相米慎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そうまい しんじ
相米 慎二
生年月日 1948年1月13日
没年月日 2001年9月9日(満53歳没)
出生地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
ジャンル 映画監督
活動期間 1980年 - 2001年
活動内容 映画

相米 慎二(そうまい しんじ、1948年1月13日 - 2001年9月9日)は、日本映画監督

経歴[編集]

岩手県盛岡市出身[1]北海道釧路江南高等学校卒業[要出典]中央大学学園紛争を経験[要出典]日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)の活動家として、三里塚現闘団員を務めた[要出典]

1972年、大学中退後、長谷川和彦の口利きで契約助監督として日活撮影所に入所[2]。長谷川や曽根中生寺山修司の元で主にロマンポルノの助監督を務めた(ただし大学中退の経歴であったため正社員ではなく、にっかつ時代は監督に昇格出来なかった)[要出典]。1980年、薬師丸ひろ子主演の『翔んだカップル』で監督デビュー[3]。翌年、『セーラー服と機関銃』がヒットする[4]。1985年、『台風クラブ』が東京国際映画祭ヤング・シネマ部門グランプリを受賞する[5]。同年、斉藤由貴の映画デビュー作品『雪の断章 情熱』を監督する[6]

吉村昭原作『魚影の群れ』やにっかつロマンポルノ後期の『ラブホテル』(1985年)といった作品を発表、賛否両論を呼んだ[7][8]。1993年の『お引越し』で芸術選奨文部大臣賞を受賞[3]。1994年、湯本香樹実原作の『夏の庭 The Friends』を発表。湯本に原作小説を執筆するように勧めたのも、相米であった[9]。1998年『あ、春』は、1999年度キネマ旬報ベストテン第1位に選ばれたほか、第49回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した[3]。2001年、小泉今日子主演の『風花』が公開される[3]浅田次郎原作『壬生義士伝』の映画化準備をしていたが、同年9月肺癌のため53歳で死去[10]。生涯独身だった[4]

監督作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『映画芸術 no.401 総力特集 相米慎二』編集プロダクション映芸”. WEB本の雑誌 (2008年12月1日). 2014年3月23日閲覧。
  2. ^ 黒沢清『黒沢清の映画術』60頁(2006年、新潮社)
  3. ^ a b c d 映画監督の相米慎二さんが肺がんで亡くなる”. CINEMA TOPICS ONLINE (2011年9月11日). 2014年3月23日閲覧。
  4. ^ a b 相米監督語り継ぐ会設立へ”. デーリー東北 (2013年8月24日). 2014年3月23日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 相米慎二監督が選んだ「日本映画ベスト3」”. 高崎俊夫の映画アット・ランダム. 清流出版 (2011年1月1日). 2014年3月23日閲覧。
  6. ^ 斉藤由貴、「雪の断章」相米慎二監督の演出を述懐”. 映画.com (2014年3月22日). 2014年3月23日閲覧。
  7. ^ 荒井晴彦『争議あり』(2005年、青土社)
  8. ^ 田山力哉『現代日本映画の監督たち』(1991年、現代教養文庫)
  9. ^ 『夏の庭 The Friends』パンフレット
  10. ^ 相米慎二さん死去”. 日刊スポーツ (2001年9月11日). 2013年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月23日閲覧。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]