斉藤由貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さいとう ゆき
斉藤 由貴
本名 小井 由貴
生年月日 1966年9月10日(47歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 161 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1984年 -
配偶者 一般人男性(1994年 - )
家族 斉藤隆治(弟)
事務所 東宝芸能
主な作品
テレビドラマ
スケバン刑事
はね駒
吾輩は主婦である
映画
トットチャンネル

シングル
卒業
白い炎
悲しみよこんにちは
夢の中へ

斉藤 由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日[1] - )は、日本の女優歌手。本名、小井 由貴(いさらい ゆき)[1]旧姓、斉藤

神奈川県出身[1]東宝芸能所属。

来歴・人物

神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)卒業[1]。元俳優の斉藤隆治は実弟[2]。趣味・特技は作詞・イラスト・読書・詩を書くことなど。左利き

1984年、第1回東宝「シンデレラ」オーディションで準グランプリに[3]、第3回ミスマガジンでグランプリを獲得し、芸能界入り。10月、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでテレビ初登場。

1985年2月、「卒業」で歌手デビュー。同曲はオリコンで最高6位を記録し、約30万枚のヒットとなる。同年4月放送開始の『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。また同年12月には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開された。

1986年、4月からNHK朝の連続テレビ小説はね駒』のヒロインを演じた。3月に発売した「悲しみよこんにちは」で、12月に『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場、紅組キャプテンも務めた。同曲は、テレビアニメ『めぞん一刻』の主題歌に起用された。

1989年5月、主演テレビドラマ『湘南物語』の主題歌で、井上陽水のカバー曲「夢の中へ」をリリース。自身最大のヒット曲となった[4]

1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台に出演、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍。作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品を提供している。

1994年12月に結婚[2]。現在は3児の母となっている。

2008年3月8日、PARCO劇場にて単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催、翌日に追加公演を行った[5]

2011年2月には、デビュー25周年を機に制作されたニューアルバム『何もかも変わるとしても』をリリース(先行販売は2010年)。これに合わせ5日連続のコンサートをPARCO劇場で開催した[6]。同年5月10日には福岡 Yahoo! JAPAN ドームで行われた、パ・リーグ公式戦福岡ソフトバンクホークスオリックス・バファローズの試合前セレモニーで、「国歌独唱」を行った[7]

音楽

シングル

  1. 卒業(1985年)
    • 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志
    • 明星食品「青春という名のラーメン」CM曲
    • 発売から20年以上が経過しても未だに人気がある、卒業ソングの定番。後に松下萌子らがカヴァーした。
  2. 白い炎
  3. 初戀
    • 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志
  4. 情熱
    • 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志
    • 東宝映画『雪の断章・情熱』主題歌、富士フイルムAXIAテープ」CM曲。
  5. 悲しみよこんにちは(1986年)
    • 作詞:森雪之丞/作曲:玉置浩二/編曲:武部聡志
    • フジテレビ系アニメ『めぞん一刻』主題歌、資生堂「モーニングフレッシュ」CM曲。
  6. 土曜日のタマネギ <12inch single>
    • 作詞:谷山浩子/作曲:亀井登志夫/編曲:武部聡志
    • 富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
    • 唯一のアカペラ曲。
    • 谷山浩子がアルバム『水玉時間』(1986年)にてセルフカバーしている。
  7. 青空のかけら
    • 作詞:松本隆/作曲:亀井登志夫/編曲:武部聡志
    • 富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
  8. MAY
  9. 砂の城(1987年)
    • 作詞:森雪之丞/作曲:岡本朗/編曲:武部聡志
    • 富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
  10. 「さよなら」
  11. ORACION -祈り-(1988年)
  12. Christmas Night(1988年)
    • 作詞:斉藤由貴/作曲:岡本朗/編曲:武部聡志
  13. 夢の中へ(1989年)
    • 作詞・作曲:井上陽水/編曲:崎谷健次郎
    • ドラマ『湘南物語』主題歌。
    • 井上陽水のカバーで彼女最大のヒット曲。BaBeがバックボーカルで参加。
  14. Ave Maria〜Who(1989年)
  15. いつか(1992年)
    • 作詞:斉藤由貴/作曲:山口美央子/編曲:上杉洋史
  16. なぜ(1994年)
    • 作詞:斉藤由貴/作曲:筒美京平/編曲:澤近泰輔
  17. こむぎいろの天使(1999年)
  18. 家庭内デート(2006年)
  19. 風の向こう(2007年)
  20. 悲しみよこんにちは (21st century ver.)(2007年)
    • 編曲:澤近泰輔
    • 「夢の中へ」、「白い炎」、「家族の食卓」の各セルフカバー4曲を収録したマキシシングル。
  21. KIZUNA(2011年)

