芦田愛菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あしだ まな
芦田 愛菜
生年月日 2004年6月23日(10歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県西宮市
国籍 日本
身長 127cm[1]
血液型 A型
職業 子役タレント歌手
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2009年 -
公式サイト ジョビィキッズ
主な作品
テレビドラマ
Mother
江〜姫たちの戦国〜
マルモのおきて
明日、ママがいない
映画
阪急電車 片道15分の奇跡
うさぎドロップ
パシフィック・リム
円卓

芦田 愛菜(あしだ まな、2004年(平成16年)6月23日 - )は、日本子役タレント歌手。愛称は「愛菜ちゃん」など。兵庫県西宮市出身、東京都在住。所属事務所はジョビィキッズプロダクション、所属レコード会社はユニバーサルミュージック

経歴[編集]

2004年(平成16年)生まれで、テレビドラマ『マルモのおきて』で共演した鈴木福とは同学年である(誕生日は6日違い)。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ[2]2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、『ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』で子役デビューをした。

2010年(平成22年)、テレビドラマ『Mother』に出演して、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞等で新人賞を多数受賞、認知度を高める。同年9月に約300人が応募したオーディションを経て、2011年(平成23年)のNHK大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜』の宮沢りえ演じる茶々の幼少時代を演じることが決定した[3]。その後主人公・の長女(娘)であるの幼少期も担当する。この際、登場回は主演の幼少時代を演じる子役以外では珍しく、連名ではなくピンクレジットでのクレジット表記であった。

2011年(平成23年)3月にテレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める[4]。同年4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となる[5]。同年5月に『マルモのおきて』で共演した鈴木福と犬のムックとともに役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として同ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューをした[6]。同年10月からは「メレンゲの気持ち」でトークバラエティー史上最年少でMCを務める[7]。同年10月26日に「ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜」でソロでCDデビューをする[8]。同年12月31日に開催された『第62回NHK紅白歌合戦』にそれまで大橋のぞみ藤岡藤巻と大橋のぞみ)が持っていた9歳237日の最年少出場記録を更新する7歳193日で出場。「あしたを歌おう。〜こどもスペシャル〜」に登場の際は鈴木福と共にミッキーマウスの手を握って階段を下りてくる場面で転倒するハプニングもあった[9]

2012年(平成24年)1月24日に前年に出演した映画『うさぎドロップ』と映画『阪急電車 片道15分の奇跡』で第54回ブルーリボン賞の新人賞を史上最年少で受賞する[10]。同年1月27日に「マル・マル・モリ・モリ!」で第26回日本ゴールドディスク大賞の「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」と「ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)」の2部門を受賞する[11]。ドラマ「ビューティフルレイン」に出演した際には、小林義則監督によって「典型的な『憑依型』の女優」と評価された[12]。同年12月27日には「きゅりあん」にて単独コンサート公演『〜ウィンターワンダーランド〜』を務め上げた[13]

2013年(平成25年)には、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビューした[14]

2014年(平成26年)1月期ドラマ『明日、ママがいない』で連続ドラマ初の単独主演を果たす[15]。また、2013年には映画『円卓』(2014年6月公開)で映画初の単独主演を務めあげる[16]。同年6月、2012年いっぱいで休止していた歌手活動を再開し、8月6日には「ふぁいと!!/ゆうき」がリリースされた[17]。本人は「喉の調子ばっちりです」と気合十分でレコーディングに望み、「私の4枚目のシングル「ふぁいと!!/ゆうき」、皆さんに聞いてもらって、歌ってほしいです。「ふぁいと!!」は元気な曲、「ゆうき」はとっても素敵な曲で、どちらも大好きな曲です」とコメントした[18]。また、「ふぁいと!!」の振り付けは3日間で覚えたと話し、「皆さんにも『ふぁいとダンス』踊ってほしいです」とコメントした[17]。同年6月、ドラマ『マルモのおきて』が約3年ぶりに今秋SPドラマとして帰ってくることが明らかになった。本人は、「4年生になった薫と友樹、ずっと変わらない優しいマルモと、可愛いムックを家族みんなで楽しみに待っていてください」とコメントした[19]。同年8月、ドラマ『はなちゃんのみそ汁』に出演した際に、ドラマ『Mother』で実の親子役で共演した尾野真千子と約4年ぶりに再共演を果たした。[20]

