檀れい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
だん れい
檀 れい
本名 及川 まゆみ
山崎 まゆみ(旧姓)[1]
生年月日 1971年8月4日(43歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県
民族 日本人
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇舞台テレビドラマ映画CM
活動期間 1992年 -
活動内容 1992年宝塚歌劇団入団
1993年:月組に配属
1997年:雪組に異動
1999年:月組トップ娘役就任
2001年:専科に異動
2003年:星組トップ娘役就任
2005年:宝塚歌劇団退団、以降多方面で活躍
2011年:歌手・俳優の及川光博と結婚
配偶者 及川光博(2011年 - )
事務所 松竹エンタテインメント
公式サイト 松竹・檀れいプロフィール
主な作品
宝塚歌劇

2000年『ゼンダ城の虜
2002年『風と共に去りぬ
2003年『王家に捧ぐ歌

2004年『花舞う長安

ドラマ
2007年『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜
2010年『八日目の蝉

2011年『美しい隣人

映画
2006年『武士の一分

2008年『母べえ

舞台
2008年『細雪

檀 れい(だん れい、1971年8月4日 – )は、日本の女優タレントで、元宝塚歌劇団月組星組トップ娘役である。本名、及川 まゆみ(おいかわ まゆみ)。旧姓、山崎[1]愛称だんきちだんちゃんまゆみだん(宝塚歌劇団時代)、タン・リー(中国公演時)。

松竹エンタテインメント所属。芸名は自身の本名である「まゆみ」にちなんでおり、同音の樹木・檀(マユミ)に由来している。夫は歌手俳優及川光博

来歴・人物

兵庫県浜坂町(現在の新温泉町)に生まれる。幼稚園時代に学芸会で褒められたことがきっかけで、高校時代にファッション雑誌読者モデルを経験するなど、人前に立つ仕事に興味を持つようになる。兵庫県立浜坂高等学校を卒業。

1990年宝塚音楽学校入学。1992年第78期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は40番(最下位)。雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏む。

1993年に月組に配属後、1997年雪組に異動。それまで大きな役が付くことはなかったが、1998年浅茅が宿』新人公演最後となる入団7年目で初めてヒロインに抜擢され、翌年より真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。2度の中国公演に参加し「楊貴妃の再来[2]」という最大の賛辞が送られた。北京語でのソロも披露した。

2001年の真琴退団後は専科へ異動となり、外部出演等を経て、2003年には湖月わたるの相手役として、星組トップ娘役に就任。『王家に捧ぐ歌』のアムネリス、『花舞う長安』の楊貴妃などが当たり役となった。2005年、『長崎しぐれ坂』をもって退団した。

退団後は女優として新たなキャリアをスタート。2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビューを果たす。日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。

2009年6月9日より舞台『ゼブラ』に4姉妹の次女役として出演予定だったが、鉄欠乏性貧血のため降板することとなった。

2010年3月30日より、NHKで放送された『八日目の蝉』で、ドラマ初主演を務めた[3]

2011年7月27日、歌手・俳優の及川光博と結婚した[4]

2012年宝塚歌劇団退団後初めてCDアルバムに参加した。参加したのは、遊佐未森のアルバム『淡雪[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

組回り

  • 1992年6月4日 - 6月28日、東京宝塚劇場花組公演『白扇花集 / スパルタカス』
  • 1992年12月1日 - 12月25日、東京宝塚劇場花組公演『心の旅路 / ファンシー・タッチ』

