大竹しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおたけ しのぶ
大竹 しのぶ
本名 大竹 しのぶ
生年月日 1957年7月17日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都品川区
国籍 日本
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1973年 -
配偶者 服部晴治(1982年 - 1987年)
明石家さんま(1988年 - 1992年)
著名な家族 長男、IMALU(長女)
公式サイト http://otake-shinobu.com/
主な作品
テレビドラマ
男女7人夏物語
男女7人秋物語
映画
事件
鉄道員(ぽっぽや)

大竹 しのぶ(おおたけ しのぶ、1957年7月17日 - )は、日本女優タレント。本名同じ。

東京都品川区出身。2008年2月29日、11年弱所属した芸能事務所シス・カンパニーとの契約を終了。2008年4月から個人事務所エスターにてエイベックスエンタテインメント(後のエイベックス・マネジメント)と業務提携するも2009年8月31日付で解消。以後は自身の長男(最初の夫との間の子)がマネージャーをしていた。

東京都立小岩高等学校桐朋学園大学短期大学部演劇専攻科中退。IMALU明石家さんまとの娘。

来歴[編集]

人物[編集]

  • おっとりとした口調や雰囲気でバラエティ番組などでは天然ボケキャラとして知られる。特徴あるしゃべり方をよく清水ミチコモノマネされている。
  • テニススキーが得意でスポーツ万能である。友人の証言によると車の運転も上手く、スポーツにおいては大変な負けず嫌いだと自身も語っている。
  • よく週刊誌マスコミなどには「魔性の女」などと言われている。本人は「男の人に甘えたりしないし、結構真面目に生きているのに、どうして魔性などと言われるか分からない」と語っている。それを聞いた久本雅美は、「普通の女が出したくても出せないフェロモンを生まれながらに持っている。本人は無意識だからこそ魔性なのよ」と語っている。
  • アルコールは苦手である。すぐに顔が赤くなってしまう。だが打ち上げなどでは、シラフでも酔っている人に負けないくらいのテンションで場を盛り上げている。
  • とんねるずのみなさんのおかげでした』の「食わず嫌い王決定戦」では、過去6回とも勝利したことはなく、嫌いな物を食べた後のリアクションは「食べた瞬間にナプキンで顔を覆う」、「食べてすぐ涙目になる」、挙句の果てには「スタジオから退出しようとする」など、あまりにも露骨でかつオーバーなことから伝説となっており、4回目の出演でもう1人のリアクション王、泉谷しげると「最弱王決定戦」で対戦し、両者引き分けとなっていた。そして5回目の出演は、宮崎あおいとコンビでの出演となったが、相変わらずのオーバーリアクションが災いして、ジンギスカンが嫌いなのを簡単に見破られてしまい、宮崎あおいを巻き込んでの敗北となり、またも初勝利はお預けとなった。このときの対戦相手の水嶋ヒロからは、大竹のリアクションを目の当たりにした際に「もしこれが芝居だったら、僕は本当に人間不信になりかねない」とまで言われた。そして、第6回目の出演で、泉谷とまたしても「最弱王決定戦」で再戦したときには、泉谷が番組の流れを壊してしまうことを承知で勝ちを収めた結果、正真正銘の最弱王になってしまった。なお、出演する際は視聴率が高いことが多い。
  • 紫綬褒章の会見において、「最初に結婚した主人、つかこうへいさん、蜷川幸雄さん、野田秀樹さん、いろんな男の人たちが私を支えてくれた。さんまさんには、私の中の“軽い”部分、コメディーも楽しく思えるって部分を出してもらった」と、過去に交際のあった男性の名前を次々と挙げたために周囲をあ然とさせた。

幼少・学生時代[編集]

女優として[編集]

