魚影の群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魚影の群れ』(ぎょえいのむれ)は、吉村昭の短編小説集、またその表題作。

表題作「魚影の群れ」は、同名で映画化された。

概要[編集]

短編小説集は『海の鼠』(うみのねずみ)の題名で1973年5月に新潮社から単行本が刊行された。1983年に新潮文庫版が刊行された際、『魚影の群れ』に改名された(同年に映画化作品が公開されている)。

収録作は以下の4編で、人間と動物・自然とのさまざまな対峙を描いている。

「海の鼠」「魚影の群れ」の2編は『吉村昭自選作品集 第十一巻』(新潮社、1991年)にも収録されている。

刊行書誌[編集]

映画[編集]

魚影の群れ
The Catch
監督 相米慎二
脚本 田中陽造
製作 織田明、中川完治、宮島秀司
出演者 緒形拳夏目雅子十朱幸代佐藤浩市矢崎滋
音楽 三枝成章
撮影 長沼六男
編集 山地早智子
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1983年10月29日
上映時間 135分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画『魚影の群れ』は、1983年10月29日に公開された。配給は松竹富士

本州最北端、下北半島の漁港・大間の頑固なマグロ漁師・小浜房次郎、房次郎が男手一つで育て上げた娘・トキ子、トキ子の恋人で一人前の漁師になろうと志す青年・依田俊一、この3者の愛憎を軸に描いた人間ドラマである。

あらすじ[編集]

多くの漁師が40代で辞めてしまう中で、小浜房次郎は初老を感じながらもマグロ漁を続けている。娘トキ子が結婚したいという、喫茶店をやっている依田俊一に会う。養子になって漁師になってもいいという。漁に命を賭けてきた房次郎は簡単に漁師になると言われ、無性に腹立たしくなる。店を畳んで大間に引越してきた俊一は房次郎の持ち船・第三登喜丸の前で待ち、漁を教えて欲しいと懇願する。10日以上も俊一を無視し続けたが、一緒に乗り込むのを許す。エイスケの忠告で、トキ子が家出した妻アヤのように自分を捨てるのではと怯えたのだ。不漁の日が続き、連日船酔いと闘ってきた俊一がようやく打ち勝った日、マグロの群れに遭遇する。餌が放り込まれた瞬間、マグロが引張る釣糸が俊一の頭に巻きつき、血だらけになる。だが、房次郎はマグロとの死闘を続け、マグロを仕留めた時、俊一の眼には憎悪が浮かんでいた。数ヵ月後に退院した俊一はトキ子と町を去る。

1年後、北海道の伊布港に上陸した房次郎はアヤに再会する。壊しさと20年の歳月がわだかまりを溶かすが、ヒモの新一に絡まれ、房次郎は半殺しにし、止めに入ったアヤまで殴る。翌日、伊布沖で房次郎は生まれて初めて釣糸を切られ、ショックを受ける。

たくましくなって俊一が大間に戻って来た。ある日、俊一の第一登喜丸の無線が途絶える。一晩経っても消息はつかめず、トキ子は房次郎に頭を下げて捜索を依頼する。長年の勘を頼りに第一登喜丸を発見。300キロものマグロと格闘中であった。重傷を負っているのを見て房次郎が釣糸を切ろうとすると「切らねでけろ。俺も大間の漁師だから」という俊一にマグロとの闘いに加わる。2日間の死闘の末、大物は仕留められる。帰港の途中、来年の春に生まれる子が男だったら漁師にしたいと告げ、俊一は息を引き取る。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]