田中麗奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たなか れな
田中 麗奈
生年月日 1980年5月22日(34歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県久留米市
身長 158 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1995年 -
事務所 テンカラット
公式サイト TANAKA LENA OFFICIAL WEB SITE
主な作品
映画
がんばっていきまっしょい
はつ恋
東京マリーゴールド
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE
ゲゲゲの鬼太郎
テレビドラマ
猟奇的な彼女

田中 麗奈(たなか れな、1980年5月22日 - )は、日本女優

福岡県久留米市出身[1]テンカラット所属。

来歴

久留米市立上津小学校、久留米市立青陵中学校、西日本短期大学附属高等学校卒業[要出典]

5歳の時から既に女優を志し、小学校6年生の時から実際にオーディションを受け始める。そして、中学2年生の時に、父親の紹介で福岡のモデル事務所レイ・ワールド」に所属。数々の九州ローカルCMに出演を果たす。上京願望が非常に強く、中学卒業と同時にすぐにでも上京したかったが、「高校を卒業するまでは家を出てはいけない」と親に強く反対された。 高校に入ってから東京での仕事が急激に増えたが、親との約束を守り、高校卒業直後の1999年3月に上京した。それまでは毎週、東京と久留米を往復しながら芸能活動をしていた。

1998年に放送されたサントリーのジュース「なっちゃん」のCMの初代キャラクターで人気を集めた[2]

1999年末には荒井注を含むザ・ドリフターズの面々が揃った「写ルンです」の2000年正月用七福神のCMで共演。なお、荒井が2000年2月に逝去したため、ドリフターズ新旧面々の揃った映像はこれが最後となり、いかりや長介の著書『だめだこりゃ』にも紹介されている写真の中に田中も写っている。

人気が出てからも、テレビドラマへの出演やバラエティ番組の参加は、ほんの数本しかなかったが、2006年あたりから映画の番宣のフィルム出演としては、バラエティ番組の顔見せも目立ってきている。しかし主としては、引き続き映画(フジテレビが制作に携わっている作品が多い)かCMでの活動が中心だった。

2006年、主演映画『暗いところで待ち合わせ』で孤独な盲目女性役を演じた。この映画で共演したチェン・ボーリンとは同年『幻遊伝』でも再度共演した。さらに同年広島原爆をテーマとするこうの史代作の漫画『夕凪の街 桜の国』に惚れ込んで同作の映画化に出演を希望、それまでで最も社会性の強い作品のヒロインを演じる。また、同年11月8日発売の、melody.が歌うシングル「Lovin' U」のカップリング曲「Our Journey」を、melody.との共同で制作した。

2007年、『ゲゲゲの鬼太郎』初の実写映画で妖怪(正確には半妖怪)の猫娘を演じた。

ここ近年は、海外への進出にも力を入れている[3]

2008年、「犬と私の10の約束」「山桜」「築地魚河岸三代目」といった映画に主演。『ゲゲゲの鬼太郎・千年呪い歌』で引き続き猫娘を演じる。田中自身この猫娘を、実写版「鬼太郎」シリーズの持ち役として、今後も演じ続けてゆきたい旨のコメントをしている[どこ?]。4月からは主要キャストとしては連続ドラマ初登場となる『猟奇的な彼女』に出演したが、番組自体が視聴率的には苦戦した。10月、向田邦子の小説を原作に劇団ONEOR8がプロデュース公演を行う『思い出トランプ』で舞台に初挑戦。

2009年、NHKドラマ初挑戦となる金曜ドラマ『派遣のオスカル〜『少女漫画』に愛をこめて』の主演に抜擢され、映画の他に舞台やテレビドラマでの活躍も増している。

2010年11月9日、出身地の久留米市より、2011年春の九州新幹線鹿児島ルートの全線開業に伴う同市のPR事業のため「久留米ふるさと特別大使」に任命された[4]

人物

高校時代に2つのアルバイトを経験している。そのうち一つは、いとこと共に行った西鉄久留米駅近辺の定食屋でのアルバイトであった。

特技は茶道裏千家中級)、着付け、日常会話レベルの北京語

女優木内晶子中越典子、元モーニング娘。飯田圭織らと親交がある。

好きなアーティストはCHARA東京事変アヴリル・ラヴィーン山崎まさよしGReeeeNなど。

好きな映画は、「エターナル・サンシャイン」、「ホリデイ」、「ベスト・フレンズ・ウェディング」、「グリーン・デスティニー」など。ちなみに、「グリーン・デスティニー」は、田中麗奈自身が中国映画中国語に興味を持つきっかけになった作品[3]