オリジナルアルバム

  1. AXIA(1985年)
  2. ガラスの鼓動(1986年)
  3. チャイム(1986年)
    • このアルバムに収録されている「SORAMIMI」は谷山浩子がアルバム『水玉時間』にてセルフカバーしている。
    • このアルバムに収録されている「アクリル色の微笑」は崎谷健次郎がアルバム『ただ一度だけの永遠』にてセルフカバーしている。
  4. 風夢(1987年)
    • このアルバムに収録されている「ひまわり」は谷山浩子がアルバム『透明なサーカス』にてセルフカバーしている。
  5. ripple(1987年)
  6. PANT(1988年)
    • このアルバムに収録されている「少女時代」は原由子がアルバム『MOTHER』(1991年)にてセルフカバー、シングル「負けるな女の子!」のカップリングとしてもリリース。
  7. TO YOU(1988年)
  8. âge(1989年)
  9. MOON(1990年)
  10. LOVE(1991年)
    • このアルバムに収録されている「意味」は、崎谷健次郎のアルバム『ambivalence』への作詞提供曲で、セルフカバーしている。
  11. moi(1994年)
  12. 何もかも変わるとしても(2010年(先行販売)、2011年)

ライブアルバム

  1. POETIC Live 1986(2009年)

ベストアルバム

  1. The Special Series 斉藤由貴(1985年)
  2. YUKI'S BRAND(1987年)
  3. Yuki's MUSEUM(1989年)
  4. YUKI's BEST(1995年)
  5. MYこれ!クション 斉藤由貴BEST(2001年)
  6. 斉藤由貴 SINGLESコンプリート(2007年)
  7. 斉藤由貴 ヴィンテージ・ベスト(2008年)
  8. Myこれ!Lite斉藤由貴(2010年)

オムニバス・トリビュートアルバム

  1. フロム・マム・トゥ・チルドレン ディズニー・ラブリーソングス(2002年)
    • 2曲目「ララルー (わんわん物語)」を歌唱。
  2. フロム・マム・トゥ・チルドレン ディズニー・ハッピーソングス(2002年)
  3. WOW! ディズニーマニア・ジャパン(2004年)
    • 上記「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を収録。
  4. ビューティフル塊魂 オリジナル・サウンドトラック「塊ステキ魂」(2007年)
    • 10曲目「カラフルハート」を歌唱。ゲームの項を参照。
  5. Carpenters FOREVER(2010年)

CD-BOX

  • 斉藤由貴CD-BOX 1(2003年)
  • 斉藤由貴CD-BOX 2(2003年)

