美輪明宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美輪 明宏
基本情報
出生名 丸山 臣吾 まるやま しんご(幼名)
別名 丸山 明宏 まるやま あきひろ(本名及び旧芸名)
出生 1935年5月15日(79歳)
出身地 日本の旗 日本長崎県長崎市
血液型 A型
学歴 国立音楽大学附属高校中退
ジャンル シャンソン
職業 シンガーソングライター俳優演出家タレント
担当楽器
活動期間 1952年 - 現在
レーベル キングレコード
事務所 オフィスミワ
公式サイト o-miwa.co.jp

美輪 明宏(みわ あきひろ、1935年5月15日 - )は、日本シンガーソングライター俳優演出家タレント長崎県長崎市出身。本名:丸山 明宏、幼名 臣吾(しんご)。海星中学を経て国立音楽大学附属高校中退。愛称はマルさん美輪さん。自らの個人事務所である、オフィスミワ所属。

1971年までは本名の丸山 明宏名義で活動していた。兄と姉と弟のいる五人兄弟の次男。

経歴[編集]

長崎時代(1935年5月15日- 1951年)[編集]

美輪の実家は、長崎市内の「丸山遊郭」と呼ばれた遊郭街で、『世界』という名前のカフェを経営していた。1941年12月、イギリスアメリカとの戦争体制に入った中で、美輪の父親は「敵性文化を商売にする事は時局にそぐわぬ」と言われて、カフェを閉店せざるを得なくなり、金融業に転業。10歳だった美輪は長崎への原爆投下時、長崎市本石灰町(爆心地から約4キロ)の自宅におり無事だったが[1]、その後、近くの防空壕で待機した後に、6日後の終戦の日に爆心地近くにあった生母の実家へ祖父母を1人で探しに行き、惨状を目の当たりにする[2][3]

原爆により、父の貸付先が相次いで破産・他界したため、返金を受けられなくなった美輪一家は貧乏生活を余儀なくされた。その前に美輪の父の後妻が他界しており、父の後々妻も失踪する等の不幸に見舞われ、美輪は幼い異母弟達と辛い日々を送ることとなった。

終戦後、自身が鑑賞した映画に出演していた加賀美一郎ボーイソプラノに衝撃を受け、程無くして、声楽とピアノのレッスンを受け始める。海星中学では、同期に西岡武夫がいた。エンリコ・カルーソーベニャミーノ・ジーリの様なオペラ歌手、コンサート歌手を夢見て、1951年の春に国立音楽高等学校(現・国立音楽大学付属高等学校)進学の為、15歳で上京する。

歌手 丸山明宏[編集]

上京し、国立音楽高等学校(現・国立音楽大学付属高等学校)へ進学。家業の倒産をきっかけに高等学校を中退、翌1952年、当時17歳の美輪は、新宿駅で寝泊りしていたが、銀座シャンソン喫茶『銀巴里』の美少年募集の張り紙をきっかけに、銀巴里との専属契約を交わし、歌手デビュー。国籍・年齢・性別不詳として売り出す。 次第に人気を博し、三島由紀夫吉行淳之介野坂昭如大江健三郎中原淳一遠藤周作寺山修司なかにし礼等、文化人の支持を得る。

1957年フランスシャンソンメケ・メケ』を日本語でカバーし、艶麗な容貌で、シャンソンを歌い上げ、一躍人気を博す。元禄時代の小姓衣装を洋装に取り入れ、レース地のワイシャツ等を身に纏いユニセックスファッション[4]と、三島由紀夫が「天上界の美」と絶賛した美貌で、マスコミから「神武以来の美少年」、「シスターボーイ」と評され一世を風靡する(自伝『紫の履歴書』)。同じ、1957年製作の映画『暖流』(増村保造監督。大映)に歌手として出演しており、カラー映像で、当時の美輪の流麗な風貌を見る事ができる。

