消防試験研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一般財団法人消防試験研究センター(しょうぼうしけんけんきゅうセンター)は、危険物取扱者試験、消防整備士試験などを実施している法人。元総務省消防庁所管、1984年昭和59年)設立。

概要[編集]

おもな事業[編集]

  • 免状事業
    • 都道府県知事が交付する危険物取扱者免状消防設備士免状の申請受付・作成・交付事務の受託実施
    • 都道府県知事の要請によって行う、危険物取扱者及び消防設備士に係る免状情報・法定講習受講情報の登録管理
  • 調査研究事業 - 危険物保管設備・消防設備の調査及び研究
  • 消防防災公益基金事業 - 消防防災事業への助成

事業所[編集]

本部事務局の下部組織。全国で実施する各試験の受験票や結果通知の印刷・採点集計などを一括処理している。また東京都知事が施行する都域(実際には同センターが入居する消防技術安全所内、及び島嶼部のみで実施している)における試験、及び免状交付の申請窓口でもある。2010年度には従来扱っていなかった免状の書換・再交付に関しても受託しており、同年8月より都直轄として引き続き行っている東京消防庁の各消防署とともに受け付けている。
なお2010年度の事業計画に、本部とともに千代田区一ツ橋パレスサイドビルディングへ移転予定の記載(本部8月1日、試験場10月1日予定)があったが、実際には同年度に移転は行われず、翌2011年度計画では同センター試験会場確保の準備を行う旨の記述にとどまり、新会場所在地の明示もなくなるなど後退している。
  • 支部(46箇所)
すべての道府県庁所在都市に設置しており、それぞれの道府県内で知事が施行する試験を受託実施するとともに、その受験や交付する免状(新規・書換・再交付)の申請窓口となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]