人物[編集]

  • 3歳の時、母親に「オーディションがあるから行ってみようか」と言われた事がきっかけでプロダクション入り。最初はオーディションに落ちて泣いた経験も。
  • 4歳の時点でひらがなは全て読め、幼稚園〜小学校では本を1か月に60冊読むこともあるという愛読家。東京にいるときには標準語を話すが生まれ故郷の関西弁も上手である。
  • 5歳の時、『Mother』の書類審査で7歳に達しておらず、参加資格がないため、一度落選している。所属事務所から「駄目もとで良いから」とオーディションを受けたところ、「台詞」「質疑応答」が明らかに他の子供とは異なり、制作側はどうしても落とせなく、結果キャスティングすることになった。芦田のキャスティングにあたり、脚本などを一部変更している。[21]
  • 将来の夢は「一杯勉強して海外でも通用する女優さんになること」。
  • 好きな食物は歌舞伎揚都こんぶキュウリ野菜炒め筑前煮[22]アジのから揚げ[23]。嫌いな食べ物は茄子かぼちゃ[22][24]
  • 寝る演技が「寝なきゃ!」と意識し過ぎて目が動いたり、喉が動いたりするため苦手[25][26]
  • KARAAKB48のダンスを踊るのが好きである[27]
  • アニメ『ジュエルペット』の大ファンであり、主題歌のオファーが来た際に大喜びしたという[28]

受賞歴[編集]

2010年

2011年

2012年

出演[編集]

※役名が太字表記の作品は主演作品

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • 愛菜ちゃん・福くんが総合司会!泣いて、笑って2時間マルマル!元気モリモリSP (2011年7月3日、フジテレビ)- 総合司会
  • THE レンタル芸能人(2011年8月13日、11月18日、日本テレビ) - レンタル芸能人ショップ「MANAYA」店長
  • メレンゲの気持ち(2011年10月1日 - 2012年3月31日 、日本テレビ) - 久本雅美いとうあさこと共に司会[54]
  • カスペ!『愛菜ちゃんの年末大感謝祭!すごーい有名人とドキドキ遠足SP!!』(2011年12月27日、フジテレビ)[55]
  • あしだまなが行く!わらしべ長者の道(2012年5月1日 - 、BeeTV[56]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

声優[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • タカラトミー「リカちゃんカタログ2011.4 - 2011.9」(モデル、インタビュー)
    • タカラトミー「リカちゃんカタログ2011.10 - 2012.3、ジェニーカタログ2011.10」(上記のカタログの写真を流用)

雑誌[編集]

  • 小学一年生 表紙モデル(2011年4月号 -2013年3月号 、小学館)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高位
初回限定盤 通常盤
2011年7月13日(初回限定盤)
2011年5月25日(通常盤)
マル・マル・モリ・モリ![99] UMCA-59001 UMCA-50005 2位
1st 2011年10月26日[100] ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜 UMCA-59002 UMCA-50008 4位
2nd 2012年5月16日[28] ずっとずっとトモダチ UMCA-59004 UMCA-50015 17位
3rd 2012年8月1日 雨に願いを UMCA-59008 UMCA-50022 16位
4th 2014年8月6日[101] ふぁいと!!/ゆうき UPCH-89179 UPCH-80377 30位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2011年11月23日[100] Happy Smile! UMCA-19001 UMCA-10001 8位

その他の楽曲[編集]

コンサート[編集]

