西川美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西川 美和(にしかわ みわ、1974年7月8日 - )は、日本映画監督脚本家

経歴[編集]

広島県広島市安佐南区出身。浄土真宗(安芸門徒)の根強い地域に生まれ育つ[1]。しかし、中学・高校はカトリックノートルダム清心中学校・高等学校に通う。早稲田大学第一文学部美術史学専修卒業。卒論の題名は「地獄絵の東西比較」だった[1]。学生時代より、映画製作を志し、映画制作会社などの就職面接を受けるも、ことごとく落ちるが、テレビマンユニオンの面接担当だった是枝裕和監督に意気込みを見出され、映画『ワンダフルライフ』にフリーのスタッフとして参加する。以後、諏訪敦彦監督の『M/OTHER』など、様々な日本映画の現場で活動した。

2002年、自作脚本のブラックコメディ『蛇イチゴ』(主演:宮迫博之)で監督デビュー。日本の典型的な家族の崩壊をシニカルに描いた同作は、第58回毎日映画コンクール・脚本賞のほか、その年の数々の国内映画賞の新人賞を受賞する。製作は是枝裕和。

2003年、NHKハイビジョンスペシャルでは、ドキュメンタリーと架空のドラマを交差させた、異色のテレビ作品『いま裸にしたい男たち/宮迫が笑われなくなった日』を発表。第20回ATP賞・ドキュメンタリー部門優秀賞を受賞した。

2005年、監督5名の競作によるオムニバス『female』では、乃南アサ原作の短編小説を脚色・演出した『女神のかかと』(主演:大塚寧々)を発表。

2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム『モノゴト(名作)はいつもアイマイ』を連載。

2007年1月にはオムニバス映画『ユメ十夜』(原作:夏目漱石)が公開。同年4月からは、読売新聞の読書委員として、日曜日(随時)に書評を執筆している。また、映画『ゆれる』を自らノベライズした同名小説(ポプラ社)が、第20回三島由紀夫賞の候補となった。2008年6月に、初の読書案内集「名作はいつもアイマイ」(講談社)を、7月にはポプラ社のPR誌「asta*」で、読切小説「1983年のほたる」、2009年1月に「ありの行列」を発表。この2篇に書き下ろし3篇を加えた、3年ぶりの単行本「きのうの神さま」をポプラ社から2009年4月15日に刊行。同作は第141回直木賞候補となり、受賞は逃したものの、選考委員である浅田次郎から「はっきりと文学である」と絶賛されるなど、その才能には惜しみない賞賛が送られた。

2009年6月にオリジナル脚本・監督による長編第3作目『ディア・ドクター』(主演:笑福亭鶴瓶)が公開。キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位に選ばれるなど高く評価され、2度目のブルーリボン賞監督賞、芸術選奨新人賞をはじめ数多くの賞を受賞した。

2010年、NHK-BS2で放送された『太宰治短編小説集』のうち、『駆込み訴え』(主演:清水くるみ)の脚本・監督を担当。ユダとキリストの関係を、ボランティア活動に携わる現代の女子高生に置き換えて表現している。

処女作から一貫して「監督自身が見た夢」から得たインスピレーションで作品作りを続けてきた監督が、ついに「夢そのもの」を題材に描く最新作『夢売るふたり』が2011年秋より製作開始。

監督作品[編集]

劇場映画[編集]

人物[編集]

オリジナル脚本の『蛇イチゴ』と『ゆれる』は、いずれも自身が見た夢が題材となっている。『蛇イチゴ』では「邪険にされる犬」をモチーフに。『ゆれる』では「友人の殺人現場を目撃する自分」をモチーフに。重要な創作源になっている。脚本を書く際に一番いいのは、24時間そのことを考えていられる状態で、寝ているときも、ずっとその夢を見ていると言う。東京にいると、色々な誘いがあって集中出来ないため、脚本執筆の際は、広島に帰り実家に数ヶ月間こもると言う[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b AERA MOVIE ニッポンの映画監督、2008年3月、106頁、朝日新聞社
  2. ^ AERA、2008年3月10日号、68頁、朝日新聞社
  3. ^ トップランナーNHK、2009年6月19日

外部リンク[編集]