南明奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみ あきな
南 明奈
プロフィール
愛称 アッキーナ
生年月日 1989年5月15日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 O型
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 80 - 59 - 83 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 グラビアタレントリポーター女優
その他の記録
第45回ゴールデン・アロー賞 グラフ賞受賞
第7代目 KYORAKUミスサプライズ
第2回日本グラビアアイドル大賞 受賞 (2009年)
モデル: テンプレート - カテゴリ

南 明奈(みなみ あきな、1989年5月15日 - )は、日本グラビアアイドルタレント、愛称はアッキーナ

神奈川県横浜市生まれ[1]横浜市育ち[2]。フリースタイルカンパニー所属。

経歴[編集]

人物[編集]

家族・愛称[編集]

ペットは犬2匹(ミニチュアダックスフントの「れお」、トイ・プードルの「ちびくろ」)と猫1匹(ノルウェージャンフォレストキャットの「パール」)。

愛称「アッキーナ」を名付けたのは『Hana*chu→』編集部のスタッフで、モデルの愛称を一人一人決める時に「響きが外国人っぽいし、いいんじゃない?」と簡単に決められたため、当時はダサいと思って気に入らなかった。『めざましテレビ』の「早耳トレンドNo.1」コーナーではVTR中、早耳ムスメがナレーターに下の名前で「○○ちゃん」と呼ばれるのが慣例だが、南の場合はそのまま「アッキーナ」と呼ばれた。『はねるのトびら』では必ずミユッキーナこと井森美幸のコンビでゲスト出演している。また、木下優樹菜が対抗して「ッキーナ」を自称したり、元木大介が「ッキーナ」、吉田明世(TBSアナウンサー)が「アッキー」と呼ばれたりするなど幅広く浸透しており、本人も「『南さん』と呼ばれるより『アッキーナ』と呼ばれる方がしっくりくる」と話している。

なお、お笑い芸人松尾伴内とは、縁戚関係にある。

趣味・特技・性格[編集]

趣味はメール、音楽鑑賞、事務用品・香水帽子の収集。

特技は和太鼓[3]裁縫

漫画好きでもあり、小学生時代は漫画家を目指していたこともあり、『りぼん』(集英社)の読者コーナーにイラストを投稿したこともある。結果的に画力が上がらず断念したが、「サキよみジャンBANG!」内のコーナーでは特徴を捕えたわかりやすい絵を描いている。

一匹狼的な性格で、高校時代も他の人と群れて移動するのを嫌っていた[4]。現在でも他のアイドルと交流することは少なく、空き時間では芸人などと会話する方が多いと語っている[5]。特にジャンBANGで共演するアメリカザリガニヒカリゴケなどの松竹芸能所属の芸人と交流することが多く、アメザリとは地方のトークショーなど他の仕事で共演する際も「安心する」と信頼している。

絶叫マシンが大好きな一方、お化けや心霊現象が大の苦手。ロケでお化け屋敷に入ったときや、ドッキリでお化けが出てきたときのどちらもパニックを引き起こしていた。

トヨタ・ヴォクシートライクを所有している。トライクは26時間テレビ・三輪車耐久レース優勝のご褒美として購入し、現在はさらにLEDブラックライトを搭載した改造仕様にしている[6]

好きな食べ物は、プリン、焼肉(ただし『とんねるずのみなさんのおかげでした』「新・食わず嫌い王決定戦」出演時点では牛タンが苦手だったが、現在は克服。)、もやしサーモンオムライスシチュークレープ、菓子、チュロス。寿司屋に行ったときは必ずサーモンを10貫以上頼む。またコーラを始めとする大の炭酸好き。

普通の飲料水・水道水が嫌いで長らく飲んでいない。(『堂本剛の正直しんどい』(2008年11月19日放送分)にて10年ぶりに飲むなど企画や仕事では飲むことがある)。お茶・コーヒーなど「味のない水」に関しても苦手だったが現在は克服している。また、水嫌いに影響してかお酒もカクテル系は飲めず、ウイスキー芋焼酎のロックのみ飲めるようである[7]

幼稚園から中学3年まで英会話学校に通っていたことがあり、英語が得意と自称している。また漢字の読みが得意であり、漢検5級(小学校6年生修了程度)を所持している[8]

プロ野球読売ジャイアンツファンだったが、栗山英樹監督にバースデープレゼントを贈与したことにより、日ハムファンに鞍替えした。

ゲーマーであり、2010年時点で現行ハードを全て所持し、所持本数1,000本以上、つぎ込んだ金額はハード・ソフト込みで最低でも110万円を超える。特に『メタルギアソリッド』や『龍が如く』といったバイオレンス系ゲームを好み、南が『メタルギアソリッド3』を何度もクリアしているシリーズのファンだという話が監督の小島秀夫に伝わり、『メタルギアソリッド4』には自身のポスターが登場している。また、『喧嘩番長』シリーズをプレーしている縁で、スパイクから発売されているゲーム(『喧嘩番長』シリーズ・『ガチトラ!』など)のCMにも出演している。