「メケメケ」以来のブームは、1年程で沈静化。その間に、週刊誌にて、自身が同性愛者である事を公表したことや、旧来のシャンソンのイメージ(美輪曰く「蝶よ花よ、星よ月よに終始する“おシャンソン”」)に無い、自ら和訳した生々しい内容のシャンソンを歌唱した事に対する反発もあり、人気は急落する。そんな逆風の中、作詞作曲活動を開始。今もって美輪の主要なレパートリーとなっている「うす紫」、「金色の星」、「ふるさとの空の下」などの作品は、この頃、既に作詞作曲していた。しかし、その活動は当時の聴衆からも歌謡界からも理解を得られず、レコード化すらできなかった。美輪曰く「人様の情けに生かされた」不遇の時代が続くと共に、吐血など原爆症に悩まされ始める。

しかし、1963年には、中村八大らの助力により日本初となる全作品、自らの作品によるリサイタルを開催。翌、1964年には、「ヨイトマケの唄」を初めて、ステージで披露する。1966年、前年の内にレコード化された「ヨイトマケの唄」(「ふるさとの空の下で」とのカップリング)が注目され人気が再燃。

俳優 丸山明宏[編集]

1967年に、寺山修司の演劇実験室・劇団天井桟敷旗揚げ公演で、寺山が美輪の為に、書き綴った『青森県のせむし男』や『毛皮のマリー』に主演。

1968年、自伝『紫の履歴書』を発表。(初版は大光社より)

江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本の舞台『黒蜥蜴』以降も『椿姫』、『マタ・ハリ』、ジャン・コクトー原作『双頭の鷲』(王妃の演技に対し、日本初の女王役者誕生と賞賛された[要出典])と言った舞台や『黒薔薇の館』、『雪之丞変化』等の映画・テレビドラマでの主演を続ける。また、1970年からは、TBSラジオラジオ身の上相談」を担当し、芸能人が担当する人生相談としては、異例の25年という長期に渡り続いた。

美輪明宏への改名と体調の悪化[編集]

1971年、読経中に『美輪』の字が浮かび、神様が与えて下さった名前だと思い、姓名判断を調べると、完全無欠な画数だった為、丸山明宏から美輪明宏に改名[5]。「女優引退宣言」(女性役を演じなくなるので、当時こう表現された)を行い、歌手活動に専念する。銀巴里や渋谷ジァン・ジァンでのライヴや全国各地でのリサイタルを精力的に行い、『白呪』(1975年)等のアルバムも多数発表した。また、男性役では、映画(1977年 井上ひさし原作『日本人のへそ』)やドラマ(1976年『さくらの唄』)に出演している。

1978年枯葉の寝床』(原作 森茉莉)で舞台活動を再開するが、この頃より、慢性気管支炎になり、年々悪化。俳優、歌手活動に支障を来たし始め、トークショー等のテレビ出演を控える様になる。しかし、その後も演劇では、1979年エディット・ピアフの生涯を描いた、自作自演となる『愛の讃歌』を初演したり、1980年のTVアニメ「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」では夜の女王役を演じている。

1983年には、舞台『毛皮のマリー』や『青森県のせむし男』を再演。更に1984年には、『双頭の鷲』を再演するが、体調は悪化する一方で、1985年の『大典礼』(原作・演出 フェルナンド・アラバール)を最後に1993年の『黒蜥蜴』再演まで再び舞台から降りる事となった。病状は深刻で、激しい咳の為、肋骨が折れた事もあったという[要出典]

尚、歌手としては、1984年パリで、1987年には、パリマドリードシュトゥットガルトでリサイタルを開催し、『ル・モンド』、『リベラシオン』を始め多数の新聞・雑誌に紹介・絶賛された。また、1986年からは、現在も続くPARCO劇場でのロングリサイタルが開始され、それ以外にも、全国各地でのリサイタル公演を開催し、舞台に立てなくなった後も切れ目なく活動を続けた。

1990年東京芸術劇場こけら落し公演『マリー・ローランサン』を演出。この時、既に『黒蜥蜴』再演の企画は持ち上がっていたが、体調面から断念している。また、この年、40年近く唄い続けて来た銀座のシャンソン喫茶店・銀巴里が閉店となり、美輪は最後の日の「さよならコンサート」で自ら作詞作曲した『いとしの銀巴里』を涙ながらに歌い上げた。この模様を各メディアは挙って大きく報じ、また翌1991年の映画『黒蜥蜴』のニューヨークでのヒットなども重なり、美輪が曰く、この頃から、「メケメケ、ヨイトマケ、黒蜥蜴に続く四回目のブーム」の時期が訪れ、テレビやCM等への出演が増えた。

