魚影の群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魚影の群れ』(ぎょえいのむれ)は、吉村昭の短編小説集、またその表題作。

表題作「魚影の群れ」は、同名で映画化された。

概要[編集]

短編小説集は『海の鼠』(うみのねずみ)の題名で1973年5月に新潮社から単行本が刊行された。1983年に新潮文庫版が刊行された際、『魚影の群れ』に改名された(同年に映画化作品が公開されている)。

収録作は以下の4編で、人間と動物・自然とのさまざまな対峙を描いている。

「海の鼠」「魚影の群れ」の2編は『吉村昭自選作品集 第十一巻』(新潮社、1991年)にも収録されている。

刊行書誌[編集]

映画[編集]

魚影の群れ
The Catch
監督 相米慎二
脚本 田中陽造
製作 織田明、中川完治、宮島秀司
出演者 緒形拳夏目雅子十朱幸代佐藤浩市矢崎滋
音楽 三枝成章
撮影 長沼六男
編集 山地早智子
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1983年10月29日
上映時間 135分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画『魚影の群れ』は、1983年10月29日に公開された。配給は松竹富士

本州最北端、下北半島の漁港・大間の頑固なマグロ漁師・小浜房次郎、房次郎が男手一つで育て上げた娘・トキ子、トキ子の恋人で一人前の漁師になろうと志す青年・依田俊一、この3者の愛憎を軸に描いた人間ドラマである。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]