永瀬正敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ながせ まさとし
永瀬 正敏
生年月日 1966年7月15日(48歳)
出生地 日本の旗 日本宮崎県都城市
民族 日本人
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1983年 -
配偶者 小泉今日子
1995年-2004年
事務所 ロケットパンチ
公式サイト http://www.rocket-punch.co.jp/
主な作品
映画

ミステリー・トレイン
隠し剣 鬼の爪
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
テレビドラマ
私立探偵濱マイク

永瀬 正敏(ながせ まさとし、1966年7月15日 - )は、日本俳優宮崎県都城市出身。有限会社ロケットパンチ所属。B型。

出演作の大半が映画である。自身で映像作品を監督することがあり、写真家歌手としても作品を発表している。元妻は、女優・歌手の小泉今日子

経歴[編集]

宮崎県立都城西高等学校堀越高等学校(再入学)卒業。

1983年、映画『ションベン・ライダー』にてデビュー。以後数年テレビドラマ、映画に出演。1990年に『ミステリー・トレイン』に出演し"ジャームッシュ作品に出演した若手俳優"として注目を浴びてからは映画中心に活躍する。

1991年、『息子』に出演。日本アカデミー賞ブルーリボン賞キネマ旬報日刊スポーツ映画大賞で助演男優賞受賞。毎日映画コンクール報知映画賞で主演男優賞受賞。

1993年より『私立探偵 濱マイク』(映画、テレビ)の主人公を長らく務める。

歌手・女優小泉今日子1995年2月22日に結婚。2004年2月22日に離婚した。離婚後も、2007年の『さくらん』、2011年の『 毎日かあさん』にて共演。「毎日かあさん」では元夫婦役を演じた。2004年、『渇いた花〜four by four equal one〜』にて初めて自身の脚本・監督作をDVD化した。

ミステリー・トレイン』以後の例外的なテレビ出演として『私立探偵 濱マイク』テレビ版がある。

2010年日本における口蹄疫の流行に接し、公式HPに特設ギャラリーページ『for... 〜HOPE art gallery』[1]を設置し、宮崎に「希望を」というテーマに賛同するアーティスト達の作品を展示した。

人物[編集]

  • 曽祖父は当時薩摩藩の一部であった都城市(都城郷)の武士であり、戊辰戦争西南戦争に参戦している。91歳で大往生した際には、地元紙に「最後の薩摩武士逝く」と大きく報道されたという。[2]
  • 近年は写真家として自作品を発表する機会が多い。これについて「祖父が写真師だった影響を受けているかも知れない」と語っている[2]
  • 女性誌の対談で小泉今日子と知り合い後に結婚。永瀬のファンだった小泉の指名だった。小泉今日子は永瀬との結婚の際に入浴中の半裸写真などを含むプライベート写真展を開催。ケチャップで2人の名前が書かれたオムライスの写真が話題を呼んだ。[3]
  • 弟がいたが、生後程なくして亡くしている[2]
  • 作品の内容さえ気に入れば規模や場所に拘らず出演するというスタンスであり、1990年代以降の新しい映画俳優のあり方を確立した草分け的存在として評価されることがある。
  • 転機となった『ミステリー・トレイン』の出演以降、現在まで活動の大半は自身が愛する映画への出演となっており、映画以外での演技について語られることは少ない。ただし本人がテレビドラマ舞台演劇などに対して否定的な意見を述べたことはほとんどなく、『ママはアイドル』に関しては「コメディの空気を学べた」と肯定的なコメントもしている。
  • 交友関係が広く、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも少なくない。
  • 服のブランドであるネイバーフッド代表の滝沢伸介とは親交が深く、雑誌上でモデルを務めることもある。
  • 「全席喫煙の飛行機を作って欲しい」と語るほどの喫煙愛好者である。
  • RIP SLYMEのヒット曲「ONE」の歌詞の朗読者として参加。
  • 2010年日本における口蹄疫の流行に際し、義援金300万円を寄付。生まれ故郷宮崎へメッセージと、希望をテーマにしたアート作品を発表[4]

受賞歴[編集]

1991年度

1992年度

1996年度

1997年度

2004年度

2007年度

2010年度

2011年度

主な出演作[編集]

映画[編集]

日本映画[編集]

海外映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

2002年

OVA[編集]

CM[編集]

プロモーションビデオ[編集]

ナレーション[編集]

  • アニメ映画『クジラの跳躍』たむらしげる
  • DVD『WATARIDORIもうひとつの物語〜』

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

CBSソニー時代[編集]

  • スクール・デイズ(1983年1月10日)
  • 夏のマドンナ(1983年7月1日)
  • 南風・ドリーミン(1983年9月21日)
  • プラスティック・ラブ・レター(1984年4月21日)
  • 行きすぎてブロークン・ハート(1984年7月21日)

ビクター時代[編集]

  • For the boys…(1993年6月2日)- ヒルビリー・バップスのラストアルバム『PUBLIC MENU』収録曲「夢見る頃を過ぎても」のカバー。
  • 太陽とピストル -le soleil et le pistolet-(1993年10月27日)
  • キミとボク(1996年4月24日)

アルバム[編集]

CBSソニー時代[編集]

  • JOJO(1984年7月21日)

ビクター時代[編集]

  • CONEY ISLAND JELLYFISH(1993年6月23日)
  • Vending Machine(1996年5月22日)

脚注[編集]

  1. ^ for... Miyazaki、2013年2月23日参照。
  2. ^ a b c ファミリーヒストリー』 NHK総合テレビ 2012年10月1日放送
  3. ^ INLIFE 男の履歴書 永瀬正敏
  4. ^ 永瀬正敏、宮崎県口蹄疫義援金300万円を個人で寄付!チャリティーサイトも開設!、2010年6月7日、シネマトゥデイ、2013年2月23日参照。

外部リンク[編集]