黒蜥蜴再演[編集]

1993年、1985年の『大典礼』以来、舞台に立てない程に悪化していた持病が、前年に奇跡的に完治した事で、24年ぶりに待望の『黒蜥蜴』を再演[6]。前売りのチケットは発売日当日に完売する等、世間から脚光を浴びた。また、この再演時には、自ら主演、演出、美術、衣装、選曲を担当。以降、上演される舞台は、1994年、1996年の『毛皮のマリー』以外、全て美輪自身の演出となった。自身が、大道具、小道具、美術・衣装・選曲を務める事が多く、脚本・振り付けを担当した作品(美輪明宏版「椿姫」)や原作まで担当した作品(「愛の讃歌」)もある。

1994年には、海外から演出、照明、音楽等、当代一流のスタッフを招き、、舞台『毛皮のマリー』を再演。この形式は、1996年の再演時にも継承されるが、美輪曰く「演出があんまりひどい時は、私が手直しした」との事で、結局、2001年の再演では、自ら演出する事となる。キャストも美少女を含め、全員男性で演じる本来の形式に戻された。

1996年、三島由紀夫が30年来熱望していた美輪演出・主演による『近代能楽集より、葵上卒塔婆小町』を上演。三島を歓喜させた当初のプラン通り、葵上では、舞台デザインにサルバドール・ダリ尾形光琳を取り入れ、音楽は、武満徹の『ノヴェンバー・ステップス』(英: November Steps )を取り入れ、99歳の老婆から19歳の美女への早替り(卒塔婆小町)など趣向を凝らした舞台となる。また、その年の秋には『愛の讃歌』を17年ぶりに再演した。

1997年、13年ぶりの『双頭の鷲』再演で読売演劇大賞優秀賞を受賞。宮崎駿監督アニメーション映画『もののけ姫』では、山犬神、モロの君の役で声優を務め、東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞する。

1998年には、『葵上・卒塔婆小町』を再演、秋にはデュマ・フィス原作「美輪明宏版 椿姫」を30年ぶりに再演する。この年2本の芝居を上演したのを最後に、翌年の『双頭の鷲』以降、舞台作品は年1本の上演ペースとなる。一方、美輪が舞台活動を再開した1993年以降、芝居のスケジュールとの調整が必要となり公演がない年(1996、1997年)もあったPARCO劇場でのロングリサイタルは1998年以降「音楽会」と名を改め、毎年行われる様になる。以来、美輪のステージは春先の芝居、秋の音楽会で定着し、現在に至っている。

2000年、銀巴里閉店後、唯一のライヴ活動の場となっていた渋谷ジァン・ジァンが閉場となり、2000年3月29日が美輪のジァンジァンにおけるラストライヴとなった(閉場は2000年4月25日)。そして、エディット・ピアフの生涯を描いた舞台『エディットピアフ物語愛の讃歌』を上演。また、この年、アルバム『白呪』が再発売される。桑田佳祐フジテレビ系『桑田佳祐の音楽寅さん』内で『ヨイトマケの唄』を歌ったのもこの年である。[7]

2002年に芸能生活50周年を迎える。この年には、三島由紀夫の三十三回忌に際して、『近代能楽集より 葵上・卒塔婆小町』を再演している。(相手役は宅麻伸)

2005年には、テレビ番組『オーラの泉』が始まり、「愛の伝道師」として出演している。

2006年、美輪明宏原作、演出、美術、衣装、主演、舞台『エディットピアフ物語愛の讃歌』を再演。

2007年、美輪明宏携帯サイト「美輪明宏 麗人だより」を開設。

2010年、三島由紀夫原作の舞台『近代能楽集より 葵上・卒塔婆小町』を再演。(相手役は木村彰吾、岩田知幸)

2012年、 『第63回NHK紅白歌合戦』に出場し、「ヨイトマケの唄」を歌った。77歳での『NHK紅白歌合戦』初出場は史上最年長で、デビュー60年での初出場も史上最長記録である。歴代出場者全体の年齢から見ても、第40回(1989年)に満78歳で出場した藤山一郎に次ぐ歴代2位[8]

