マガジンズ)
  • WHAT's IN? 「JONF 0719 FUJIKKIE.com」(全7回)(2002年9月14日 - 2003年3月14日、ソニー・マガジンズ)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡山県倉敷市に生まれ5歳まで過ごすが、10歳から大学卒業まで過ごした千葉県佐倉市を出身地としている。
  2. ^ a b c 『NF』(2001年5月17日、ソニー・マガジンズ)参考。
  3. ^ JJ』2006年11月号(光文社)インタビュー記事参考。
  4. ^ 『BOAO』2005年9月号(マガジンハウス)インタビュー記事参考。
  5. ^ 『LOOK at STAR!』2008年11月号(学習研究社)インタビュー記事参考。
  6. ^ 西川史子がゲスト出演した2006年4月30日放送『おしゃれイズム』より。
  7. ^ 『スポルティーバ』2008年12月号(集英社)の特集記事「We Love ICHIRO2008」インタビュー記事参考。
  8. ^ 2011年1月21日放送の音楽番組僕らの音楽 -OUR MUSIC-』より。
  9. ^ 東映版『花より男子』に花沢類役で、東宝版『花より男子F』に鏑木和役で、ただ1人実写映画版2作品に出演している。
  10. ^ 映画『HUNTER×HUNTER』に藤木直人が声優初挑戦、"幻影旅団"元メンバー役に”. マイコミジャーナル. 2012年11月28日閲覧。
  11. ^ スペインアンダルシア地方を訪ね、パートナーの馬タンボリルと共に馬祭りの競技会に出場した。
  12. ^ 再来日直前のオーストラリア・キャストへのインタビューを交えて、WWRYの魅力、リハーサル風景などをオーストラリアシドニーからリポート。
  13. ^ 物造りの工程が好きで今を形に残したいということから、山梨県のワイナリーにてワインをブレンド、樽詰めの作業をした。
  14. ^ 『ロックンロール・ニューズメーカー』2004年7月号(ぴあ)インタビュー記事参考。
  15. ^ ライブのサポートメンバーは、2005年秋の学園祭ライブ(金城学院大学奈良女子大学福岡女子大学、2005年10月21日 - 11月12日)から新メンバー。
  16. ^ ライブツアーver5.1は、兵庫県立播磨中央公園と山梨県・富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催された野外ライブ。音楽雑誌『ロックンロール・ニューズメーカー』2004年7月号(ぴあ)のインタビュー記事で、「ver5.1なのは?」という質問に対し「パソコン世代なので、マイナーチェンジする時は小数点以下を動かしたかった」と答え、数字へのこだわりを見せている。
  17. ^ 受賞理由は、2007年『ホタルノヒカリ』(日本テレビ)で演じたぶちょお(高野部長)の笑顔である。

外部リンク[編集]