主な出演

映画

テレビドラマ

モバイルサイトドラマ

舞台

アニメ

バラエティ番組

ラジオ

PV

  • メレンゲのシングル『underworld』 (2006年11月22日)
本作のジャケット写真にも田中麗奈の顔のアップが使用されている。さらに、本作には田中麗奈による朗読が収録されている。

CM

レイ・ワールド時代
  • 熊本ヴィラパークホテル (CMデビュー作、詩を朗読するという内容)
  • NTT西日本 「DENPO 115 (お祝い篇)」 (1996年。当時中学3年生。但し声は吹き替え)
  • 九州電力
  • 熊本ビブレ (デパート)
  • 大分トキハデパート 「バレンタインフェア」(「私にチョコを貰おうなんて10年早い!」というセリフで出演)
  • 新天町地下FAVO (ポスターにも登場)
  • 熊本・鶴屋百貨店
  • アステル九州 (「中原まい」という役名で出演)
  • 西日本アカデミー
  • きものの蝶屋 (久留米市の呉服店。広告にも登場)
  • トヨタカローラ大分
  • 出田眼科網膜研究所 (熊本市呉服町にある眼科医院)
  • 株式会社ハンナ(1999年からはルイザプロハンナ)「ハンナシャンプー」 (1997年、コギャルの格好でオジサンの頭を洗うという内容)
テンカラット時代
  • JR東日本 「TRAiNG」 (1998年3月10日 - 1999年、関東地区のみの放送)
  • 味の素 「ほんだし」 樹木希林との共演作(1998年8月 - 2005年)
  • サントリー
    • なっちゃん」(1998年 - 2001年、2005年)
      • 『舞台篇/映画篇』(1998年3月21日 - ) - 加賀まりことの共演作
      • 『高校野球篇』(1999年3月20日 - )
      • 『連ドラ篇』(1999年6月5日 - ) - えなりかずきとの共演作
      • 『初恋篇』(1999年9月1日 - ) - 金子統昭との共演作
      • 『振り返る篇』(2000年2月19日 - )
      • 『つぶやく(はちみつレモン)篇』(2000年9月2日 - )
      • 『頼み事(りんご)篇』(2001年3月17日 - )
      • 『泣き所(りんご)篇』(2001年4月1日 - )
      • 『さぐり合い篇』(2001年6月9日 - )
      • 『改 ケンカ篇』(2001年9月1日 - )
      • 『なっちゃん帰る篇』(2005年3月15日 - ) - 加瀬亮&中村優子との共演作
      • 『なっちゃん働く篇』(2005年4月2日 - ) - 加瀬亮との共演作
    • BOSS・HG」(2002年1月1日 - )
  • サントリー 「スーパーチューハイ」 (2002年 - )
    • 『浴室白桃篇』(2002年3月22日 - )
    • 『浴室5本篇』(2002年3月22日 - )
  • サントリー 「モルツ」(2003年 - )
    • 『樽生達人篇』(2003年2月15日 - ) - 原田泰造&アニマル浜口との共演作
    • 『出張樽生達人篇』(2003年7月26日 - ) - 原田泰造&アニマル浜口との共演作
  • 富士写真フイルム (1998年4月13日 - 2004年) - 香港でも放送されていた
  • NTTドコモ九州 (1999年2月10日 - 2003年)
  • ライオン植物物語」(1999年3月18日 - 2003年)
  • 朝日新聞(1999年3月 - )
  • 富士通FMV」(1999年5月 - 2000年) - 高倉健との共演作
  • 江崎グリコポッキー」 (1999年9月 - )
  • 第一生命 (1999年9月27日 - 2004年) - 第一でナイト(初代) 役
  • レオパレス21 (2001年 - 2003年)
  • ボシュロム・ジャパン 「メダリスト」 (2001年3月26日 - 2003年)
  • 森永乳業 「アロエヨーグルト」 (2001年4月 - 2004年)
  • 出光興産 (2001年4月 - 2003年)
  • LION 「ホワイト&ホワイト プライム」(2003年 - )
  • 資生堂プラウディア」 (2004年 - )
  • ダイハツBOON」 (2005年 - )
  • 武田薬品工業 「新アリナミンA、アリナミンA」 (2005年 - )
  • 資生堂TSUBAKI」 (2006年 - )
  • ゴールドクレスト 「タワー・マンション」 (2007年 - )
  • 大塚製薬
    • 「フルーツ大豆バー・SOYJOY豊川悦司との共演作(2007年6月9日 - )