開催日 タイトル 場所
2012年12月27日 芦田愛菜 ファースト コンサート 〜ウィンターワンダーランド〜 きゅりあん 8階 大ホール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 芦田愛菜 BIOGRAPHY - ユニバーサルミュージック・ジャパン
  2. ^ 下野新聞2012年1月1日87面
  3. ^ “人気子役・芦田愛菜、大河ドラマ『江』で宮沢りえ演じる茶々の子役に抜擢”. ORICON STYLE. (2010年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/80548/full/#rk 2011年11月16日閲覧。 
  4. ^ “芦田愛菜、史上最年少6歳でドラマ初主演 ~『Mother』スタッフ再集結”. ORICON STYLE. (2011年1月31日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/84346/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  5. ^ “芦田愛菜、史上最年少で連ドラ初主演! 阿部サダヲと血の繋がらない“親子”役”. ORICON STYLE. (2011年2月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/85158/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  6. ^ “芦田愛菜&鈴木福、新ドラマ主題歌のCD発売 芦田、出来は「97点!」”. ORICON STYLE. (2011年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/music/86244/full/ 2011年11月17日閲覧。 
  7. ^ “芦田愛菜、「メレンゲ」で史上最年少MC”. サンケイスポーツ. (2011年9月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/110913/gnj1109130502003-n1.htm 2012年3月8日閲覧。 
  8. ^ “マルモリに続け! 芦田愛菜が10月ソロデビュー”. ニュース-ORICON STYLE. (2011年9月15日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2001806/full/ 2011年9月15日閲覧。 
  9. ^ “「あっ!」愛菜ちゃん転んじゃった…”. デイリースポーツ. (2012年1月1日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/01/01/0004716852.shtml 2012年2月12日閲覧。 
  10. ^ “愛菜ちゃん最年少、ブルーリボン新人賞に”. デイリースポーツ. (2012年1月1日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/01/01/0004716852.shtml 2012年2月12日閲覧。 
  11. ^ “愛菜ちゃん&福くんやったね!2部門受賞”. デイリースポーツ. (2012年1月28日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/01/28/0004774137.shtml 2012年3月10日閲覧。 
  12. ^ 重いテーマ 笑顔でつつみ 芦田愛菜ちゃん”. MSN産経ニュース. 2012年7月24日閲覧。
  13. ^ 芦田愛菜が初ソロコンサート「すっごく楽しみです」”. ナタリー. 2012年7月31日閲覧。
  14. ^ 芦田愛菜がハリウッドデビュー、SF超大作で嗚咽がでるほどの熱演- 最新ニュース|MSN トピックス
  15. ^ 芦田愛菜&鈴木梨央! 天才子役が夢の共演!!”. ザ・テレビジョン. 2013年11月30日閲覧。
  16. ^ a b 芦田愛菜ちゃん、行定勲監督「円卓」で映画初主演 関西弁で毒づきまくる!”. 映画.com. 2013年7月26日閲覧。
  17. ^ a b 愛菜ちゃん新曲披露イベントに「お天気が悪い中ありがとうございます!」”. Yahooニュース. 2014年8月12日閲覧。
  18. ^ 芦田愛菜ちゃん、2年ぶりに歌手活動再開”. ナタリー. 2014年5月30日閲覧。
  19. ^ 3年ぶりの再演で「嬉しい」とコメント”. シネマカフェネット. 2014年6月5日閲覧。
  20. ^ 『Mother』母と娘 再共演”. ZIP!(2014年7月21日放送). 2014年8月12日閲覧。
  21. ^ 芦田愛菜話題『Mother』オーディション”. 『日本人が好きな100人』より. 2014年1月23日閲覧。
  22. ^ a b 『愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ「なんで?」の魔法』 芦田愛菜と愛菜プロジェクト、講談社、東京、2010年12月5日ISBN 978-4062166171
  23. ^ 愛菜ちゃん、ロケで食べたアジのから揚げ お気に入り”. 『火曜サプライズ』ロケにて(URLはテレビドガッチ)。. 2013年9月17日閲覧。
  24. ^ “芦田愛菜、大人の事情に“きょとん?””. デイリースポーツ. (2011年8月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/08/25/0004402404.shtml 2011年11月2日閲覧。 
