林海象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はやし かいぞう
林 海象
生年月日 1957年7月15日(57歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
職業 映画監督
映画プロデューサー
脚本家
ジャンル 映画
活動内容 1986年 -
事務所 映像探偵社
公式サイト 林海象ブログ
主な作品
『夢見るように眠りたい』
私立探偵 濱マイク』シリーズ
備考
京都造形芸術大学芸術学部映画学科教授

林 海象(はやし かいぞう、1957年7月15日 - )は、京都府京都市生まれの日本の映画監督映画プロデューサー脚本家。男性。立命館大学経済学部中退。株式会社映像探偵社代表取締役社長、京都造形芸術大学芸術学部映画学科教授[1]

1986年モノクロサイレント映画という異色の作品『夢見るように眠りたい』でデビューした。代表作は永瀬正敏主演の『私立探偵 濱マイク』シリーズなど。

来歴[編集]

立命館中学校・高等学校を経て1977年立命館大学経済学部を中退[2]

制作会社「映像探偵社」を起こし、1986年モノクロ字幕映画として撮った『夢みるように眠りたい』で映画監督デビュー。林はそれまで映画制作現場での経験が全くなかったものの、このデビュー作は高評価を得た。

その後、多くの作品の監督脚本を手掛ける。1999年文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。

監督作の多くに、探偵が登場するのも特徴である。代表作『アジアンビート』シリーズでは永瀬正敏を主演に起用。後の『私立探偵 濱マイク』シリーズの原型になった。

京都造形芸術大学芸術学部映画学科の教授に就任し、学生の指導に当たっている。2007年度より2011年度までは学科長を務めた[2][3][4]。指導した学生には第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した黒木華などがいる[5]

出自[編集]

「私の父と母は韓国からこの日本に渡ってきた。その時の父と母の気持ちはどういうものだったのだろう? と私は思う。そういう気持を一度は物語で書いてみたいというのが、この脚本を書くにあたっての出発点だった」と、2010年放送のNHKドラマ『大阪ラブ&ソウル〜この国で生きること』について出自を初めて明かした[6]

映画以外の活動[編集]

京都市左京区にある探偵の世界をテーマとしたバー「BAR探偵」のオーナーでもある[7]。 

主な作品[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

原作[編集]

  • 『ZIPANG』1990年
  • 『アジアンビート アイ・ラブ・ニッポン』1991年
  • 『アジアンビート2 シンガポール篇 ラブ・フロム・テマセク』1991年
  • 『アジアンビート3 タイ篇 パウダー・ロード』(『ソルジャー・イン・タイランド』の別題あり)1991年
  • 『アジアンビート4 マレーシア篇 サンライズ・イン・カンポン』1993年
  • 『アジアンビート5 台湾篇 シャドー・オブ・ノクターン』1993年
  • 『アジアンビート6 香港篇 オータム・ムーン』1993年

監修[編集]

  • 7BLADES』 2000年(『ZIPANG』の続編として制作されたPlayStation 2用アクションゲーム)

出演[編集]

主な受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 講師紹介、京都造形芸術大学映画学科、2013年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 第4回 林海象|憧れのあの人は、どうやってあの仕事についたの!?|アートスクールガイド美術出版社、2014年1月20日閲覧。
  3. ^ 「黄金花」京都映画祭にて上映されました!(2010年10月10日)、京都造形芸術大学映画学科ブログ、2014年1月20日閲覧。
  4. ^ 2012年度以降は高橋伴明が就任。高橋伴明学科長からのメッセージ、京都造形芸術大学映画学科、2013年10月26日閲覧。
  5. ^ 大学時代の恩師・林海象監督も祝福「これで世界の女優になる」(2014年2月18日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
  6. ^ 大阪ラブ&ソウル│スタッフ、日本放送協会、2014年1月20日閲覧。
  7. ^ BAR探偵、2014年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]