長くショートカットで髪の上だけを束ねる「噴水ヘアー」をトレードマークとしていたが、2009年7月頃から噴水ヘアーをやめ、髪色も茶髪にし、パーマをかけ始めた。本人は「最初は好きだったが後半はやめたくなった。だけど事務所が『トレードマークだから』と変えさせてくれなかった」と話している[9]

元々モーニング娘。に憧れて芸能界入りしたため、歌や踊りを行う本格的アイドルユニットに憧れており[10]、現在でもAKB48渡辺麻友ももいろクローバーZのファンであることを公言しており、ももクロに関しては人生で初めてファンクラブに入ったことを明かしている。

また、極度の負けず嫌いで勝利への執着心が強く、テレビ番組の企画で行われるゲームやスポーツに挑戦する際には常に真剣勝負で挑んでおり、その結果好成績を残すことも多い。

  • 2010年7月25日に放送されたFNS27局対抗!三輪車12時間耐久レース O-1 Grand Prix 2010では『ヘキサゴン』チームを日本一へと導き自分自身も嬉し泣きした。後日、南は「今まで『皆で頑張って試練を成し遂げる』経験がなく、昨年のレースを見て『来年は自分も出たい』と思ったために志願した」旨を語っている。
  • 2011年7月26日に放送された2011FNSの日、「めちゃイケVSヘキサゴン」内での相撲対決では2回の取り直しの上勝利し顔面粉だらけになりながらも勝利を収めて男勝りのガッツポーズを見せた。また、2012年1月1日の「新春ヒットパレード」内でも相撲を行い、こちらは1回の取り直し後に勝利した。
  • 『ヘキサゴン』の企画内で行われたボートレースにおいて参加メンバー中2位の記録を叩き出している。
  • ボートレースのイメージキャラクターは2010年から2013年まで4年間、担当してどのイロ、好きなの?等の名文句を出したが2013年の賞金王で卒業発表してファン等が衝撃を受けた。

その他にも巨大だるま落としで二段同時抜きを成功させたり、ミニキックターゲットを剛速球で宣言通りに射抜くなどの成果を出している。

カート関連[編集]

レーシングカートを始めとするスピード系スポーツも好んでおり、現在ではプライベートでも休日にサーキットへ行き、マイスーツ・マイヘルメットでカートの練習を行っている。

  • 1st写真集の撮影で訪れたタイにてカートで遊んだところ大クラッシュし鼻血を出したが、そのままカートで遊んだ。後の検査で鼻にヒビが入っていることが発覚したが、そのまま撮影を続行、しかし、あまりにも酷かった為に修正を加えたと本人が証言している。
  • 『ヘキサゴン』の企画内で行われたカートレースではプロのレーシングドライバーの (2011年の全日本F3選手権Nクラス王者)千代勝正を上回るタイムを出して女性1位となった[11]。また、『サキよみ ジャンBANG』内のミニカートレースでも後ろから来るカートをブロックするなどのテクニックを見せて優勝した。
  • 2011年10月1日に放送された『オールスター感謝祭'11秋』で実施した「赤坂カートグランプリ」では2回のマシントラブルによるリスタートがありながらも優勝した。その走りはコース監修とテクニック指導をした千代プロからもTwitterで「あの闘争心は是非とも見習いたいと思います」と評価された[12]
オールスター感謝祭の反響は大きく、本人も「2ヶ月ぐらいは言われ続けた」と語っている[13]。また、カートグランプリ以後モータースポーツ関連のイベントにも登場している[13][14]ほか、2012年7月には事務所スタッフや助っ人として参加したプロレーサーとともにプライベートでカートレースに参戦した[15]。また、現在は国際A級ライセンスを取得している[16]

クイズ!ヘキサゴンII[編集]

2008年1月30日放送分で初出演。その時は中位の成績だったものの、後の出演においてつるの剛士野久保直樹木下優樹菜里田まい上地雄輔スザンヌの「おバカ6人組」全員に負け最下位となり、司会者に「日本の最下位」と評された。以降は番組の終了まで常連出演となり、他番組ではおバカタレントと扱われることが増える。

初登場時は司会者が南をひいきしたため木下が怒り、その際に木下は「ユッキーナ」と言ったため、ユッキーナがそのまま木下の愛称になった。また、元木大介も他の出演者から「モッキーナ」と言われたため愛称が決まった。

その後も男性出演者陣はなにかと南をひいき(「アッキーナは間違えてもかわいいから許す」など)しており、その対比としてmisonoなどがイジリの対象となることがある。が、2010年12月に行われた番組の忘年会にて酔い潰れ、ラサール石井に対し暴言を吐いてしまった(山田親太朗が証言)[17]

ローラーブレード練習の努力が認められ、2008年12月より予定されていたローラーブレードチームに参加が決定。ユニット名も「南明奈のスーパーマイルドセブン」となりCDが発売された。2010年のヘキサゴンコンサートではさとう里香の代役として矢口真里とストローハットに参加していたが、2011年発売のヘキサゴンアルバムから正式メンバーとなった。