2013年1月24日発売の「週刊文春」で、約8年前に自身の個人事務所「オフィス・ミワ」社長と養子縁組している事が報じられた[9]。美輪の17歳年下で、ちょうど文学座の研究生だった17歳の頃、ちょうど美輪の付き人が辞めることとなり、知人の紹介で付き人となって以来、身の回りの世話をするようになった。その後は『青年座』や『青俳』などに在籍、NHK大河ドラマ『黄金の日日』にも出演経験があり、声優としても活動していた(芸名:藤堂貴也)。「オフィス・ミワ」前社長が高齢の為退任した後、社長に就任し、名実ともに美輪を支えてきた。『第64回NHK紅白歌合戦』に出場、藤山の持つ最年長出場に並んだ。 同じく2013年、フランス人の映画監督による美輪明宏のドキュメンタリー映画が作られ、DVDにもなった。ナレーションはフランスの産業大臣の夫人が担当した。

2014年4月から、美輪明宏主演の舞台『愛の賛歌~エディット・ピアフ物語』がリバイバルで全国公演される。前回の公演ではこの舞台を見た瀬戸内寂聴が感激して楽屋を訪れ、「私は今まで映画や舞台をたくさん見てきたが、この芝居が一番感動した」と言って号泣したという。同じく、この舞台を見た東山紀之も感激して美輪の楽屋を訪れ、「僕、今まで自分がこんなに泣けるとは思わなかったですよ」と言い号泣したという。

人物[編集]

  • “日本初のシンガー・ソング・ライター”であることを自称している。(ただし、加山雄三も“日本初のシンガー・ソング・ライター”を自称している)。
  • 昔、ラジオで人生相談の番組を長年担当していた。
  • 敬愛するエディット・ピアフのサイン入りの古いレコードを持っている。これはフランス人の映画監督からお土産としてもらったものである。
  • 悪天候のときでも美輪が行く先々で天気が良くなり、欠航していた飛行機や新幹線に乗ることができたり高速道路を使うことができたりと、不思議な現象が起こるという。こういうことが年中あるとのこと。
  • 中性的な風貌から、『ウルトラQ』の第16話の準備稿ではセミ人間のイメージキャストとして丸山 明宏(美輪の本名)が挙げられている[10]
  • 2011年3月28日、『徹子の部屋』に出演した際には、「いろんな病気をして来て肺を患った時、30代で一気に白髪になった」旨の発言をしている。その後長らく髪の毛を黒く染めていたが、1998年頃より風水に基づき黄色く染めロング・ヘアーにしている。
  • 「好きな食べ物は?」との質問に、「人の悩みを食べて、涙を飲んで生きてるの」と答えた[11]
  • 永年、『法華経』を信仰し、池上本門寺朗子会館で人生相談のボランティアをしていた。
  • 日本音響研究所の鈴木松美によると、美輪の声には周波数ゆらぎと振幅ゆらぎが含まれているという。

交友関係[編集]

その他[編集]

  • 講談社発行の月刊誌「現代」で、2007年9月号から2008年1月号までノンフィクション作家・豊田正義が、美輪明宏の評伝を連載した。タイトルは『オーラの素顔』。美輪の少年時代から始まり、赤木圭一郎との哀恋、三島由紀夫や寺山修司との芸術的交流、江原啓之との出会い、『オーラの泉』の裏話まで、美輪の人生が精緻な取材で描かれており、単行本化されている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. メケ・メケ/ジェルソ・ミーナ(1957年)
  2. ヨイトマケの唄/ふるさとの空の下(1965年)
  3. 湯どうふの唄/トニーの唄(1966年)
  4. 東京娘/人生の並木路(1971年)
  5. むらさき小唄/大江戸出世小唄(1970年4月10日)
  6. 昼メロ人生/砂漠の青春(1983年4月)
  7. ヨイトマケの唄(1998年12月23日)
  8. ヨイトマケの唄/いとしの銀巴里/人の気も知らないで(2003年10月1日)