月組時代

  • 1993年4月2日 - 5月10日、宝塚大劇場公演『グランドホテル/BROADWAY BOYS』
  • 1993年7月2日 - 7月31日、東京宝塚劇場公演『グランドホテル/BROADWAY BOYS』
  • 1993年9月17日 - 10月25日、宝塚大劇場公演『花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』
  • 1994年1月1日 - 2月7日、宝塚大劇場公演『風と共に去りぬ -バトラー編-』
  • 1994年4月4日 - 4月27日、東京宝塚劇場公演『風と共に去りぬ -バトラー編-』
  • 1994年6月24日 - 8月8日、宝塚大劇場公演『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』
  • 1994年11月2日 - 11月27日、東京宝塚劇場公演『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』
  • 1995年2月17日 - 3月27日、宝塚大劇場公演『ハードボイルド エッグ / EXOTICA!』(阪神・淡路大震災のため公演中止)
  • 1995年4月22日 - 5月6日、宝塚バウホール公演『結末のかなた』
  • 1995年5月25日 - 6月3日、日本青年館大ホール公演『結末のかなた』
  • 1995年8月11日 - 9月25日、宝塚大劇場公演『ME AND MY GIRL
  • 1995年10月14日 - 10月29日、宝塚バウホール公演『ある日どこかで -SOMEWHERE IN TIME-』
  • 1995年11月2日 - 11月9日、日本青年館大ホール公演『ある日どこかで -SOMEWHERE IN TIME-』
  • 1995年12月1日 - 12月26日、東京宝塚劇場公演『ME AND MY GIRL』
  • 1996年1月21日 - 2月5日、宝塚バウホール公演『訪問者』
  • 1996年2月9日 - 2月13日、日本青年館大ホール公演『訪問者』
  • 1996年3月29日 - 5月6日、宝塚大劇場公演『CAN-CAN/マンハッタン不夜城』- 花売りの娘 新人公演・ミミ(本役:夏妃真美
  • 1996年6月7日 - 6月9日、愛知厚生年金会館公演『結末のかなた』
  • 1996年7月4日 - 7月30日、東京宝塚劇場公演『CAN-CAN/マンハッタン不夜城』- 花売りの娘 新人公演・ミミ(本役:夏妃真美)
  • 1996年8月7日 - 8月14日、日本青年館大ホール公演『銀ちゃんの恋』 - 玉美
  • 1996年9月20日 - 11月4日、宝塚大劇場公演『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-/プレスティージュ』新人公演・カテリーナ・スフォルツァ(本役:夏河ゆら
  • 1996年12月20日 - 1997年2月2日、宝塚大劇場公演『バロンの末裔/グランド・ベル・フォリー』新人公演・シャーロット(トーマスの秘書)(本役:夏河ゆら)
  • 1997年2月26日 - 2月27日、 ホテル阪急インターナショナル 真琴つばさディナーショー『加夢音 Come on』
  • 1997年3月4日 - 3月5日、 東京パレスホテル 真琴つばさディナーショー『加夢音 Come on』
  • 1997年4月4日 - 4月30日、東京宝塚劇場公演『バロンの末裔/グランド・ベル・フォリー』新人公演・シャーロット(トーマスの秘書)(本役:夏河ゆら)
  • 1997年6月27日 - 8月4日、宝塚大劇場公演『EL DORADO』 - モルギアーナ 新人公演・スルマ(ワルパの妻)(本役:鈴奈美央)
  • 1997年8月23日 - 9月7日、宝塚バウホール公演『FAKE LOVE』 - シモーネ
  • 1997年9月11日 - 9月17日、日本青年館大ホール公演『FAKE LOVE』 - 同上
  • 1997年9月21日 - 9月23日、愛知厚生年金会館公演『FAKE LOVE』 - 同上

雪組時代

  • 1997年12月19日 - 1998年2月1日、宝塚大劇場公演『春櫻賦/Let's Jazz 踊る五線譜』-夕顔 新人公演・真銭金(本役:五峰亜季
  • 1998年2月28日 - 3月8日、宝塚バウホール公演『ICARUS』 - クレア・ボーン
  • 1998年4月3日 - 4月30日、TAKARAZUKA1000days劇場公演『春櫻賦/Let's Jazz 踊る五線譜』-夕顔 新人公演・真銭金(本役:五峰亜季)
  • 1998年5月30日 - 6月21日、全国ツアー『風と共に去りぬ』 - メラニー・ウィルクス
  • 1998年8月7日 - 9月14日、宝塚大劇場公演『浅茅が宿/ラヴィール』新人公演・宮木/眞女児(本役:月影瞳*新人公演初ヒロイン
  • 1998年11月28日 - 12月16日、TAKARAZUKA1000days劇場公演『浅茅が宿/ラヴィール』新人公演・宮木/眞女児(本役:月影瞳)

