檀ふみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
だん ふみ
檀 ふみ
本名 同じ
生年月日 1954年6月5日(59歳)
出生地 東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
身長 170cm
血液型 A型
職業 女優声優司会者
エッセイスト
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1973年 -
家族 檀一雄(父)・檀太郎(兄)・妹
主な作品
映画
青春の蹉跌』/『あいつと私
男はつらいよ 寅次郎純情詩集
火宅の人
テレビドラマ
日本の面影
クイズ・教養番組
連想ゲーム』/『新日曜美術館

檀 ふみ(だん ふみ、1954年6月5日 – )は、日本女優声優司会者エッセイスト東京都練馬区出身。身長170cm、血液型A型。父は作家の檀一雄。兄はエッセイストの檀太郎、父方の叔父に東映代表取締役会長高岩淡がいる。

来歴・人物[編集]

初の芸能活動は、カナダへ1か月間の高校生レポーターとしてであった。叔父・高岩が当時映画撮影所長で、父と映画プロデューサーの俊藤浩滋に半ば騙され撮影所に連れられ、嫌々衣裳あわせをしていたが、主演する高倉健と会い、その格好良さに惹かれて出演することにしたというのが、映画デビューのきっかけであった。

東京学芸大学附属大泉中学校東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)から駿台予備学校で一浪して、父の母校東京大学を目指すも果たせず、慶應義塾大学経済学部に進学する。在学中、1学年上の遠藤龍之介遠藤周作の一人息子。現・フジテレビ取締役)に、周作への葉書の追伸として「もしお暇でほんとによろしかったら、お声をかけてくれれば、どこへでもついていきます」と書き送ったが、龍之介からは何の返事もなかったという[1]

男はつらいよ 寅次郎純情詩集』、『青春の蹉跌』や青春映画では、清新な演技でも注目された。1994年『わが愛の譜・滝廉太郎物語』で第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞した。他にもNHKの『連想ゲーム』の名解答者としても親しまれた。本人が最も気に入り、代表作とも言われるのは『日本の面影』の小泉セツ役である。

父・一雄の影響で、自らも料理、食事に関するエッセイを執筆しており、1999年には親友(大学の先輩で作家の娘というつながりがある)阿川佐和子との共著『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞を受賞している。

晩年の父の代表作『火宅の人』は口述筆記されたものであり、その姿はNHK特集『作家檀一雄の最期』やドキュメンタリー『むかし男ありけり』 (1984年RKB毎日放送) に収録されているが、父の最期の姿を思い出すのが辛く、結末は何年も読まなかった。初めて読んだのは、同じくNHKの旅番組で父の足跡を辿って、ポルトガルを訪問した日の夜、ホテルの一室であった。1986年に制作された映画版では、主人公である桂一雄の母親役を特別出演で演じている(檀本人にとっては祖母に当たる役)。

自称「野坂昭如を守る会」の会長[2]

衆議院議員古賀一成とは遠縁にあたる。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

バラエティ[編集]

教養番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

共著[編集]

阿川佐和子との共著

  • ああ言えばこう食う(1998年、集英社
  • ああ言えばこう嫁行く(2000年、集英社)
  • 太ったんでないのッ!?(2003年、世界文化社)
  • けっこん・せんか(2004年、文藝春秋
  • アガワとダンの幸せになるためのワイン修業 カジュアルワイン編(2005年、幻冬舎)
  • アガワとダンの幸せになるためのワイン修業 ゴージャスワイン編(2005年、幻冬舎)

その他

  • いまだから書ける父母への手紙(2001年、新潮社)
    • 北杜夫・著、所ジョージ・著、瀬戸内寂聴・著 他
  • サンティアゴ巡礼の道(2002年、新潮社)
    • 五十嵐見鳥・著、池田宗弘・著
  • バナナは皮を食う 暮しの手帖 昭和の「食」ベストエッセイ集(2008年、暮しの手帖社
    • 檀ふみ・選

脚注[編集]

  1. ^ 『北杜夫マンボウぱじゃま対談 美女かいぼう編』p.38(集英社、1978年)
  2. ^ NHK『私の1冊 日本の100冊』 檀ふみさんの私の1冊「火垂るの墓」野坂昭如

関連項目[編集]

外部リンク[編集]