平田満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひらた みつる
平田 満
生年月日 1953年11月2日(61歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県豊橋市
身長 169cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 井上加奈子
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 所属事務所プロフィール
主な作品
映画
蒲田行進曲

平田 満(ひらた みつる、1953年11月2日 - )は、日本俳優愛知県豊橋市出身。アルファエージェンシー所属。妻は女優の井上加奈子愛知県立時習館高等学校卒業、早稲田大学第一文学部中退。穂の国とよはし芸術劇場PLAT芸術文化アドバイザー。

来歴[編集]

つかこうへいの著書『つかへい腹黒日記』と私小説『ジャイアンツは負けない』によると高校時代はラグビー部と演劇部を掛け持ちし、大学に早稲田大学を選んだのも「ラグビーでも演劇でも実績のある大学だったから」と記され、また、本人も『笑っていいとも』『徹子の部屋』などで語っている。

大学一回生の時に、つかが出入りしていた早稲田大学の学生劇団で人気を得ていた知念正文主宰の劇団暫(げきだんしばらく)に入団。当時、母体とする劇団を持たなかったつかの作品を同劇団は知念と向島三四郎の演出で公演していた。ここでつか劇団の仲間となる長谷川康夫、平田夫人となる井上加奈子たちと出会う。

以後、初期作から出演し、のちにつかが個人的に『つかこうへい事務所』を立ち上げ、難解で下世話で狂気と正気スレスレながら、義理人情を前面に押し出した彼の作品群を加藤健一根岸とし江大津あきら風間杜夫三浦洋一重松収らと共にその屋台骨を支えた。

その後、テレビCMなどへの露出が少しずつ増えた矢先の1982年、舞台でも演じた『蒲田行進曲』の村岡安治役[1]で、同作が深作欣二監督で松竹映画で映画化されることとなり抜擢を受け、世間的な知名度を得てスターの仲間入りをする。

市井の小市民役を得意とするが、その後も主要な脇役、敵役、善人を数多く演じ、冷静で寡黙さが不気味ながら突然エキセントリックになったり、まったく正反対な人物役も得意とし、枚挙に暇のない活躍を続けている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ナレーション[編集]

PV[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 初演時は柄本明が演じ、平田は映画監督役(映画では蟹江敬三)を演じた。なお、柄本は翌1983年TBSでドラマ化された『蒲田行進曲』で村岡安治を再び演じている。
  2. ^ 金とくスペシャル 生放送ドラマ「喜劇 娘が嫁ぐ日」”. NHK名古屋放送局. 2014年4月25日閲覧。
  3. ^ 真行寺君枝をヒロインに据えた青春シリーズCMだった。ほかの共演者に風間杜夫亜湖草薙良一がいた。

外部リンク[編集]