  • 高校2年生のとき、スクリーンデビュー作である映画『青春の門(筑豊篇)』を撮影するに当たり、初恋相手役の田中健の役名を「信介しゃん、信介しゃん、信介しゃん…」と授業中ノートに延々と書き続け、役作りしていた。なお、のちに映画『聖職の碑』では田中と許されない恋に落ちる奉公人を演じ、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞している。
  • 1982年公開の映画、『鬼龍院花子の生涯』のヒロインに決ったが、本人から辞退。代わりに夏目雅子が演じた。
  • 2003年公開の映画『阿修羅のごとく』で、桃井かおりと初共演を果たしている。2人の対決シーンでは撮影中に落雷し停電するハプニングがあり、これを受けて、大物女優2人の対決シーンを撮影していた森田芳光監督は「1つの作品に、2人の魔女はいらない」と名言をこぼした。
  • 映画『死んでもいい』の撮影時、石井隆監督は、あるシーンで落雷の効果音を入れようと考えていたのだが、そのシーンの撮影中に実際に落雷が起き、そのまま使われている。石井はこれを受けて「あの雷は大竹さんが呼んでしまった。やっぱりすごい」と話している。
  • 豊川悦司柄本明六平直政らと共に、月に一度は新藤兼人監督と食事会を開いていた。
  • 男女7人夏物語』で共演した明石家さんまは、彼女の涙の演技に驚きNGを出してしまった。次の撮り直しでも彼女は瞬時に涙を流したという。それを受けて大竹は「本当の涙はそう何回も流せない。(NGが続いてしまうと)雫は流れるけど、嘘の涙になってしまう様な気がする。」と語っている。
  • 2005年に出演した舞台、ギリシャ悲劇メディア』では丸刈りになって演じた。
  • 松尾スズキとの二人芝居『蛇よ!』では、全身白タイツの被り物をし、世に出たい精子の役をやっている(松尾は世に出たくない精子の役)が、本人は非常に楽しかったと語っている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ラジオドラマ[編集]

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

その他[編集]

著書[編集]

  • 『この人に会うと元気になれる』(2003年、集英社)
  • 『私一人』(2006年、幻冬舎)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • みかん(デビュー作)
  • 握手
  • 回転扉
  • 黄昏といわず日暮れといって下さい
  • 愛の朝
  • リンデンバウムの唄
  • 電話帳パラパラ
  • あなたは遠すぎる
  • 真赤な髪で〜にんじんまた泥だらけ〜さみしいくせに
  • 鳥になろう
  • おやすみのおいのり
  • こころくん・こころさん
  • かまっておんど
  • しゃかりきパラダイス
  • 明日の風に吹かれよう
  • 白いベール
  • 愛のさざなみ
  • Bolero Preghiera〜祈りのボレロ
  • しあわせ語らひ人

アルバム[編集]

  • 白鳥を見たことがありますか
  • 天国への階段
  • SEAN
  • SIBOHAN
  • Compassion
  • あいのうた-フランチェスカ!-
  • 大竹しのぶ ゴールデン☆ベスト

その他[編集]

  • ONCE UPON A DREAM〜いつか夢で〜(2014年) - 映画『マレフィセント』日本語吹き替え版主題歌。同映画オリジナルサウンドトラックに収録予定(2014年7月2日発売・配信開始)[7]

賞詞[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤正弥編著『データ・バンク にっぽん人』現代書林、1982年、201頁。
  2. ^ 『データ・バンク にっぽん人』、201頁。
  3. ^ 大竹しのぶ 紫綬褒章を受章「みんなに感謝したい」 スポーツニッポン 2011年11月2日閲覧
  4. ^ 勘三郎さん本葬 坂東三津五郎、大竹しのぶらが涙の弔辞 ORICON STYLE 2012年12月27日閲覧
  5. ^ a b 仙台放送あらあらかしこ」2012年11月17日放送回にて公表。
  6. ^ . IMALU公式twitter. (2011年12月13日). http://twitter.com/#!/imalu0919/status/146551853423931393 
  7. ^ 福田麗 (2014年6月11日). “大竹しのぶ、歌手デビューから38年で初映画主題歌!ディズニー新作でまさかの抜てき”. シネマトゥデイ. 2014年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]