高橋伴明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかはし ばんめい
高橋 伴明
本名 高橋 伴明(同じ)
別名 剣山象、高橋伴
生年月日 1949年5月10日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 奈良県奈良市
職業 映画監督
ジャンル ピンク映画青春映画社会派映画ヤクザ映画
活動期間 1975年 -
活動内容 脚本家
京都造形芸術大学教授・映画学科長
株式会社ブロウアップ代表取締役
配偶者 高橋惠子
家族 秋山佑奈(娘)
主な作品
TATTOO<刺青>あり
光の雨
BOX 袴田事件 命とは

高橋 伴明(たかはし ばんめい、1949年5月10日 - )は、日本の映画監督。脚本家として剣山象、高橋伴の名義で活動したこともある。

株式会社ブロウアップ代表取締役京都造形芸術大学教授・映画学科長(2012年度より)[1]

女優の高橋惠子は妻。

経歴[編集]

奈良県奈良市出身。華道の家に生まれる。東大寺学園高校卒業、早稲田大学第二文学部中退。大学時代には映画研究会に所属し、学生時代からピンク映画の現場でアルバイト生活を送る。同時に学生運動にも身を入れ、第二次早稲田大学闘争に参加したことで、大学を除籍されて中退。

1972年にピンク映画『婦女暴行脱走犯』で監督デビュー。

1975年若松プロに参加1980年までは主としてピンク映画で活躍し、ピンク映画界では若手監督として中村幻児と並び称される存在だった。

1982年、自身初となる一般映画『TATTOO<刺青>あり』を監督。1979年三菱銀行人質事件の犯人に材を取り、キネマ旬報ベストテンの6位、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。同作でヒロインを演じた関根恵子と同年2月から交際し6月に結婚。大島渚小山明子夫妻が仲人を務めた[2]

1982年には1979年から主宰していた高橋プロを解散して、監督集団「ディレクターズ・カンパニー」に参加。1984年小林よしのりが原案・脚本を担当した石井聰亙監督作品『逆噴射家族』のプロデューサーを務めた。

1990年東映Vシネマで『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』を監督。同作で渡邊亮徳の後押しもあり当時はまだ無名だった後の「Vシネの帝王」こと哀川翔を主演に抜擢した[3][4]

1990年代以降は一般映画、任侠系などを中心に活躍する。

作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ビデオ作品[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高橋伴明学科長からのメッセージ、京都造形大学映画学科、2013年10月26日閲覧。
  2. ^ 「関根恵子さん結婚」『中日新聞』1982年6月9日付
  3. ^ 東映副社長・東映ビデオ社長であった渡邊亮徳は東急不動産社長であった五島哲から「原宿で面白いヤツを見かけましたよ!」と前もって聞いていた事が原点である。 東映の上層部が反対しても、哀川翔を渡邊亮徳が推した結果、スターへと上り詰めて行く。谷岡雅樹『アニキの時代 Vシネマに見るアニキ考』角川SSC新書、2008年、p.49
  4. ^ 哀川翔『俺、不良品。』東邦出版、2001年、pp.96-97

外部リンク[編集]