桜庭ななみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくらば ななみ
桜庭 ななみ
生年月日 1992年10月17日(22歳)
出生地 日本の旗 日本鹿児島県[1]
身長 162.5 cm[1]
血液型 O型[1]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2007年 -
事務所 スウィートパワー
公式サイト NANAMI POWER
備考
ミスマガジン2008グランプリ

桜庭 ななみ(さくらば ななみ、1992年10月17日[1] - )は、日本女優鹿児島県出身[1]スウィートパワー所属。

略歴[編集]

デビュー前よりその容姿は地元で話題になっており、「鹿児島県にもの凄い美少女がいる」という噂を聞きつけた現事務所からスカウトされて、2007年夏に芸能界入りする[2][3]。スカウトされた時は、地元のゲームセンターで友人達とプリクラの撮影中だった[4]

2008年、2月9日放送の『栞と紙魚子の怪奇事件簿』第6話で、デビュー。同年5月、同時公開の『同級生』と『体育館ベイビー』で、映画初出演。また、ミスマガジン2008グランプリに約17,000人の中から選ばれ、同年の全国高校ラグビーフットボール大会においてイメージキャラクターを務めた。

2009年、劇場アニメ『サマーウォーズ』で声優に初挑戦。10月、TBSのホームページで配信された自身出演のネットドラマをきっかけに演劇・音楽グループbump.yが結成され、メンバーとなる。

2010年、日本雑誌協会キャンペーンキャラクターに選出された。ヒロインを演じた映画『最後の忠臣蔵』では高い評価を受け、日本アカデミー賞新人俳優賞など、多数の賞に輝く。

2012年10月17日、20歳の誕生日に記念写真集「Birth」を発売。

2014年4月、6月末にbump.yを卒業することを発表[5]

人物[編集]

受賞歴[編集]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • ミスマガジン2008 桜庭ななみ(2008年8月27日、バップ) - EAN 4988021154376
  • N・P(2009年9月25日、リバプール) - EAN 4571174016266

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

バラエティ[編集]

  • 開運音楽堂(2008年10月4日 - 2009年10月31日・2013年1月12日、TBS) - アシスタント

ドキュメンタリー[編集]

  • 森の賢者 海の哲人〜高校生が出逢った魔法のことば〜(2013年1月3日、NHK Eテレ) - ナビゲーター

ラジオ[編集]

CM[編集]

PR[編集]

PV[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • 朗読オーディオブック『ボクと7通の手紙』(2015年3月22日、e-Spirit Books) - 朗読[27]

書籍[編集]

  • B.L.T.U-17 Vol.9 Sizzleful Girl 2009 winter(2009年2月5日発売、東京ニュース通信社ISBN 978-4863360402 ※オムニバス写真集
  • B.L.T.U-17 Vol.10 Sizzleful Girl 2009 spring(2009年5月8日発売、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360532 ※オムニバス写真集
  • B.L.T.U-17 Vol.13 Sizzleful Girl 2009 winter(2010年2月5日発売、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360815 ※オムニバス写真集
  • B.L.T.U-17 Vol.15 Sizzleful Girl 2010 summer(2010年8月5日発売、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863361034 ※オムニバス写真集
  • B.L.T.B.L.T. MOVIE GIRLS Vol.1(2010年3月31日発売、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360860 ※オムニバス写真集
  • フォトカードマガジン PHOTORE vol.2 桜庭ななみ(2010年8月11日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863361065
  • B.L.T TOKYO Route 773 て・く・て・く・な・な・み (2009年11月号 - 2010年11月号、東京ニュース通信社)
  • 「N・P」[注 3](2009年9月10日発売、講談社ISBN 978-4-06-364794-5 ※ソロファースト写真集
  • 「階段 N↑UP」(2011年1月21日発売、講談社)ISBN 978-4-06-364850-8 ※ソロセカンド写真集
  • 「Birth」(2012年10月17日発売、ワニブックスISBN 978-4-8470-4497-7 ※ソロサード写真集