月組トップ娘役時代

  • 1999年3月18日 - 4月14日、全国ツアー『うたかたの恋/ミリオン・ドリームズ』- マリー・ヴェッツェラ
  • 1999年5月14日 - 6月21日、 宝塚大劇場公演『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ』- アデル/ルシル(芝居・二役)、エストレーラ(ショー)
  • 1999年5月28日 - 5月29日、TAKARAZUKA1000days劇場 ’99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年7月14日 - 7月15日、 ホテル阪急インターナショナル 真琴つばさディナーショー『WHO? What. Why!』
  • 1999年8月20日 - 9月27日、 TAKARAZUKA1000days劇場公演『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ』 - 同上
  • 1999年10月28日 - 11月9日、中国公演『夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ』
  • 1999年11月27日 - 12月19日、全国ツアー『うたかたの恋/ブラボー!タカラヅカ』- マリー・ヴェッツェラ
  • 1999年12月23日 - 12月25日、宝塚大劇場『レビュースペシャル'99』
  • 2000年2月19日 - 4月3日、宝塚大劇場公演『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE -月明かりの赤い花-』 - アイリーン
  • 2000年5月12日 - 6月26日、TAKARAZUKA1000days劇場公演『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE -月明かりの赤い花-』 - 同上
  • 2000年8月1日 - 8月21日、博多座公演『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE 月明かりの赤い花』 - 同上
  • 2000年9月1日 - 9月2日、宝塚大劇場TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年9月26日 - 11月6日、宝塚大劇場公演『ゼンダ城の虜/Jazz Mania -ジャズ・マニア-』 - フラビア姫
  • 2000年12月13日、TAKARAZUKA1000days劇場『アデュー・TAKARAZUKA1000days劇場』
  • 2001年1月1日 - 2月12日、東京宝塚劇場公演『いますみれ花咲く/愛のソナタ』 - ゾフィ
  • 2001年5月18日 - 7月2日、宝塚大劇場公演『愛のソナタ/ESP!』 - 同上
  • 2001年6月1日 - 6月2日、宝塚大劇場TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』

専科時代

  • 2001年9月1日 - 10月28日、芸術座『極楽町一丁目〜嫁姑地獄編〜』(外部出演)
  • 2002年4月6日 - 4月16日、日生劇場公演『風と共に去りぬ』 - メラニー(専科・雪組合同公演)
  • 2002年4月18日 - 4月29日、日生劇場公演『風と共に去りぬ』 - メラニー(専科・花組合同公演)
  • 2002年6月6日 - 6月7日、東京宝塚劇場TCAスペシャル2002『DREAM』
  • 2002年9月13日 - 10月2日、中国公演『蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』 - 霧音(星組公演に特別出演)

星組トップ娘役時代

  • 2003年4月25日 - 5月18日、全国ツアー『蝶・恋/サザンクロス・レビューIII』 - 霧音
  • 2003年6月5日 - 6月6日 、日本青年館大ホールTCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター ―宝塚大劇場10周年の軌跡―』
  • 2003年7月11日 - 8月18日、宝塚大劇場公演『王家に捧ぐ歌』 - アムネリス
  • 2003年9月19日 - 11月3日、東京宝塚劇場公演『王家に捧ぐ歌』 - 同上
  • 2003年12月19日 - 12月30日、シアター・ドラマシティ公演『永遠の祈り-革命に消えたルイ17世-』 - アンヌ
  • 2004年1月8日 - 1月11日、宝塚大劇場花組公演『アプローズ・タカラヅカ!―ゴールデン90―』 - 特別出演
  • 2004年2月20日 - 3月28日、宝塚大劇場公演『1914/愛/タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアン・ナイト-』 - アデル
  • 2004年5月7日 - 6月6日、東京宝塚劇場公演『1914/愛/タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアン・ナイト-』 - 同上
  • 2004年7月13日 、日本青年館大ホールTCAスペシャル2004『タカラヅカ90―100年への道―』
  • 2004年8月1日 - 8月23日、博多座公演『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04』 - 楊貴妃
  • 2004年10月1日 - 11月8日、宝塚大劇場公演『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04』 - 同上
  • 2004年11月26日 - 12月26日、東京宝塚劇場公演『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04』 - 同上
  • 2005年2月2日 - 2月24日、中日劇場公演『王家に捧ぐ歌』 - アムネリス
  • 2005年3月24日 - 3月25日、宝塚ホテル - ミュージックサロン『DAN-ke schön!』
  • 2005年3月27日 - 3月28日、東京パレスホテル - ミュージックサロン『DAN-ke schön!』
  • 2005年4月29日 - 4月30日、日本青年館大ホールTCAスペシャル2005『ビューティフル・メロディー ビューティフル・ロマンス』
  • 2005年5月13日 - 6月30日、宝塚大劇場公演『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!』 - おしま
  • 2005年7月8日 - 8月14日、東京宝塚劇場公演『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!』 - 同上 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動

