倉科カナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くらしな かな
倉科 カナ
本名 倉科 カナ
生年月日 1987年12月23日(26歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県熊本市
身長 158cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2006年 -
家族 父、母、妹、弟
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト KANA KURASHINA OFFICIAL WEB SITE
主な作品
テレビドラマ
根津サンセットカフェ
エリートヤンキー三郎
ウェルかめ
おじいちゃんは25歳
名前をなくした女神
映画
GROW 愚郎
スーパーカブ
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
砂時計

倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 - )は、日本女優タレント。本名同じ。

熊本県熊本市出身、ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

来歴・人物

熊本信愛女学院高等学校卒業。同高校3年生の2005年、冒険心から受けた[1]「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞。ただし当時は学業優先だったため、卒業を待って上京し、本格的にタレント活動を開始。なお、弟が誕生した日に合わせて、母が病院のベッドの上で事務所の契約書にサインをしたため、自身の役者、タレントとしてのキャリアは弟の人生とともにスタートを切ったと語る[2]

2006年6月、『ミスマガジン2006』でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開。同年10月からはTBS開運音楽堂』に出演。2006年7月からの一時期、「ミスマガジンフットサルチームに加入していた。

一方で女優業も開始。NHK教育NHKワールドで放送された外国人向け日本語教育番組『エリンが挑戦! にほんごできます。』のスキットパートに出演。

2008年4月から12月まで、NHK総合土曜スタジオパーク』のレギュラーを務める。

2009年後期の連続テレビ小説ウェルかめ』の主演女優(ヒロイン)に1775人[1]の応募者の中から選ばれる[3]。朝ドラのヒロインのオーディションは『どんど晴れ』から受け続け、これが5回目の挑戦だった[4]。ミスマガジン出身者がNHK連続テレビ小説のヒロインを務めるのは『はね駒』(1986年前期)の斉藤由貴以来23年ぶり。この頃よりグラビア活動を終え、女優に完全に転身。

2009年8月には、徳島市阿波踊りに前年の『真夏の夜もさだまさし』で話題となった“NHK徳島連”の一員として参加、ドラマPRを行う。

恋愛については年上の相手が多く、負けず嫌いとして生きてきたと語っている[5]

2010年8月27日より、ブログをアメーバブログに移行。

スリーサイズはB:89cm W:59cm H:87cm[6]。趣味は読書、特技はバスケットボール、テニスなどスポーツ全般。

家族構成は父、母、妹3人(1歳、3歳、6歳下[2])と、2006年に生まれた弟が1人いる[1]。母が18歳のときに生まれた子供である[7]。祖父母とも一緒に住んでいた[1]。動物好きでを12匹飼っており、将来の夢は動物看護師だった[1]。高校時代、吉野家や懐石料理店でバイトしていた。和菓子が好きで、特にわらび餅は実家時代、ストーブの上に鍋を置いて作っていたという[8]

出演

映画

短編映画

  • koganeyuki(2009年1月17日公開) - 主人公・里佳 役

テレビ番組

ドラマ

バラエティ・教養

CM・広告

WEB

  • 時東ぁみと倉科カナの今夜は生(ライブ)だ!(2009年2月6日)

PV

舞台

作品

DVD

写真集

カレンダー

  • 倉科カナ 2012年カレンダー(2011年10月19日、トライエックス (ハゴロモ))ASIN B005GT79OU
  • 倉科カナ 2011年カレンダー(2010年9月22日、トライエックス (ハゴロモ))ASIN B003YJFFE0

出版

雑誌

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 熊本日日新聞: 第2部1面. (2010年1月1日) 
  2. ^ a b 浜ちゃんが!. 日本テレビ. 2010年6月10日放送.
  3. ^ 次期朝ドラ『ウェルかめ』ヒロインにミスマガジン2006GPの倉科カナが決定!”. マイナビ (2009年4月3日). 2012年11月1日閲覧。
  4. ^ “NHK朝ドラ「ウェルかめ」ヒロイン・倉科カナ”. リアルライブ. (2009年9月2日). http://npn.co.jp/article/detail/24931761/ 2012年11月1日閲覧。 
  5. ^ グータンヌーボ. フジテレビ. 2010年8月4日放送.
  6. ^ ミスマガジン2006受賞者プロフィール”. 講談社. 2013年3月21日閲覧。
  7. ^ ボクらの時代. フジテレビ. 2011年9月4日放送.
  8. ^ 4B. yahoo!. 2008年7月9日閲覧。[要文献特定詳細情報]
  9. ^ 「Eternally」ミュ-ジックビデオ解禁(GLAY NEWS & INFO 2013.05.15)”. 2013年5月16日閲覧。 - GLAY公式サイト

外部リンク