オリジナルアルバム[編集]

  1. 日本心中歌謡史(1973年)
  2. 白呪(1975年)(2011年)

編集アルバム[編集]

  1. 美輪明宏の世界(1987年4月21日)
  2. 愛の贈り物(1991年8月21日)
  3. 全曲集(1996年9月21日)
  4. 全曲集(2000年3月6日)
  5. 全曲集(2002年9月2日)
  6. ベストセレクション シャンソン・アルバム(2004年12月1日)
  7. テイチク・ワークス 1970-1971(2006年4月26日)
  8. 全曲集(2007年09月5日)
  9. 全曲集 2009(2008年09月10日)
  10. ベストセレクション(2008年11月26日)
  11. 全曲集 2010(2009年9月9日)
  12. ベストセレクション2010(2010年4月7日)
  13. 全曲集 2011(2010年10月6日)

企画アルバム[編集]

  1. 丸山明宏”魅惑の古賀メロ”を唄う(1971年1月5日)
  2. ヨーロッパ・ヒットをうたう(1992年10月21日)
  3. 昭和の名歌を唄う(1995年9月6日)
  4. 日本の心を歌う(1999年08月27日)
  5. 《愛》を歌う(2001年2月21日)
  6. 古賀メロディーを唄う(2002年10月22日)
  7. 日本の詩を唄う(2006年11月8日)

ライブアルバム[編集]

  1. 魅惑のコンサート
  2. 喝采~銀巴里ライヴ(1994年12月1日)
  3. ジャン・ジャンライブ’94(1995年2月20日)

ボックス・セット[編集]

  1. 美輪明宏全集(2002年9月6日)

オムニバス[編集]

  1. シャンソン・ド・銀巴里(1970年4月5日)

映像作品[編集]

  1. 人生愛と美の法則1(2006年3月24日)
  2. 人生愛と美の法則2(2006年3月24日)
  3. リサイタル”愛” 1 日本の心を唄う~’91秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  4. リサイタル”愛” 2 サンジャンの恋人~’91秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  5. リサイタル”愛” 3 愛しの銀巴里~’93秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  6. リサイタル”愛” 4 愛の賛歌~’93秋パルコ劇場~(2006年12月6日)

主な出演作[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ他[編集]

その他多数

劇場アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

携帯公式サイト[編集]

音声ガイド[編集]

  • 東京国立博物館「伊勢神宮と神々の美術展」(2009年)

著書[編集]

単著[編集]

  • 丸山明宏『紫の履歴書』大光社 1968 のち角川文庫、水書坊 
  • 『新・紫の履歴書』面白半分 1976
  • 『獅子の座蒲団 霊感・人生相談』角川書店 1983年 のち「獅子の座ぶとん」文庫
  • 『霊の実在』明日香出版社 1984 現代辻説法
  • 『生きるって簡単』佼成出版社 1987年
  • 『悩まなくてよい本 霊能的雑業家の開運アドバイス』佼成出版社 ダルマブックス 1987
  • 『ほほえみの首飾り 南無の会辻説法』水書坊 1989
  • 『光をあなたに:美輪明宏の心麗相談』メディアファクトリー 1995年
  • 『人生ノート』パルコ出版 1998年
  • 『天声美語』講談社 2000年
  • 『強く生きるために』主婦と生活社 2000年
  • 『ああ正負の法則』パルコ出版 2002年  
  • 『愛の話 幸福の話』集英社 2002年
  • 『地獄を極楽にする方法』主婦と生活社 2003年
  • 『霊ナァンテコワクナイヨー』パルコ出版 2004年
  • 『人生学校虎の巻』家の光協会 2005年 ISBN 9784259546717
  • 『戦争と平和 愛のメッセージ』岩波書店 2005年 ISBN 9784000236485
  • 『美輪明宏のおしゃれ大図鑑』集英社 2005年 ISBN 978-4087804133
  • 『世なおしトークあれこれ』パルコ出版 2007年 ISBN 9784891947514
  • 『続・人生学校虎の巻』家の光協会 2008年
  • 『乙女の教室』集英社 2008年
  • 『愛と美の法則』パルコ出版 2009年
  • 『花言葉』パルコ出版 2010年 ISBN 9784891948531
  • 『悩みも苦しみもメッタ斬り!』家の光協会 2011年 ISBN 9784259547356
  • 『明るい明日を』パルコ出版 2012年  ※第18回スポニチ文化芸術大賞グランプリ受賞 

