標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
座右の銘から転送)
移動: 案内検索
小学校の標語の一例

標語(ひょうご)とは、ある集団行動判断における基準規範指針理念を、簡潔に表した文章言葉である。

組織・集団の日常の行動指針を表すモットースローガンもこれの一種とされるため、本稿ではそれについても詳述する。特に宣伝的な標語はスローガンと呼ばれる。日本で「標語」という場合、これら以外に交通ルール社会運動において、耳に入りやすいかけ声的な短文を指すことも多い。口調がよいように俳句同様に五七五の型を取るものも多い。また、学校等に標語の募集を呼びかける活動もよくある。

モットー[編集]

モットー: motto)とは、社会集団や組織の日常の行動指針を表すことがらや、それを表した言葉のこと。目標として掲げる言葉、信条。

紋章においては、スクロールなどに記される銘文のことを指す。西ヨーロッパでは伝統的にはラテン語で表記されている場合が多い。ギリシャ語主体の東方正統教会の影響が強い東ヨーロッパは別。

スローガン[編集]

スローガン(英: slogan)とは、企業や団体の理念や、運動の目的を、簡潔に言い表した覚えやすい句・標語・モットーのこと。

座右の銘[編集]

座右の銘(ざゆうのめい)とは、行動の戒めとするために日常的に心に留めておくための言葉。『文選』に収められた後漢の崔瑗(崔子玉)による文章「座右銘」に由来する[1][2]

有名な標語・ジョーク[編集]

  • 安全第一(Safety First)
  • 押さない、駆けない、喋らない
  • 飲んだら乗るな、乗るなら飲むな
  • ドラッグやめますか、人間やめますか
  • 注意一秒、ケガ一生
  • 赤信号、みんなで渡れば恐くない・青信号、一人で渡れば恐ろしい(ビートたけし
  • 宇宙船地球号
  • 聖域なき構造改革
  • 美しい国へ
  • 友愛社会
  • 欲しがりません、勝つまでは
  • ぜいたくは敵ぞ
  • この土手に 登るべからず 警察署
  • 小さな親切、大きなお世話
  • 好きな物食べて、死ぬ
  • パーマネントはやめませう
  • 祝ひ終わつた。さあ働かう。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]