石橋凌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしばし りょう
石橋 凌
本名 石橋 秀樹
いしばし ひでき
生年月日 1956年7月20日(58歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県久留米市
血液型 AB
ジャンル 俳優映画テレビドラマ)、ミュージシャン
活動期間 1978年
活動内容 1978年ARBのボーカリストとしてレコードデビュー(~1990年、1998年~2006年)
1985年~俳優活動開始
配偶者 原田美枝子
主な作品

 映画
ア・ホーマンス
『クロッシング・ガード』
キッズ・リターン
BROTHER
自殺サークル
呪怨
MW
 ドラマ
武田信玄
あしたがあるから
お金がない!
眠れる森
蘇える金狼
ビギナー
ハルとナツ 届かなかった手紙

石橋 凌(いしばし りょう、 1956年7月20日 - )は、福岡県久留米市出身の俳優ミュージシャン歌手である。本名、石橋 秀樹(いしばし ひでき)。福岡県立久留米高等学校卒業。血液型はAB型。アパッチ、エイベックス・マネジメント所属(業務提携)。アメリカの映画俳優組合(SAG)の会員でもあり、アメリカではゴールデン・メディア・グループが代理している。

略歴[編集]

俳優として名高いが、1980年代に熱狂的な支持を得た伝説のロックバンドARBのボーカルである。元々ボーカルを探していたバンドに1977年、オーディションで合格した石橋が加入した(ARBでの活動についてはARB (バンド) を参照。ここでは石橋凌の人物、俳優活動、ソロ活動のみ記す)。

5人兄弟の五男。兄の影響で、中学の頃からジョン・レノンビートルズローリング・ストーンズボブ・ディランのファンであり、中学1年生のときに父が他界したことがきっかけで、高校2年生のときミュージシャン志望を決意した(父の死についてはソロシングル「カクテル・トゥナイト」に収録された「12の頃」で歌われている)。

デビュー時の所属事務所はシンコーミュージックで、事務所側はアイドルグループとして売り出そうとしていた。ピンク・レディーの前座をしたこともある。しかし、1978年10月、シングル「野良犬」でデビューするも、方向性の違いから1年足らずでシンコーミュージックから独立した。

独立したものの、レコードの売れ行きやコンサートの動員に悩んでいた20代半ば、ドラマーの相原誠とともにスポーツクラブに行ったところ、金子正次とともにいた俳優の松田優作に偶然出会う。その後、優作に自身の悩みを相談し、しばらく経った時、優作側からの誘いで、彼が監督をつとめた映画『ア・ホーマンス』に出演。それまで演劇経験がほとんどなかった石橋は優作から厳しい指導を受けて演じ切り、同作でキネマ旬報新人男優賞を受賞し、その後本格的にスクリーン進出、大河ドラマ武田信玄』、映画『ボクの女に手を出すな』『Aサインデイズ』等に出演した(この頃はミュージシャンが俳優をしている印象もあり、石橋は中途半端になるなら俳優は辞める気でいた)。

尊敬していた松田優作が、ハリウッド進出のさなかに病死したことを受け、彼の死後の1990年、ARBを解散し音楽活動を封印、俳優業に専念していた。俳優としてのスタートは遅かったが、1990年代半ばには不動の地位を築く。『クロッシング・ガード』(1995年)の演技がアメリカで認められた後、1997年ARBを再結成、第4期ARBが誕生し、1998年2月シングル「TOKYO OUTSIDER」で復活。音楽活動と俳優業と両立していたが、2006年3月1日に石橋が脱退を表明、ARBは現在活動停止中。

石橋自身「追う役より追われる役の方が多かった」と話すほど、かつてはやくざ役が多かったが、現在は逆に刑事判事など多岐に渡る役柄をこなす、渋い俳優のひとりとして知られる。1995年よりアメリカの映画俳優組合(SAG)の会員となる。2006年6月1日付けで鈍牛倶楽部からスティングカンパニーに移籍。2008年4月にエイベックス・エンタテインメントへ移籍する。

妻は女優の原田美枝子

エピソード[編集]

  • 高校卒業からARBに加入するまでは、アルバイトを転々としていた。最後はイタリアンレストランで、ピザは生地から作れるほどの腕前である。
  • が苦手である。
  • 1980年代は、バンドのイメージに配慮したストレートな役柄が多かったが、今では癖のある俳優のイメージが強い。
  • 殺される役が多かったため、福岡の母に出演の話をすると「また殺されると?」と聞かれた。
  • 再結成後、石橋がミュージシャンであることを知らなかったスタッフに、ARBが俳優のバンド活動だと勘違いされたこともある。
  • ARBのライブではスタンドに設置したシンバルを高々と蹴り上げる。
  • 2002年、46歳でシングル「カクテル・トゥナイト」でソロデビューした。ARBとは違い、バラード中心の曲目である。
  • ARBの「乾いた花」(アルバム『BAD NEWS』収録、1980年)はビートたけしのお気に入りの曲である。1999年に行われた「ビートたけし トリ・BEATライブ」にはARBとして参加、凌もたけしの曲「浅草キッド」を歌った。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 世界初 タクラマカン砂漠 幻の大河漂流(2000年、テレビ東京) 

シングル[編集]

  • カクテル・トゥナイト(2002年) 

1.カクテル・トゥナイト 2.乾いた花(ARB/Self Cover) 3.12の頃

  • 忘れてはイケナイ物語り (2002年)

1.最後のことば 2.HEY!WAR(ARB) 3.ボート・ピープル(LIVE/ARB Self Cover) 4.IMAGINE(ジョン・レノン/Cover) 

ソロアルバム[編集]

  • 表現者 (2011年)

01 喝!(ARB) 02 乾いた花(ARB) 03 我がプレッジ 04 最果て 05 TOKYO SHUFFLE 06 待合室にて 07 淋しい街から (ARB) 08 形見のフォト 09 Dear my soulmate 10 縁のブルース 11 AFTER '45(ARB) 12 魂こがして(ARB) 13 AFTER '45 (ARB)(with 福山雅治)*ボーナスシングルに収録 14 最果て(Piano version)*自伝本に収録

出版[編集]

CM[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]