NHK みんなのうた

出演

テレビドラマ

  • 野球狂の詩(1985年1月7日、フジテレビ) - 主演・水原勇気 役
  • 「恋はミステリー劇場」原島弁護士の愛と悲しみ(1985年2月13日、TBS、【初ドラマ収録】) - 原島の娘 役
  • スケバン刑事(1985年4月11日 - 10月31日、フジテレビ) - 主演・麻宮サキ
    • スケバン刑事 特別編 麻宮サキ名場面集 (1985年11月11日)
  • 父(パッパ)からの贈りもの(1985年6月17日 - 7月12日、NHK) - 主演
  • 連続テレビ小説(NHK)
    • はね駒(1986年4月7日 - 10月4日) - 主演:橘りん(おりん) 役
    • つばさ(2009年3月30日 - 9月26日、55~60、103~108に出演) - 末永紀菜子 役
    • おひさま(2011年4月4日 - 10月1日、NHK) - 原口房子 役
  • SF氏の不思議なトリップ(1987年2月8日、HBC制作・TBS系、【主演:田原俊彦】)
  • あまえないでヨ! (1987年1月15日 - 3月26日、フジテレビ) - 主演・西丸直 役
    • あまえないでヨ!スペシャル(1987年9月30日)
  • アナウンサーぷっつん物語「第5話」(1987年5月4日、フジテレビ) - 本人 役
  • とっておきの青春 (1988年1月6日 - 3月23日、NHK) - 主演・林郷子 役
  • 花園の迷宮 (1988年3月29日、日本テレビ) - 主演・北村ふみ 役
  • あそびにおいでヨ! (1988年7月4日 - 9月19日、フジテレビ) - 主演・田村虹子 役
  • ラジオびんびん物語「第5話」(1988年8月24日、フジテレビ) - 本人 役
  • 女優時代(1988年10月13日、読売テレビ) - 主演・乙羽信子
  • 私の心はパパのもの(1988年11月30日、日本テレビ) - 主演・尾堂美々子 役
  • 時間ですよ・新春スペシャル(1989年1月2日、TBS、【トーク出演】)
  • 結婚行進曲(1989年1月2日、フジテレビ、【古手川祐子沢口靖子と共演】)
  • はいすくーる落書(1989年1月6日 - 3月24日、TBS) - 主演・諏訪いづみ 役
    • はいすくーる落書スペシャル(1989年12月29日)
  • 湘南物語(1989年5月13日~7月8日、日本テレビ
  • 叫んでも…聞こえない(1989年8月26日、日本テレビ、24時間テレビ「愛は地球を救う」
  • LUCKY・天使、都へ行く(1989年10月19日 - 12月21日、フジテレビ) - 主演・真理 役
  • はいすくーる落書2(1990年7月13日 - 9月28日、TBS) - 主演・嵯峨いづみ 役
  • 世にも奇妙な物語秋の特別編「絶対イヤ!」(1990年10月4日、フジテレビ) - 主演・聡子 役
  • おとうと(1990年4月30日、TBS、【木村拓哉と共演】) - 主演・げん 役
  • 和宮様御留(1991年1月1日、テレビ朝日) - 主演・フキ 役
  • 貴族の階段(1991年4月6日、TBS) - 主演・氷見子 役
  • 「水曜グランドロマン・終戦特別企画」愛と哀しみのサハリン(1991年8月7日、日本テレビ) - 主演・イ・ヨンオク 役
  • 新十津川物語・明治編(1991年10月5日・12日、NHK) - 主演:津田(中谷)フキ 役
  • カネボウヒューマンスペシャル「終の夏かは」(1992年2月18日、日本テレビ) - 主演
  • 女事件記者 立花圭子(1992年4月9日 - 6月18日、テレビ朝日) - 主演・立花圭子 役
  • ベトナム難民少女 女医になるまでの哀しくも美しい10年(1992年6月25日、フジテレビ) - 主演
  • まったナシ!(1992年7月4日 - 9月26日、日本テレビ) - 主演・直井さくら(女将さん) 役
  • ラブストーリーは終わらない(1993年3月25日、読売テレビ) - 主演
  • 真夜中の目覚まし時計(1993年4月4日、日本テレビ) - 主演・わかば 役
  • 「社宅の噂」サスペンス・明日の13章(1993年4月5日、関西テレビ) - 主演
  • If もしも「彼女が座るのは、右のイスか?左のイスか?」(1993年5月6日、フジテレビ) - 主演
  • 火曜サスペンス劇場(日本テレビ)
    • 六月の花嫁シリーズ1993 「ウエディングベルをもう一度」(1993年6月8日) - 主演
    • 孤独の歌声(1994年3月29日) - 主演・朝山風希 役
