団令子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
だん れいこ
団 令子
本名 浜田 令子(はまだ れいこ)
生年月日 1935年3月26日
没年月日 2003年11月24日(満68歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府
死没地 日本の旗 日本東京都三鷹市
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1957年 - 1974年
配偶者 あり
著名な家族 長男:団優太(俳優)
主な作品
映画
女が階段を上る時』(1960年 成瀬巳喜男
『娘・妻・母』(1960年 成瀬巳喜男)
小早川家の秋』(1961年 小津安二郎
椿三十郎』(1962年 黒澤明
赤ひげ』(1965年 黒澤明)

団 令子(だん れいこ、1935年昭和10年〉3月26日 - 2003年平成15年〉11月24日)は、日本女優京都府出身。長男は同じく俳優の団優太

来歴・人物[編集]

1956年ミス着物に選ばれて、翌年の1957年東宝に入社して、映画デビュー。芸名は、当時の東宝プロデューサー藤本真澄が作曲家の團伊玖磨からとって名付けた。

1959年に始まった『お姐ちゃんシリーズ』(任侠物ではない)で健康的な現代娘をコミカルに演じて、東宝の看板女優の一人となる。同時期の映画では、中島そのみ重山規子と共演することが多かった。また、クレージーキャッツ主演のクレージー映画シリーズにおいては、初期マドンナとして多数の作品に出演する。 1966年結婚して京都に新居を構える。1967年10月に長男(団優太)を出産した。

コミカルな役柄からクールな悪女役まで幅広くこなす演技力は高く評価されていたが、1974年に引退。その後、1980年代末から1990年代初頭にかけ、息子の俳優デビューを応援するため、短期間だったがカムバックした。

2003年11月24日心不全のため東京都三鷹市の病院で死去。享年68。

エピソード[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

コマーシャル[編集]

  • 明治製菓「JPチョコレート」(1960年)
    • 近日発売編
    • 手紙編
    • 電話編 - 『お姐ちゃんシリーズ』とのタイアップで、「ピンチ」と「センチ」との電話応答という設定(ただし、中島そのみと重山規子は非出演)。

※これら3編は、2011年9月発売のDVD-BOX『明治製菓CMコレクションDVD-BOX』の「板チョコ編」に収録されている。