  25. ^ 『愛菜と福、たまにムック。』 扶桑社、東京、2011年6月3日ISBN 978-4594064181
  26. ^ “『マルモのおきて』芦田愛菜ちゃんが苦手とする演技とは?”. 新刊JP. (2011年6月17日). http://www.sinkan.jp/news/index_2017.html??news2041 2011年11月21日閲覧。 
  27. ^ 芦田愛菜、KARA顔負けのキュートなヒップ・ダンスを披露 | マイナビニュース
  28. ^ a b “芦田愛菜、今年も歌手活動スタート! 7ヶ月ぶり新曲は『ジュエルペット』主題歌”. ORICON STYLE. (2012年3月16日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2008507/full/ 2012年3月16日閲覧。 
  29. ^ “日本アカデミー賞優秀賞発表 『悪人』が最多13部門15受賞 芦田愛菜が最年少新人賞に”. ORICON STYLE. (2010年12月17日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/83120/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  30. ^ “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞”. webザテレビジョン. (2010年8月4日). http://blog.television.co.jp/drama/academy/2010/08/04/ 2012年2月15日閲覧。 
  31. ^ 過去20年・歴代受賞作&受賞者プレイバック”. TV LIFE. 2011年12月22日閲覧。
  32. ^ ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010年間大賞”. TVnavi. 2012年2月25日閲覧。
  33. ^ “嵐・二宮主演『フリーター〜』、東京ドラマアウォードでグランプリ受賞”. ORICON STYLE. (2011年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2002278/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  34. ^ “芦田愛菜、「話題の人物賞」を受賞! 会場ではドラえもんに興味津々”. ORICON STYLE. (2011年11月8日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2003508/full/ 2011年11月17日閲覧。 
  35. ^ “AKB48らが『レコ大』大賞候補に 『第53回日本レコード大賞』各賞発表”. ORICON STYLE. (2011年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2003900/full/ 2011年11月29日閲覧。 
  36. ^ “AKB48、東方神起らがレコ大優秀作品賞に! 特別賞は「マル・マル・モリ・モリ!」”. webザテレビジョン. (2011年11月21日). http://news.thetv.jp/article/26148/ 2011年11月29日閲覧。 
  37. ^ “「日本有線大賞」候補にAKB48、氷川きよしら8組決定”. ORICON STYLE. (2011年11月26日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2004119/full/ 2011年12月6日閲覧。 
  38. ^ “日本有線大賞 : 大賞候補にAKB48 新人賞にマルモリコンビを選出”. まんたんウェブ. (2011年11月30日). http://mantan-web.jp/2011/11/30/20111130dog00m200015000c.html 2012年2月18日閲覧。 
  39. ^ “芦田愛菜が最年少受賞 浅草芸能大賞”. デイリースポーツ. (2011年11月16日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/11/16/0004621559.shtml 2011年11月17日閲覧。 
  40. ^ “芦田愛菜 史上最年少受賞!夢は「ピアノ弾ける女優」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/25/kiji/K20120125002499080.html 2012年1月25日閲覧。 
  41. ^ “日本ゴールドディスク大賞 : マルモリコンビが2部門受賞「これからも歌っていきたい」”. まんたんウェブ. (2012年1月27日). http://mantan-web.jp/2012/01/27/20120127dog00m200055000c.html 2012年1月27日閲覧。 
  42. ^ “愛菜ちゃん&福くん「とてもうれしいです!」”. webザテレビジョン. (2012年1月28日). http://news.thetv.jp/article/27686/ 2012年1月31日閲覧。 