    • 密告電話(1998年12月8日) - 主演・鈴木章子 役
    • 救命救急センターシリーズ(2000年 - 2002年) - 主演・坂木みのり 役
      • 救命救急センター(2000年7月18日)
      • 救命救急センター2(2001年3月20日)
      • 救命救急センター3(2001年6月26日)
      • 救命救急センター4(2002年6月4日)
    • 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人(2002年2月5日) - 坂口圭子 役
    • 緊急救命病院シリーズ(2003年 - 2005年) - 主演・松浦温子 役
      • 緊急救命病院(2003年6月24日)
      • 緊急救命病院II(2004年8月3日)
      • 緊急救命病院III(2005年7月12日)
  • 結婚 私が好きですか おさななじみ(1993年8月17日 - 31日、テレビ朝日) - 主演
  • 同窓会(1993年10月20日 - 12月22日、日本テレビ) - 主演・折原七月 役
  • 泣きたい夜もある(1993年4月4日、毎日放送/TBS)
  • 月曜ドラマスペシャル
    • 看護婦探偵・戸田鮎子(1)代理母殺人事件」(1994年7月11日 TBS) - 主演・戸田鮎子 役
    • 「看護婦探偵・戸田鮎子(2)死の誕生パーティ」(1995年3月20日 TBS)
  • ゼロの焦点(1994年6月1日 - 22日(4回・BS2)、1995年2月18日、25日(2回)NHK総合) - 主演・鵜原禎子 役
  • 福井さんちの遺産相続(1994年8月1日 - 9月26日、関西テレビ) - 主演・田之上ミチル 役
  • 世にも奇妙な物語秋の特別編「出られない」(1994年10月10日、フジテレビ) - 主演
  • 八代将軍吉宗 (1995年1月18日 - 12月10日、全48回 3~6・8・9、11~13回に出演、NHK) - 徳川綱吉息女・鶴姫
  • 金曜エンタテイメント 美人三姉妹温泉芸者が行く!シリーズ(1995年 - 2001年、フジテレビ) - 主演・三田春呼 役
    • 美人三姉妹温泉芸者が行く!(1995年2月24日)
    • 美人三姉妹温泉芸者が行く!2(1996年1月12日)
    • 美人三姉妹温泉芸者が行く!3(1996年9月27日)
    • 美人三姉妹温泉芸者が行く!4(1997年6月6日)
    • 美人三姉妹温泉芸者が行く!5(1998年2月27日)
    • 美人三姉妹温泉芸者が行く!6(2001年6月1日)
  • きっと誰かに逢うために「第11回」(1995年3月16日、テレビ東京)
  • 君を想うより君に逢いたい(1995年4月17日 - 6月26日、関西テレビ) - 河村菜摘 役
  • 水曜シリーズドラマ暴力教師~君に伝えたいこと(1996年8月21日 - 9月25日、NHK) - 大野曜子 役
  • 体外受精連続殺人「夫の子ではない!? 悪魔が精子をすり替えた…恐怖のFAX…オレノコダヨ…」(1996年6月21日) - 主演
  • 月曜ドラマスペシャル「佐賀・有田・龍文壺の殺意」(1996年7月15日) - 主演・津島彩子 役
  • フラれる女「恐怖の交換日記」(1997年1月10日、TBS) - 主演・山田亜樹 役
  • 美貌ゆえに波瀾の生涯 歌人原阿佐緒の恋(1997年2月11日、東日本放送) - 主演・原阿佐緒
  • 心療内科医・涼子「第4話 買い物しすぎる女」(1997年11月3日、読売テレビ)
  • 愛情旅行(1997年3月17日 - 3日20日、NHK) - 主演・三輪明子 役
  • 京都・金沢殺人事件(1998年4月20日、TBS) - 主演
  • 金曜エンタテイメント松本清張七回忌特別企画・薄化粧の男」(1998年6月26日、フジテレビ) - 風松ユリ 役
  • 永遠のアトム 手塚治虫物語(1999年4月15日、テレビ東京) - いがらしゆみこ
  • 別れたら好きな人(1999年1月6日 - 3月17日、テレビ東京) - 主演・小泉百会 役
  • 土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • 女詐欺師!愛川ナナの殺人捜査」(2000年1月29日) - 主演・愛川菜々子 役
    • 殺人銀行(2001年8月25日) - 主演・桐生若菜 役
    • 殺人ロケ・美女3人貧乏撮影隊が出会った三つの連続殺人!(2003年2月1日、【浅香唯と共演】) - 主演・九条麗子 役