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オムニバス作品。合計4人の人物を演じる。
  2. ^ ラジオCMにも出演。
  3. ^ 『N.P』とは、「ななみ・パワー」の略である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 桜庭ななみ”. Sweet Power. 2015年5月4日閲覧。
  2. ^ ミスマガジンに桜庭ななみ あこがれの男性は長渕剛”. 47News (2008年7月14日). 2014年12月29日閲覧。
  3. ^ "今年の顔"に選ばれた桜庭ななみ、「私たち結婚したんです!」と突然の発表”. マイナビニュース (2012年11月2日). 2014年12月29日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞2010年12月24日大阪版夕刊2面インタビュー記事
  5. ^ “桜庭ななみら「bump.y」 女優業専念で全員卒業”. スポーツニッポン. (2014年4月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/21/kiji/K20140421008017180.html 2014年4月22日閲覧。 
  6. ^ 土曜スタジオパーク. NHK総合テレビ. 2009年6月13日放送.
  7. ^ 「東京少女」主演に桜庭ななみ抜てき”. 日刊スポーツ (2008年5月28日). 2014年12月29日閲覧。
  8. ^ 親子で”. オフィシャルブログ「power.」 (2013年2月27日). 2014年4月22日閲覧。
  9. ^ いとこと弟”. オフィシャルブログ「power.」 (2010年5月3日). 2014年4月22日閲覧。
  10. ^ 桜庭ななみ (2010年5月12日). 『書道ガールズ!! -わたしたちの甲子園-』桜庭ななみインタビュー. (インタビュー). ムビコレ.. http://www.moviecollection.jp/interview/detail.html?p=479 2012年10月18日閲覧。 
  11. ^ 桜庭ななみ (2010年5月20日). 自分に負けるのが嫌でなんにでも本気になっちゃうんです. (インタビュー). web R25.. http://r25.yahoo.co.jp/girl/detail/?id=20100520-00002315-r25 2012年12月28日閲覧。 
  12. ^ B.L.T. U-17 sizzleful girl』9、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2009年2月ISBN 978-4863360402
  13. ^ GIRLS LOCKS!”. TOKYO FM (2010年10月11日). 2015年5月4日閲覧。
  14. ^ すえのぶけいこ原作コミック『リミット』がテレビ東京でドラマ化!主演は桜庭ななみ、土屋太鳳、工藤綾乃、山下リオが出演”. テレビドガッチ (2013年5月13日). 2013年5月29日閲覧。
  15. ^ 桜庭ななみ 初の実写吹き替えで“失敗”「ノープランで行ったら…」”. スポニチアネックス (2014年9月1日). 2014年10月16日閲覧。
  16. ^ 中村雅俊×柴田恭兵「風の峠〜銀漢の賦〜」制作開始!”. NHKドラマ トピックス (2014年10月14日). 2014年12月29日閲覧。
  17. ^ 桜庭ななみ、「人狼ゲーム」映画化で主演!生死を懸けた心理ゲームに挑戦!”. シネマトゥデイ (2013年9月7日). 2013年9月9日閲覧。
  18. ^ 桜庭ななみ「今までにない映画だと私は感じた」 殺人ゲームの現場で受けた、女優としての刺激 - 映画『人狼ゲーム』”. マイナビニュース (2013年11月7日). 2014年10月16日閲覧。
  19. ^ 実写版『進撃の巨人』追加キャスト<女優篇> 水原希子がアクション初挑戦「全身全霊を込めて」”. cinemacafe.net (2014年7月30日). 2014年7月30日閲覧。
  20. ^ 実写版『進撃の巨人』13人の役名&ビジュアル解禁! 映画版新キャラクターは“7人””. cinemacafe.net (2014年11月20日). 2014年11月20日閲覧。
  21. ^ 美少女・桜庭ななみ16歳、ひと夏の経験をイメージぴったりに演じきった思い出は…!”. シネマトゥデイ (2009年8月24日). 2014年12月29日閲覧。
  22. ^ フル3DCG長編アニメ『ドットハック』が2012年1月に劇場公開”. 電撃オンライン (2011年8月23日). 2014年12月29日閲覧。
  23. ^ 『サマーウォーズ』で注目された桜庭ななみ、映画『ドットハック セカイの向こうに』でも主人公の声優務め「難しかった」”. シネマトゥデイ (2012年1月22日). 2014年12月29日閲覧。
  24. ^ News|桜庭ななみ Sweet Power 2014年9月1日閲覧
  25. ^ イベント情報”. 警視庁. 2015年4月27日閲覧。
  26. ^ 『龍が如く 維新!』ヒロイン役おりょうにタレントの桜庭ななみを起用!”. ファミ通.com (2013年9月19日). 2014年12月29日閲覧。
  27. ^ 桜庭ななみの朗読CD|寺井広樹原作「ボクと7通の手紙」”. e-Spirit Books (2015年3月18日). 2015年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]