  43. ^ “「トイレの神様」、北乃きい主演でドラマ化”. ORICON STYLE. (2010年11月29日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/82531/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  44. ^ “芦田愛菜、7歳で結婚体験&白無垢姿初披露 大河『江』再出演”. ORICON STYLE. (2011年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/89678/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  45. ^ “芦田愛菜 : 次は連ドラ初主演 阿部サダヲとフジ日9「マルモのおきて」で”. まんたんウェブ. (2011年2月25日). http://mantan-web.jp/2011/02/25/20110225dog00m200002000c.html 2012年1月2日閲覧。 
  46. ^ “マルモリダンス復活! 『マルモのおきて』がSP版で10月9日放送決定”. ORICON STYLE. (2011年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001388/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  47. ^ ドラマ内で着用した洋服に問い合わせが殺到する“愛菜売れ”現象が起きた。衣装協力をした子供服ブランド『chocola(ショコラ)』や『hakka kids(ハッカキッズ)』ではドラマ放送後から問い合わせが殺到し、ネットで商品を売り出すと瞬く間に完売していく状態だった“芦田愛菜が着た子供服バカ売れ 「瞬く間に完売する」とメーカー”. NEWSポストセブン(小学館. (2011年6月18日). http://www.news-postseven.com/archives/20110618_23563.html 2011年11月20日閲覧。 
  48. ^ “イケメンあっちゃんに愛菜ちゃん「かっこいい!」”. デイリースポーツ. (2011年6月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/30/0004223598.shtml 2011年11月17日閲覧。 
  49. ^ “北川景子、終戦記念ドラマ「この世界の片隅に」で主演に決定!小出恵介と夫婦に 片腕を失いつつも健気に夫を支える妻に”. シネマトゥデイ. (2011年6月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0032967 2012年1月4日閲覧。 
  50. ^ “芦田愛菜、キムタクドラマに出演決定〜仲間由紀恵ら追加キャスト続々発表”. ORICON STYLE. (2011年9月12日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001679/full/ 2011年11月10日閲覧。 
  51. ^ あまりに大きな樺太犬に戸惑い泣きそうになるのを我慢していたが、共演した木村拓哉が近くに寄り添い、樺太犬の触り方などを助言して緊張をほぐしていた“木村拓哉 『南極大陸』でカラフト犬に怯えた芦田愛菜に助言”. NEWSポストセブン(小学館). (2011年10月23日). http://www.news-postseven.com/archives/20111023_66398.html 2011年11月20日閲覧。 
  52. ^ “ライアーゲーム : 芦田愛菜主演のスピンオフドラマ 3月に4夜連続放送”. まんたんウェブ. (2012年2月23日). http://mantan-web.jp/2012/02/23/20120223dog00m200037000c.html 2012年2月23日閲覧。 
  53. ^ “『家族のうた』の次は再び芦田愛菜! 豊川悦司とダブル主演で父娘愛描く”. ORICON STYLE. (2012年5月10日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2011339/full/ 2012年5月10日閲覧。 
  54. ^ “芦田愛菜、7歳最年少司会…日テレ「メレンゲの気持ち」”. スポーツ報知. (2011年8月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110802-OHT1T00007.htm 2011年8月3日閲覧。 
  55. ^ “愛菜ちゃんの魅力を“ギュ”っと詰め込んだ特別番組が今夜放送!”. webザテレビジョン. (2011年12月27日). http://news.thetv.jp/article/26931/ 2012年1月23日閲覧。 
  56. ^ “芦田愛菜が“わらしべ長者”に挑戦 携帯BeeTVで初の冠レギュラー番組スタート”. ORICON STYLE. (2012年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2010869/full/ 2012年4月29日閲覧。 
  57. ^ アナウンサー 村西利恵 (cafe:Rie's closet)”. 関西テレビ放送 (2011年3月3日). 2011年12月28日閲覧。[リンク切れ]
  58. ^ “天才子役・芦田愛菜、日本アカデミー賞女優・宮本信子と59歳年の差共演決定!”. シネマトゥデイ. (2010年11月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0028654 2011年11月2日閲覧。 