舞台

  • 2005年10月29日、大阪公演『夜叉が池』(梅田芸術劇場メインホール ) - 百合 役
  • 2005年10月31日、東京公演『夜叉が池』(Bunkamuraオーチャードホール) - 同上
  • 2006年4月30日、華やぐ男達の舞 舞踊詩劇『智恵子抄』 (北上市文化交流センターさくらホール)
  • 2008年6月5日 - 6月30日、『細雪』 (帝国劇場) - 三女・雪子 役
  • 2008年7月30日、『LOVE LETTERS』 (ル・テアトル銀座
  • 2009年6月、『ゼブラ』 (シアタークリエ)*鉄欠乏性貧血により降板。
  • 2009年9月1日-25日、『細雪』 (御園座) - 三女・雪子 役
  • 2009年9月30日 - 11月4日、『細雪』 (全国巡業) - 三女・雪子 役
  • 2010年9月11日、『第二十回記念・千舟会』蝶の道行 (国立劇場・大劇場)
  • 2012年9月28日 - 10月21日、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』 (東京・赤坂ACTシアター)- 亀遊 役
  • 2013年4月1日、CBGK Premium Stage 『リーディングドラマ「Re:」 Session3』 (CBGKシブゲキ!!
  • 2013年11月1日 - 11月25日、『さらば八月の大地』 (新橋演舞場)- 陳美雨 役

映画

ドラマ

テレビ番組

  • にっぽんの芸能(2011年4月1日 - 2013年3月29日 、NHK教育)第1部「花鳥風月堂」 - 女主人・雪乃 役
  • 手わざ恋々和美巡り「檀れい 名匠の里紀行」(2011年4月4日 - 2013年9月29日、BS日テレ
  • 檀 れいの詩的ドキュメント「アートと自分に出逢う旅」fromフィラデルフィア(2007年10月19日、26日、11月26日日本テレビ
  • 世界ウルルン滞在記"ルネサンス"(2007年10月28日、TBS
  • 世界ふれあい街歩きパルマ・デ・マジョルカ 〜スペイン〜(2011年5月4日、NHK BSプレミアム) - ナレーション
  • 檀れい名匠の里紀行 手わざ王国ベトナムSP! 〜アジアの美と食のルーツに出会う旅〜(2012年3月17日、BS日テレ)
  • 美の最高峰…夢の競演 坂東玉三郎×檀れい(2012年9月8日、TBS)
  • ヨーロッパ水風景 -イタリア カプリ島〜アルベロベッロの旅-(2013年3月23日、テレビ東京・3月31日、BSジャパン

司会

  • 宝塚歌劇『花の道より』400回記念チャリティスペシャシャル「花の道 夢の道 永遠の道」(2005年12月24日)
  • 世界1のSHOWタイム〜ギャラを決めるのはアナタ〜(2010年2月1日、日本テレビ
  • 寺田瀧雄メモリアルコンサート〜歌い継がれて〜(2010年7月23日)
  • 宝塚歌劇チャリティー・イベント〜小林公平を偲ぶイベント「愛の旋律〜夢の記憶」〜(2011年5月30日)
  • 新春桧舞台〜珠玉の芸競演〜(2012年1月2日、NHK
  • 宝塚音楽学校創立100周年記念式典(2013年7月17日)

Web

  • Webドラマ Feel at Heal 3Weekly Special!〜すがたの美、こころの美、そして明日の”美”星人たちへ(2008年5月15日、5月22日、5月29日) - ゲスト出演
  • Yahooライブトーク(2009年1月15日、Yahoo

CM

ライブ

  • 遊佐未森 cafe mimo 〜桃節句茶会〜 Vol.12(2012年4月28日、東京 草月ホール) - ゲスト出演

DVD

  • 逸翁 雅俗の精華 小林一三コレクション - ナビゲーター

アルバム

雑誌

  • 宝塚ふぁん '96年9月号 (1996年9月20日発売) 阪急コミュニケーションズ
  • 宝塚ふぁん '98年4月号 (1998年4月20日発売) 阪急コミュニケーションズ
  • 宝塚ふぁん '98年8月号 (1998年8月20日発売) 阪急コミュニケーションズ
  • ソワレ Soiree '98年11月号 (1998年11月1日発売)

声優としての活動

吹替

Webアニメ

ポッドキャスト

  • 日本アーカイブス・京都二十四節気 - ナレーション

書籍

受賞歴

脚注

関連項目

外部リンク