石井裕也 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしい ゆうや
石井 裕也
生年月日 1983年6月21日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2005年 -
配偶者 満島ひかり(2010年 - )
事務所 ブレス・チャベス
公式サイト 有限会社ブレス・チャベス事業部(Breath.Inc Chavez)|石井裕也
主な作品
映画
川の底からこんにちは
あぜ道のダンディ
舟を編む

石井 裕也(いしい ゆうや、1983年6月21日 - )は、埼玉県出身の、日本映画監督。妻は女優満島ひかり

来歴・人物[編集]

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。

2005年『剥き出しにっぽん』を大阪芸術大学の卒業制作として監督、第24回そつせい祭グランプリを受賞する。その後2007年、第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいても、同作はグランプリを受賞。

2008年に行われた第37回ロッテルダム国際映画祭では『剥き出しにっぽん』を始め、京都国際学生映画祭やTAMAシネマフォーラムゆうばり国際ファンタスティック映画祭にノミネートされた低予算映画『反逆次郎の恋』、大阪市より助成金が給付され制作された2007年の映画『ガール・スパークス』、そして『ばけもの模様』の計4作品が選出され、特集上映された。国際舞台のみならず日本でもほとんど名を知られていない新人監督の自主制作映画が特集上映されるという異例の待遇を受け、開催期間中はその前評判から各上映のチケットが完売となり約4000人を動員した。[要出典]

その後、続けて第32回香港国際映画祭においても長編4作品が特集上映され、さらにアジア・フィルム・アワードでは第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞した。

2009年、第19回PFFスカラシップ作品として長編映画『川の底からこんにちは』を完成させ、第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(28歳)で受賞[1]。翌2010年10月25日、同映画の主演女優だった満島ひかり入籍した[2]2013年9月、『舟を編む』(同年4月公開)が史上最年少(30歳)で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出された[3]

作品[編集]

短編映画[編集]

  • ラヴ・ジャパン(第1回CO2映画祭、審査員奨励賞受賞)
  • 蝉が泣く(第9回調布映画祭、横濱国際芸術祭2005入選)
  • 八年目の女二人(東京ネットムービーフェスティバル、優秀作品賞受賞)
  • 東京の空の雲はナタデココ(第10回調布映画祭、審査員賞受賞)
  • 娘の彼氏がコレなんで(2011年)

長編映画[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]