砂田麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すなだ まみ
砂田 麻美
生年月日 1978年4月9日(36歳)
出生地 日本の旗 東京都
職業 映画監督
ジャンル ドキュメンタリー
活動期間 2001年 -
主な作品
ドキュメンタリー
エンディングノート

砂田 麻美(すなだ まみ、1978年4月9日 - )は、日本映画監督ドキュメンタリー作家。東京都出身。父は元関東電化工業専務の砂田知昭。

来歴[編集]

慶應義塾大学総合政策学部在学中から映像制作に携わる。卒業後はフリーの監督助手として河瀬直美岩井俊二是枝裕和らの制作現場に参加する[1]

2009年がん告知を受け、同年末に死去した父を主演としたドキュメンタリー映画『エンディングノート』を制作。是枝裕和をプロデューサーに迎えて2011年に一般公開され、監督デビューを果たした。同作は高い評価を受け、第33回ヨコハマ映画祭新人監督賞・第35回山路ふみ子映画賞文化賞・第52回日本映画監督協会新人賞・第36回報知映画賞新人賞・第26回高崎映画祭若手監督グランプリ・芸術選奨新人賞映画部門を受賞。新人監督のドキュメンタリー作品としては異例となる、興行収入1億円を突破する大ヒットとなった[2]。2012年には、この作品をストーリーのモチーフとしたテレビドラマ家族、貸します 〜ファミリー・コンプレックス〜』が放送されるなどの社会的影響を与えている[3]

映画作品[編集]

ミュージックビデオ[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]