  59. ^ “松山ケンイチがイクメン役で天才子役・芦田愛菜と共演”. ORICON STYLE. (2010年8月5日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/78824/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  60. ^ “芦田愛菜が『ライアーゲーム』最年少事務局員役で笑顔封印”. ORICON STYLE. (2011年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2003865/full/ 2011年12月24日閲覧。 
  61. ^ “芦田愛菜、『のぼうの城』で農家の娘に!戦う者たちを元気づける愛らしい農民姿公開!”. シネマトゥデイ. (2010年9月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0035252 2011年11月2日閲覧。 
  62. ^ 芦田愛菜、ハリウッドデビュー決定!SF大作『パシフィック・リム』に出演!”. シネマトゥデイ (2012年12月14日). 2012年12月18日閲覧。
  63. ^ “鶴瓶、53歳年の差の子役とハリウッド映画の声優に!人生初のレッドカーペット体験も決定!”. シネマトゥデイ. (2010年6月18日). http://www.cinematoday.jp/page/N0025060 2011年11月2日閲覧。 
  64. ^ キャラクター/キャスト | 二ノ国 白き聖灰の女王、2011年9月20日閲覧。
  65. ^ “北川景子、男の子役で声優初挑戦 妹役は芦田愛菜”. ORICON STYLE. (2011年8月7日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000563/full/ 2011年11月2日閲覧。 
  66. ^ “芦田愛菜、自ら堂々と発表!プリンセス・マーナ姫役で声優出演決定!キュートに主題歌を披露”. シネマトゥデイ. (2012年3月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0040775 2012年3月30日閲覧。 
  67. ^ 鶴瓶師匠と愛菜ちゃんが再タッグ!中島美嘉さんの参加もサプライズ発表!吹替えキャスト発表会見”. 映画『怪盗グルーのミニオン危機一髪』公式サイト (2013年4月4日). 2013年8月20日閲覧。
  68. ^ “人気子役・芦田愛菜がランドセルCM出演 キュートな笑顔でおねだり”. ORICON STYLE. (2010年8月10日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/78898/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  69. ^ “芦田愛菜、今度は多忙な“主婦役”に”. ORICON STYLE. (2011年5月14日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/87655/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  70. ^ “芦田愛菜と鈴木福の『マルモリ』コンビがCMで再共演”. ORICON STYLE. (2011年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000417/full/ 2011年11月17日閲覧。 
  71. ^ “芦田愛菜&鈴木福、2人で仕切る“入学準備説明会””. ORICON STYLE. (2011年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2003043/full/ 2011年11月17日閲覧。 
  72. ^ “愛菜ちゃん母の日に家事…「感謝し隊!」”. 日刊スポーツ. (2012年4月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120410-931645.html 2012年4月19日閲覧。 
  73. ^ ““風紀委員”愛菜&福が新入生をチェック”. サンケイスポーツ. (2012年6月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120620/oth12062005060017-n1.html 2012年6月23日閲覧。 
  74. ^ “芦田愛菜、忙しい朝に家族団らんを演出”. ORICON STYLE. (2011年6月2日). http://gourmet.oricon.co.jp/88356/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  75. ^ “芦田愛菜「もちふわ食パン」キャラクターに”. サンケイスポーツ. (2011年1月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/110128/gnj1101281201020-n1.htm 2011年12月27日閲覧。 
  76. ^ “メイキングでは“少女”の表情も! 芦田愛菜新CM公開”. RBB TODAY. (2012年3月1日). http://www.rbbtoday.com/article/2012/03/01/86850.html 2012年3月2日閲覧。 
  77. ^ “芦田愛菜「リカちゃん ごっこ遊びナビゲーター」に! リカちゃんとリアルに遊ぶ映像をDVDに収録”. ORICON STYLE. (2011年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/deview/89886/ 2012年4月24日閲覧。 
