島田陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しまだ ようこ
島田 陽子
生年月日 1953年5月17日(61歳)
出生地 日本の旗 熊本県熊本市
民族 日本人
職業 女優
活動期間 1970年 - 現在
活動内容 1970年:女優デビューテレビドラマ『おさな妻』
主な作品
映画
砂の器』/『球形の荒野
犬神家の一族』/『黄金の犬
『リトルチャンピオン』/『橋』/『動天』
ハンテッド』/『クライング フリーマン
『島田陽子に会いたい』
テレビドラマ
おさな妻』/『仮面ライダー』/『続・氷点
われら青春!』/『華麗なる一族』/『黄金の日日
白い巨塔』/『将軍 SHOGUN』/『名もなく貧しく美しく
球形の荒野』/『山河燃ゆ』/『丘の上の向日葵
受賞
ハリウッド・ゴールデンアップル賞(1980年、ディスカバリー・オブ・ザ・イヤー)
ゴールデングローブ賞(1981年、テレビドラマ『将軍 SHOGUN』でテレビドラマシリーズ部門・女優賞)
IBA賞(ウーマン・オブ・ザ・イヤー)
第3回日本ジュエリーベストドレッサー賞(1992年、30代部門)
しまだ ようこ
島田 陽子
プロフィール
生年月日 1953年5月17日
現年齢 61歳
出身地: 日本の旗 日本熊本市
血液型 o型
民族 日本の旗 日本
公称サイズ(出典不明
身長 / 体重 171 cm / kg
ブラのサイズ C
活動
デビュー: 1970年
ジャンル 女優
AV出演: 2011年 -
AV女優テンプレート | カテゴリ

島田 陽子(しまだ ようこ、1953年5月17日 - )は、日本女優。旧姓名は島田 陽子→島田楊子。熊本県熊本市出身。血液型はO型、身長171cm。駒沢学園女子高等学校卒業。元T.N.B.所属。

来歴・人物[編集]

3歳からクラシックバレエを習い、高校まではバレリーナを目指していた。

テレビドラマのデビュー作は1970年度版の『おさな妻』である。翌年放映の『続・氷点』では辻口陽子役を演じ、最終回の視聴率は42.7%に達した[1]。以降、出演依頼が殺到。1970年代の映画、ドラマで、正義感にあふれた良家の子女役を多く演じた[2]

1980年の『将軍 SHOGUN』における演技でゴールデングローブ賞を受賞し、「国際女優」と呼ばれるようになる。

1970年に大ヒットした三波春夫世界の国からこんにちはの作詞者島田陽子は別人。

エピソード[編集]

  • かつて右に大きなえくぼがあった。
  • 身長が171センチという長身のため、多くのドラマでのキスシーンの際、自分の立つ場所に穴を掘られるという屈辱を味わったが[要出典]、『将軍 SHOGUN』でリチャード・チェンバレンとのキスシーンの際には初めて台の上に乗った。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

写真集[編集]

  • キール・ロワイヤル(遠藤正撮影、1992年)
  • YOHKO(遠藤正撮影、1993年)
  • quatre(渡辺達生撮影、1994年)

アダルトイメージビデオ[編集]

  • 密会(2011年1月1日、MUTEKI)
  • 不貞愛(2011年2月1日、MUTEKI)

受賞歴[編集]

※1981年にテレビドラマ『将軍 SHOGUN』で、エミー賞ミニシリーズ部門・主演女優賞にノミネートされたが、受賞には至らなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ・特集「一夜でシンデレラガール 島田楊子」
  2. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 90年代"ヘアバブル"の到来

外部リンク[編集]