共著[編集]

  • 『ぴんぽんぱんふたり話』瀬戸内寂聴共著 集英社 2003
  • 『人生讃歌 愉しく自由に美しく、又のびやかに』齋藤孝共著 大和書房 2004 
  • 『日本人なら「気品」を身につけなさい ボクらの時代』瀬戸内寂聴,平野啓一郎共著 扶桑社 2008
  • 『美輪明宏が語る寺山修司 私のこだわり人物伝』寺山修司共著 角川文庫 2010

共著[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 美輪の著書『紫の履歴書』にて、夏休みの宿題である画を描いていて、その仕上がりを見ようと二、三歩後ろへ下がった途端、ぴかっと光った。偶然、後ろに下がった為、一命を取り留めたと語っている。
  2. ^ 2005年のNHKの番組『あの日 昭和20年の記憶』に被爆者の一人としてインタビューイとして出演したときには、8月15日に実家に戻ると水を求めてきた瀕死の被爆者らが押し寄せて、一家総出で水を与えたと証言している。とりわけ女性の被爆者に水を与えたところ、幼い自分を拝んでそのまま死んだことに言及すると涙ぐみ、「まさに地獄ですよ」と語った。
  3. ^ 朝日新聞の『祈り ナガサキノート2』では「あの地獄のような光景が私の歌づくりの原点になっています」と語り(これは同書の帯に使用された)、赤子を抱えた母親の死体を見て、「無償の愛」(美輪の作品のテーマのひとつである)を知った。
  4. ^ 「衣装革命」と称し、着飾ったが、この前衛的な美輪の活動も、保守的であった世間からは冷遇され、「丸山明宏を芸能界から追放せよ」と言った内容の批判記事が、全国紙に掲載されたり、見知らぬ人から、石やビール瓶の蓋を投げ付けられた事もあった
  5. ^ 美輪の著書『霊ナァンテコワクナイヨー』(2004年)にて、記述
  6. ^ 『黒蜥蜴』の再演は93年以来1994年1997年2003年2005年と続けられている。
  7. ^ 2002年11月に発売された桑田のベストアルバム『TOP OF THE POPS』には2000年11月30日~12月2日にパシフィコ横浜国立大ホールで行われたライブ「桑田佳祐が選ぶ20世紀ベストソング」からのライヴテイクによる「ヨイトマケの唄」が収録されている。これ以降も槇原敬之米良美一を始めとして、多くのアーティストによる優れたカバーが発表されている。長く放送自粛となっていた民放各局(NHKでは自粛対象ではなかった)で放送される機会も増え、ついに美輪自身も2006年4月14日放送のテレビ東京たけしの誰でもピカソ・祝400回スペシャル』内でこの曲の誕生秘話を語り、フルコーラスを歌っている。
  8. ^ 紅白:77歳・美輪明宏、歴代最高齢初出場「桃色組で出ます」2012年11月27日
  9. ^ 美輪明宏に養子がいた「事実です」”. nikkansports.com (2013年1月24日). 2013年3月12日閲覧。
  10. ^ DVD「ウルトラQ」第4巻ブックレットより
  11. ^ 福岡放送制作 日本テレビ系「新型テレビ」。
  12. ^ 西岡議長死去:評伝 「ミスター一徹」を悼む=岩見隆夫 毎日新聞 2011年11月6日閲覧
  13. ^ 月刊『薔薇族』編集長 伊藤文學の談話室より。
  14. ^ 伊藤文學のひとりごと。
  15. ^ 中居正広のキンスマ!波瀾万丈スペシャル! 2007年12月28日
  16. ^ 福島瑞穂ほか『出すぎた杭は打たれない 福島瑞穂対談集(シリ-ズ女の決断)』NTT出版, 1994年
  17. ^ 福島みずほツイッター、2013年11月16日23:54投稿 https://twitter.com/mizuhofukushima/status/401725063411412992