最終回を含めた出演回数は71回、予選ペーパーテスト最高順位は2010年6月30日放送分の10位、最高得点は2009年9月30日放送分の27点、最低得点は2008年7月9日放送分の6点である。

漢字や四字熟語などの国語問題や漫画問題での正解率は高い。

驚くとなぜか後ろにジャンプする傾向があり、番組では「秘技:猫ジャンプ」というテロップが表示されている。

その他[編集]

  • 2008年10月6日、2回目の出演となる『笑っていいとも!』生放送の途中で退席。南は自身のブログで番組途中からの不在を謝罪したが退席の理由について説明はなかった。後日所属事務所から「持病の偏頭痛が出ていた上、生放送の緊張感が重なって番組を続けることができなくなり、急遽病院に向かった」と事情説明があった[18]

出演番組[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ポスター[編集]

  • 名古屋市選挙管理委員会 2011年(平成23年)3月13日執行 名古屋市議会議員一般選挙
  • 2011 - 2012年建設業年末年始労働災害防止強調期間(2011年12月1日 - 2012年1月15日)

モデル[編集]

インターネット[編集]

モバイルサイト[編集]

PV[編集]

CM[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

デジタル写真集[編集]

  • 南明奈 デジタル写真集 Part1 『Premium』 (アスペクトデジタルメディア)
  • 南明奈 デジタル写真集 Part2 『Platinum』 (アスペクトデジタルメディア)
  • 南明奈 デジタル写真集 Part3 『Pearl』 (アスペクトデジタルメディア)
  • 南明奈 デジタル写真集 Part4 『Precious』 (アスペクトデジタルメディア)

書籍[編集]

DVD[編集]

  • アッキーナ(2006年2月10日、竹書房)
  • あきないあきな(2006年8月20日、竹書房)
  • スマイル×2 アッキーナ(2006年11月25日、GPミュージアムソフト
  • 南明奈 ハッピーエイティーン♥(2007年5月30日、スクウェア・エニックス
  • 最強少女(2007年9月12日、学習研究社)
  • アッチーナ(2007年12月14日、フォーサイド・ドット・コム
  • 夢雲〜お仕事ですよアッキーナ!〜(2008年5月23日、リバプール
  • アッキーナ大図鑑(2008年8月22日、竹書房)
  • 碧空〜卒業式だアッキーナ!〜(2008年10月24日、リバプール)
  • SMILES save the earth!〜笑顔は地球を救う!〜(2009年3月24日)
  • ぜんぶウソ Vol.4(2010年1月27日、バップ)※ウォッチャーとして出演
  • ココロノスキマ〜平成21年度情報セキュリティ対策ビデオ〜(警察協会

CD[編集]

  • とんちんかんちん一休さん(DVD付)(2007年7月11日)
  • My Baby Boy (DVD付)(2008年8月6日、Peachy's名義)
  • わたしのガーデン(チェルシー舞花とのデュエット、2009年6月1日・フジテレビKIDS WEB SHOP 限定販売)

トレーディングカード[編集]

  • 南明奈オフィシャルカードコレクション アッキーナ辞典(2006年9月17日、さくら堂

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wikipedia真相を本人直撃(今週の週刊FLASH) - 女性自身[光文社女性週刊誌](2012年04月24日)
  2. ^ 秘密のケンミンSHOW』(2009年2月19日放送)
  3. ^ 中学時代にサークルでやっていた。『リンカーン』2011年6月7日放送分などで披露している。
  4. ^ インタビュー:南明奈「マドンナじゃない、一匹狼の高校生でした」 - livedoorニュース(2009年06月11日)
  5. ^ テリー伊藤の月に吠えろ 2012年1月25日放送分より
  6. ^ 『新堂本兄弟』2011年9月4日放送 - 有名人&芸能人の愛車データベース(2011年10月12日)
  7. ^ 2011年6月の『アッコにおまかせ!』生放送中の本人発言による。
  8. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』の「アナウンスクイズ」より[いつ?]
  9. ^ 2011年9月5日放送分『新・堂本兄弟』より
  10. ^ Peachy'sや南明奈のスーパーマイルドセブンなど番組発ユニットには参加しているものの、本格的なアイドルユニットには参加していない。
  11. ^ 路面コンディションが違うため単純比較はできない
  12. ^ 「プロも賞賛」アッキーナのカート・テク 「ライン取りも完璧」とネットで話題 - J-CASTニュース(2011年10月2日)
  13. ^ a b LGがOptimus LTE L-01D発表会、南明奈がカートで原宿を疾走 - ケータイ Watch(2011年12月15日)
  14. ^ アッキーナ来場! SGT第2戦富士はイベント満載 - オートスポーツweb(2012年4月23日)
  15. ^ 初レース - 南明奈オフィシャルブログ アッキーナBlog(2012年7月9日)
  16. ^ 南明奈 エコドラ診断で高得点
  17. ^ 関ジャニ∞のジャニ勉 2011年6月29日放送分より
  18. ^ アッキーナ生放送から突然消えた! ブログで謝罪、理由は語らず - J-CASTニュース(2008年10月7日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]