    • 特ダネ(秘)記者!嘉門公平の殺人取材(2009年9月19日) - 矢神凛子 役
    • 警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!(2012年7月14日 - ) - 平井真琴 役
  • バカヤロー!2000「太るのは罪ですか?」(2000年3月29日、日本テレビ) - 主演・平瀬京子 役
  • ある日、嵐のように(2001年4月2日 - 6月4日、NHK) - 堀井佐和子 役
  • 「女と愛とミステリー」江戸小紋殺人事件(2001年9月23日、テレビ東京) - 主演・水沢菜津子 役
  • 山村美紗サスペンス「京都新婚旅行殺人事件」(2002年6月30日、BSジャパン、2002年7月3日、テレビ東京) - 主演・朱雀美知子 役
  • 花村杏介シリーズ「娘道成寺伝説殺人事件」(2002年12月13日、フジテレビ) - 田所瞳 役
  • 金田一耕助シリーズ「人面蒼」(2003年3月25日、TBS・東阪企画) - 松代 役
  • あなたには帰る家がある(2003年12月3日 BSフジ、製作は1997年) - 主演・真弓 役
  • 戦場カメラマンの愛と死「夫を失った妻…13年後涙の恋文が」(2004年3月12日) - 主演・沢田サタ 役
  • 女の一代記 瀬戸内寂聴~出家とは生きながら死ぬこと(2005年11月24日、フジテレビ、【主演:宮沢りえ】) - 寂聴の姉・瀬戸内艶 役
  • 女検事の報復・送られた殺人予告メール(2006年2月25日、テレビ朝日) - 主演・久留美 役
  • 吾輩は主婦である(2006年5月22日 - 7月14日、TBS) - 主演・矢名みどり 役
  • お・ばんざい!(2007年9月3日 - 10月26日、毎日放送) - 主演・花園くるみ 役
  • 歌姫(2007年10月12日 - 12月21日、TBS) - 松島鯖子 役
  • バッテリー(2008年4月3日 - 6月12日、NHK) - 原田真紀子 役
  • 小公女セイラ(2009年10月17日 - 12月19日、TBS) - 三村笑美子 役
  • 古代少女ドグちゃん(2009年10月8日 - 12月24日、毎日放送) - 杉原小百合)
  • 同窓会〜ラブ・アゲイン症候群(2010年4月22日 - 6月17日、テレビ朝日) - 主演・西川陽子 役
  • スペシャルドラマ卒業ホームラン」(2011年3月23日、テレビ東京) - 井上小百合 役
  • ドラマスペシャル 最後の晩餐 〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜(2011年5月14日、テレビ朝日) - 遠野奈津美 役
  • 陽はまた昇る(2011年7月21日 - 9月15日、テレビ朝日) - 遠野奈津美 役
  • レッスンズ(2011年11月27日、関西テレビ) - 黒沢可奈子 役
  • 金曜プレステージ「警察医・秋月桂の検死ファイル」(2012年2月10日、フジテレビ) - 主演・秋月桂 役
  • 第11回文芸社ドラマスペシャル 恋味母娘(2012年2月19日、テレビ朝日) - 主演・西山佐和子 役
  • スペシャルドラマ 明日をあきらめない…がれきの中の新聞社〜河北新報のいちばん長い日〜(2012年3月4日、テレビ東京) - 中島百合子 役
  • 水曜ミステリー9 介護ヘルパー紫雨子の事件簿シリーズ(テレビ東京) - 主演・宮島紫雨子 役
    • 介護ヘルパー紫雨子の事件簿1・青い鳥を待つ女(2012年6月13日)
    • 介護ヘルパー紫雨子の事件簿2・過去を捨てた男」(2013年9月4日)
  • 浪花少年探偵団(2012年7月2日 - 9月17日、TBS) - 原田日出子 役
  • 遺留捜査シリーズ(テレビ朝日) - 水沢響子 役
    • 第2シリーズ(2012年7月12日 - 9月6日)
    • 第3シリーズ(2013年4月17日 - 6月12日)
  • ドラマスペシャル 明日のマドレーヌ(2013年7月27日、テレビ東京) - 戸川郁子 役
  • クリスマスドラマ 天使とジャンプ(2013年12月23日 - 24日、NHK総合) - 和子 役
  • ドラマスペシャル ママが生きた証(2014年7月5日、テレビ朝日) - 田村敏子 役
  • 信長のシェフ Part2(2014年7月10日 - 、テレビ朝日) - 濃姫
  • 若者たち2014 第5話(2014年8月6日、フジテレビ) - 新城美穂 役

