銀色のシーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀色のシーズン
監督 羽住英一郎
脚本 坂東賢治
製作総指揮 亀山千広
出演者 瑛太
田中麗奈
玉山鉄二
青木崇高
佐藤江梨子
音楽 佐藤直紀
主題歌 コブクロ「WHITE DAYS」
撮影 西村博光清久素延
編集 松尾浩
製作会社 フジテレビジョン
ROBOT東宝電通
配給 東宝
公開 日本の旗 2008年1月12日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.4億円
テンプレートを表示

銀色のシーズン』(ぎんいろのシーズン)は、2008年1月12日に公開された日本映画

概要[編集]

「雪山の何でも屋」を名乗る男3人組と結婚を控えた女性を中心とした雪山を舞台とした群像劇。監督は『海猿』シリーズで初の映画監督を務めた羽住英一郎

『海猿』の撮影が行われていた2003年夏に「スキーを題材にした映画」として企画が挙がっていたが、当初羽住はスキーの事を知らないということもあり断ったが、プロデューサーの堀部徹がカナダにあるウィッスラー スキー場で見た看板に書かれた「No guts,No glory.Go for it!(根性なしに栄光なし、行ってみろ!)」の言葉から本作のテーマを見出し撮影に踏み切った。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

その他[編集]

  • 映画撮影用のやぐらを固定するワイヤーに、リフトに乗っていた一般のスキー客3人がスキー板を引っかけるなどして落下し、重傷を負う事故が発生。一時的に撮影が中止された(2007年2月17日)。
  • 撮影は2006年12月から翌年4月6日にかけて、長野県北安曇郡白馬村スキー場や村内で行われたが、深刻な雪不足に苦しみ、最終的にニセコに移動、撮影を終了した。
  • 映画公開中は撮影の舞台となったスキー場でこの映画に関するパネルや写真の展示が行われている。
  • Wiiの『ファミリースキー』(バンダイナムコゲームス)のゲーム内に、銀と七海が登場している。
  • 2度ある競技シーンとも銀は黒一色のズボンを着用しているが、モーグル競技で選手は膝を揃えて滑っていることを審判にアピールできるように膝部分に切り返しの入った専用のウェアを着用していることが多い。が、上村愛子のように着用しない選手もいる。

外部リンク[編集]