  78. ^ “芦田愛菜、ひよこの着ぐるみ姿披露「がんばりますピヨ」”. ORICON STYLE. (2011年8月4日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000474/full/ 2011年10月30日閲覧。 
  79. ^ “芦田愛菜、所ジョージに「作ってください!」とおねだり”. ORICON STYLE. (2011年11月4日). http://gourmet.oricon.co.jp/2003413/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  80. ^ “芦田愛菜、キュートな“ひよこ口”で 「シュン…」”. ORICON STYLE. (2012年1月26日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2006252/full/ 2012年1月27日閲覧。 
  81. ^ “岡田将生、芦田愛菜の視線に思わず「ドキッ!」”. ORICON STYLE(オリコン). (2011年8月31日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001292/full/ 2011年10月30日閲覧。 
  82. ^ “芦田愛菜が白衣の研究員に 彼女の魅力は「大人の無邪気さ」説”. NEWSポストセブン(小学館). (2011年9月2日). http://www.news-postseven.com/archives/20110902_30185.html 2011年10月30日閲覧。 
  83. ^ キヤノン:パーソナル向けデジタルビデオカメラ iVIS|広告ギャラリー”. 2012年2月18日閲覧。
  84. ^ “芦田愛菜ちゃん、「運動会みたい!」と撮影忘れて大興奮”. ORICON STYLE. (2012年2月12日). http://eiga.com/news/20120212/6/ 2012年2月18日閲覧。 
  85. ^ カゴメCMギャラリー
  86. ^ “芦田愛菜、新たな出演CMは「アデランス〜♪」”. oricon life(オリコン). (2011年9月30日). http://life.oricon.co.jp/2002277/full/ 2011年10月30日閲覧。 
  87. ^ “芦田愛菜がアデランスCMに登場! 愛らしい「アデランスにしてよかったね」のセリフに利用者急増!?”. シネマトゥデイ. (2011年9月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0035792 2011年10月30日閲覧。 
  88. ^ サーモス/愛菜ちゃんのシャトルシェフ紹介”. サーモス株式会社. 2011年10月13日閲覧。
  89. ^ “芦田愛菜、キュートなエプロン姿で新CMに出演”. oriconグルメ(オリコン). (2011年11月1日). http://gourmet.oricon.co.jp/2003320/full/ 2011年11月3日閲覧。 
  90. ^ “芦田愛菜、お菓子が大好き「屋根からたべちゃいます!」ブルボン新CM発表会”. マイコミジャーナル(毎日コミュニケーションズ). (2011年10月20日). http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/20/035/ 2011年10月20日閲覧。 
  91. ^ 「おいしさ、思いやり、いつもいっしょに。」お菓子の不思議な力“新企業CM”に芦田愛菜ちゃん起用!! (PDF)”. ブルボン株式会社 (2011年10月19日). 2011年10月20日閲覧。
  92. ^ ブルボン「焦がしチーズせん」「焦がしポテトせん」公式サイト
  93. ^ 公式サイトCMギャラリー
  94. ^ “芦田愛菜、新CMはトレンチコートで“大人モード””. ORICON STYLE. (2011年12月21日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2004952/full/ 2011年12月22日閲覧。 
  95. ^ “愛菜ちゃん「おかいものクマ」とドライブ”. サンケイスポーツ. (2011年12月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/111221/gnj1112210503002-n1.htm 2011年12月22日閲覧。 
  96. ^ “芦田愛菜がエステのCM出演 美の秘訣「何もしてない」”. ORICON STYLE. (2012年1月20日). http://beauty.oricon.co.jp/news/2006005/full/ 2012年1月20日閲覧。 
  97. ^ “まいうー連発、石ちゃん「冷たい塩ラーメン」開発”. お笑いナタリー. (2012年4月26日). http://natalie.mu/owarai/news/68447 2012年5月4日閲覧。 
  98. ^ SUBARU : 動画ライブラリー | Channel SUBARU
  99. ^ 鈴木福とのユニット薫と友樹、たまにムック。」名義
  100. ^ a b 芦田 愛菜 DISCOGRAPHY”. ユニバーサルミュージック. 2011年11月3日閲覧。
  101. ^ 芦田愛菜! 2014年8月6日(水)4thシングル「ふぁいと!!/ゆうき」発売決定!

外部リンク[編集]