忽那汐里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くつな しおり
忽那 汐里
忽那 汐里
2013年の忽那汐里
本名 忽那 汐里
生年月日 1992年12月22日(22歳)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州の旗 ニューサウスウェールズ州シドニー
キラニーハイツ
国籍 日本の旗 日本
オーストラリアの旗 オーストラリア
身長 160cm
血液型 A型
職業 モデル女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2006年 -
事務所 オスカープロモーション
公式サイト オスカープロモーション公式SNS

忽那 汐里(くつな しおり、1992年平成4年)12月22日 - )は、日本アイドル女優オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニー[1]キラニーハイツ出身の日系オーストラリア人三世。オスカープロモーション所属。

略歴

2006年、日本で女優を目指すためにシドニーから学校の冬休み(日本の夏にあたる)を利用して来日。オスカープロモーション主催の第11回全日本国民的美少女コンテストに参加、審査員特別賞を受賞。

2007年、『3年B組金八先生』(TBS)で帰国子女[注 1]の少女の役を演じて、女優デビュー。冬(オーストラリアの夏)に母親と弟が来日したため、東京で3人暮らしとなる。現在は母親と弟はオーストラリアに帰国している。

2008年、ユニチカ『ユニチカマスコットガール』[3]江崎グリコ『Pocky(ポッキー)』の第50代ポッキープリンセス[4]に抜擢された。

2009年、日本では初の開催となる国際生物学オリンピックの生物大使に任命された。また、『7万人探偵ニトベ』(ビーエス朝日)でドラマ初主演。

2011年、2月18日に堀越高等学校を卒業[5][注 2]。都内の大学に進学した[6]が、芸能活動と両立できず、2013年に中退した[7]

2012年には、第85回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞[8]と第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を、翌2013年には第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞[9]

人物

出演

役名の太字は主演作品。

映画

テレビドラマ

ドキュメンタリー

  • 第11回全日本国民的美少女コンテストグランプリ誕生密着ドキュメント(2006年9月10日、テレビ朝日
  • 忽那汐里 オーストラリア紀行〜大地を彩るアートと大自然の世界へ〜(2014年11月22日、BSフジ) - 旅人[18]

CM

広告

PV

WEB

  • モバドラvol.2 4×4 「美咲 〜never cry」(2010年3月24日、Universal J) - 美咲 役
  • 就活戦線異状あり(2010年5月3日 - 31日、LISMO Channel) - 玲奈
  • otogi★story 「かぐや姫」(2012年7月5日、NTTdocomoアプリ&レビュー) - かぐや姫

ゲーム

作品

DVD

写真集

受賞歴

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『金八先生』出演当時、日本語の発音に難があったために忽那の役は帰国子女という設定にせざるを得なかったという[2]
  2. ^ 同級生には、『少女たちの羅針盤』で共演した三浦萌永井杏西脇彩華などがいる。

出典

  1. ^ 2009ユニチカマスコットガール 忽那汐里”. ユニチカ. 2012年11月4日閲覧。
  2. ^ a b アナザースカイ. 日本テレビ. 2013年1月18日放送.
  3. ^ “忽那汐里がユニチカマスコットガールに”. 日刊スポーツ. (2007年11月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071106-279617.html 2012年11月4日閲覧。 
  4. ^ 忽那汐里が『第50代 ポッキープリンセス』に抜擢”. オリコンスタイル. オリコン (2008年9月29日). 2012年11月4日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ “成海璃子、忽那汐里、河北麻友子が堀越卒業”. スポーツニッポン. (2011年2月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/19/kiji/K20110219000274360.html 2013年4月22日閲覧。 
  6. ^ “忽那汐里が推薦入試で大学合格”. デイリースポーツ. (2010年12月17日). オリジナル2010年12月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101218063639/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/12/17/0003680569.shtml 2012年11月4日閲覧。 
  7. ^ “忽那汐里「大学中退」で変わるオスカー3人娘の勢力図”. 東京スポーツ. (2013年6月19日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/154273/ 
  8. ^ 2011年 第85回キネマ旬報ベスト・テン”. キネマ旬報社. 2012年1月19日閲覧。
  9. ^ 『日本アカデミー賞』優秀賞発表 最優秀候補は異例6作品”. オリコンスタイル. オリコン (2014年1月16日). 2014年1月16日閲覧。
  10. ^ PS』2011年8月号、小学館2011年
  11. ^ めざにゅ〜. フジテレビ. 2010年4月12日放送.
  12. ^ “忽那汐里さん(家政婦のミタ)”. 読売新聞. (2011年10月8日). オリジナル2011年10月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111011190841/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/interview/20111008-OYT8T00451.htm 2011年10月12日閲覧。 
  13. ^ 忽那汐里 (2010年3月31日). (インタビュー). “忽那汐里-様々な顔を見せる彼女の女優魂と等身大の姿に迫る!”. オリコンスタイル. http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/2010/biteki0331/index7.html 2012年11月4日閲覧。 
  14. ^ 小栗旬・忽那汐里、宮沢賢治原作のアニメ映画『グスコーブドリの伝記』のメイン声優に”. オリコンスタイル (2012年3月9日). 2012年11月4日閲覧。
  15. ^ 映画.com (2013年6月3日). “岡田将生、伊坂幸太郎「オー!ファーザー」映画化に主演!ヒロインは忽那汐里”. 2013年12月30日閲覧。
  16. ^ 映画.com (2015年1月13日). “内野聖陽「海難1890」主演で日本・トルコ両国の絆を体現!ヒロイン・忽那汐里は2役”. 2015年1月14日閲覧。
  17. ^ webザテレビジョン (2014年8月14日). “現代版“宇治十帖”! 伊藤淳史&忽那汐里で 「鵜飼いに恋した夏」を今秋放送!!”. 2014年9月14日閲覧。
  18. ^ 忽那汐里 オーストラリア紀行〜大地を彩るアートと大自然の世界へ〜(BSフジ)、2014年11月15日閲覧
  19. ^ アエラホーム新CM放送開始のお知らせ(2012年10月31日)
  20. ^ 映画.com (2014年5月27日). “マツコ「ミスド×モス」の「モスド」CMで忽那との10年契約に色気”. 2014年6月5日閲覧。
  21. ^ ポッカサッポロフード&ビバレッジ 「ヒラメキ宣言」忽那汐里出演TVCMを公開 navicon(2012年12月25日)
  22. ^ navicon (2013年4月18日). “ライオン、ハミガキ「デンタークリアMAXライオン」を一新、忽那汐里出演TVCMとメイキングを公開”. 2013年5月3日閲覧。
  23. ^ ファミ通App (2014年10月2日). “【動画】指先に気持ちイイ♪人気の農ゲー『ヘイ・デイ』いよいよCM放送開始”. 2014年10月4日閲覧。
  24. ^ マイナビニュース (2014年10月3日). “女優 忽那汐里が出演するゲームアプリ「ヘイ・デイ」の新CM公開”. 2014年10月4日閲覧。
  25. ^ 広報ポスター”. 消防試験研究センター. 2012年11月4日閲覧。
  26. ^ 『レイトン教授と超文明Aの遺産』キャスト発表! 謎の少女アーリア役は忽那汐里!”. ファミ通.com (2012年9月20日). 2012年11月4日閲覧。

外部リンク