映画

舞台

  • マイ・フェア・レディ(1984年)
  • レ・ミゼラブル(1987年) - コゼット
  • から騒ぎ(1990年)
  • 5時の恋人(1992年)
  • 二十四の瞳(1994年)
  • 君となら 〜 Nobody Else But You 〜(1995年)
  • きららの指輪たち(1998年)
  • 人間風車(2000年)
  • 空のかあさま(2001年)
  • フレンズ(2001年)
  • にくいあんちくしょう(2002年) - 小袖
  • クラウディアからの手紙(2006年)
  • ゼブラ(2009年)
  • 斎藤幸子(2009年)
  • 奇跡のメロディ〜 渡辺はま子物語 〜(2010年)
  • わが町(2011年)
  • 紫式部ダイアリー(2014年) - 清少納言 *予定

ラジオドラマ

  • FMシアター「アディオス・ケンタウルス」(1986年1月4,5日、NHK-FM
  • FMシアター「ロボキッド」(2002年12月14日、NHK-FM)

インターネットショートムービー

  • identity(2007年)
  • metamorphosis(2007年)
以上の2作品はフジテレビによる「きっかけは、フジテレビ」キャンペーンの一環として制作され無料配信された。後にBSフジで放送。主題歌は斉藤の「家族の食卓」が使われ、また自作の詩も最後に朗読されている。

音楽番組

バラエティ

ドキュメンタリー

ラジオ

CM

声の出演

ゲーム

敵キャラクター「ユキだるま」のモデルとなっている(開発当時、キャラクターデザイナーの土居孝幸が斉藤のファンであった)。
ゲームBGM「カラフルハート」を歌っている。

著書

書籍

  • ネコの手も借りたい(1989年、小学館
  • 運命の女(1990年、角川書店
  • 幸せのビブリオン(1990年、小学館)
  • 今だけの真実(ほんと)(1991年、ニッポン放送出版)
  • 透明な水(1992年、角川書店)
  • 由貴的世界感情旅行(1992年、角川書店)
  • 双頭の月 運命の女(1993年、角川書店)
  • NOISY(1994年、角川書店)
  • いつでもわたし流(1998年、読売新聞社
  • 赤ちゃんあいしてる-斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記(2000年、小学館)
  • 私の好きなあの人のコト(2000年、新潮社

写真集

  • いつもそばにいて…由貴 (1985年、講談社)
  • 情熱―斉藤由貴写真集(1985年、ワニブックス
  • 風のめざめ 斉藤由貴写真集 漂流姫(1986年、ポニカ出版)
  • 斉藤由貴―ORACION (1988年、フジテレビ出版)

ビデオ

  • 由貴、燃えます! メイキング・オブ スケバン刑事(1985年)
  • 微・少女(1985年)
  • 漂流姫(1986年)
  • PANT(1988年)
  • one two YUKI'S TOUR(1990年)
  • MOONY MOON(1990年)
  • LOVE(1991年)
  • パーソナルコンサート 聖夜(1992年)
  • Concert ’95 ”moi”(1995年)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 公式プロフィール”. 東宝芸能. 2013年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c 斉藤由貴のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年12月17日閲覧。
  3. ^ 優勝者は沢口靖子
  4. ^ 【1989年5月】夢の中へ/あの独特な振り付けで斉藤由貴最大のヒット曲に”. Sponichi Annex (2011年5月10日). 2013年6月2日閲覧。
  5. ^ PARCO劇場 公演情報”. PARCO劇場. 2013年6月2日閲覧。
  6. ^ 斉藤由貴 25th Anniversaryコンサート〜何もかも変わるとしても〜”. PARCO劇場. 2011年12月17日閲覧。
  7. ^ 斉藤由貴 福岡Yahoo!JAPANドームでセレモニーに出演”. 東宝芸能. 2013年6月2日閲覧。

外部リンク