トヨタ・カレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・カレン
ST20#型
フロント(XS 4AT 後期型)
Toyota Curren ST-206 1996 parking.jpg
リア(XS 4AT 後期型)
1996 Toyota Curren XS rear.jpg
室内(XS 4AT 後期型)
1996 Toyota Curren XS 4AT interior.jpg
販売期間 1994年-1998年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 3S-GE型 2.0L 直4
3S-FE型 2.0L 直4
4S-FE型 1.8L 直4
最高出力 3S-GE型
125kW (170PS) /6,600rpm
3S-GE型 MT車
132kW (180PS) /7,000rpm
3S-FE型
103kW (140PS) /6,000rpm
4S-FE型
92kW (125PS) /6,000rpm
最大トルク 3S-GE型
191N·m (19.5kgf·m) /4800rpm
3S-FE型
186N·m (19.0kgf·m) /4,400rpm
4S-FE型
162N·m (16.5kgf·m) /4,600rpm
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション ストラット式
全長 4,490mm
全幅 1,750mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,535mm
車両重量 1,110-1,210kg
-自動車のスペック表-

カレンCURREN )は、トヨタ自動車がかつて生産していた乗用車である。セリカの姉妹車で、一代限りで生産を終了した。

概要[編集]

日本で販売されていたハッチバッククーペの6代目セリカ(T200型)をベースにした、2ドアノッチバッククーペのセリカが「セリカノッチバック」として北米市場向けに生産されていた。異形4灯ヘッドライトを搭載するST200系セリカの特徴的なフロント周りを、コロナクーペを彷彿とさせるオーソドックスなスタイルに変更したモデルである。型式はST206(ZS、XS―ただしXSツーリングセレクションを除く、FS)、ST207(XSツーリングセレクション)、ST208 (TS) の3種類。

エンジン直列4気筒エンジンで、XSおよびFSには経済性を重視したハイメカツインカムの3S-FEが、走行性能にこだわったZSにはスポーツツインカムの3S-GEが、TSには1.8Lエンジンの4S-FEが搭載された。XSには4WS仕様のXSツーリングセレクション、ZSにはスーパーストラットサスペンション仕様のZSスポーツセレクションの設定があった。いずれのエンジンにも5速MTまたは4速ATが組み合わされた。駆動方式はFFのみで、セリカでいうGT-FOUR (4WD) に相当するグレードはないが、TRDよりTRDsportsモデルも販売されている。3S-GEが搭載されており、300台の販売台数限定で1995年10月から1996年3月までの6ヶ月間に販売されている。

カレンのメカニズムはT200型セリカと同一であり、同等グレードと比較した場合カレンの方が30kg軽く、剛性面で有利となっている。また、オプションパーツもセリカ用の多くが流用できる。とは言え、スペシャルティカー寄りの車という見方が強かったのか、3S-FE搭載のXSが販売の中心を担っていた。

歴史[編集]

初代 T200型(1994年-1998年)[編集]

車名の由来[編集]

「現代の」「時流に乗った」という意味の英語 current をもとに作られた造語

取扱販売店[編集]

ただし、沖縄県にはビスタ店がなかったため、トヨタオート沖縄(現・ネッツトヨタ沖縄)にて取り扱っていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]