      • 『大豆な言い訳(女性)篇』 (2007年6月9日 - )
      • 『大豆な言い訳(男性)篇』 (2007年7月 - )
      • 『勝手に読唇術篇』 (2007年8月 - )
    • SOYJOY・プルーン Feプラス
      • 『勝手に会話参加篇』 (2007年10月6日 - )
      • 『暴食自慢篇』 (2007年12月8日 - )
      • 『勝手に会議中継篇』 (2008年2月2日 - )
      • 『女優とマネージャー篇』 (2008年3月1日 - )
      • 『プラス思考篇』 (2008年9月17日 - )
    • SOYJOY・ストロベリー
      • 『いちご娘篇』 (2008年4月5日 - )
      • 『これからは低GI篇』 (2008年6月13日 - )
    • SOYJOY・オレンジ 葉酸プラス
      • 『世界的女優篇』 (2008年10月4日 - )
      • 『女優と社長篇』 (2009年1月17日 - )
    • SOYJOY・バナナ Caプラス
      • 『明日のバナナ篇』(2009年4月1日 - ) - 豊川悦司&薬師丸ひろ子との共演作
  • トヨタ自動車ヴィッツリラックマとの共演作
    • 『リラックス篇』 (2008年9月26日 - )
    • 『サボテン篇』 (2009年9月 - )
  • ニッセン (2009年4月 - )
  • 舞台『おくりびと』 (2010年1月 - ) - 中村勘太郎との共演作
  • 森永乳業リプトン エクストラショット」 『ジェンガ篇』 (2010年5月12日 - )
  • ハウス食品
    • 「完熟トマトのハヤシライスソース」 (2011年5月 - )
    • うまかっちゃん」『田中麗奈登場編』(2014年8月4日 - )
  • サッポロビール「プレミアムアルコールフリー」
    • 筧利夫との共演作
      • 『ノンアルはここまで来た夏篇』 (2011年7月13日 - )
      • 『ノンアルはここまで来た冬篇』 (2011年11月30日 - )
    • 宮川大輔との共演作
      • 『縁側でいただいちゃいます篇』(2012年2月 - )
      • 『会議でいただいちゃいます篇』(2012年2月 - )
      • 『後味までこだわり篇』(2012年2月 - )
      • 『新しくなりましたね篇』(2012年2月 - )
      • 『プレミアムアルコールフリーブラック誕生篇』(2012年5月 - )
  • 花王ピュオーラ」(2013年9月 - )
    • 『新しくなった洗口液篇』(2013年9月23日 - )
    • 『新しくなったハミガキ篇』(2013年9月23日 - )
    • 『歯みがきシート新発売!篇』(2013年9月23日 - )

広告モデル

  • NICOLE CLUB (1999年度で終了)
  • GOLDWIN ウェアカタログ (2000年 - 2003年)
  • 政府広報 「インパク(インターネット博覧会)」 (2000年3月5日の新聞全面広告に掲載)
  • 日本ジュエリー協会 「第17回ジュエリーデー・キャンペーン」イメージリーダー (2002年11月11日 - 2003年11月10日)
  • ニッセン (2009年4月 - )

受賞歴

書籍

写真集

VHS・DVD

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 公式プロフィール”. テンカラット. 2014年5月3日閲覧。
  2. ^ 2001年までこのCMシリーズが放送された。その後は同社のビール類のCMに出演していたが、2005年3月放送のCMで4年ぶりに復帰した。
  3. ^ a b c “『幻遊伝』田中麗奈 単独インタビュー”. シネマトゥディ. (2006年8月24日). http://www.cinematoday.jp/page/A0001148 2011年12月16日閲覧。 
  4. ^ “久留米ふるさと特別大使に田中麗奈さんが就任「キラリ久留米」”. city of kurume. (2010年12月21日). http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1500soshiki/9002sinkatu/3010oshirase/2010-1110-1303-7.html 2011年12月16日閲覧。 

関連項目

外部リンク