山田まりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまだ まりや
山田 まりや
プロフィール
別名 草野 まりや(本名)
生年月日 1980年3月5日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市中村区
血液型 A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 153 cm / 44 kg
BMI 18.8
スリーサイズ 87 - 58 - 86 cm
カップサイズ C
靴のサイズ 23 cm
活動
デビュー 1996年
ジャンル タレント
モデル内容 一般
その他の記録
ミスヤングマガジン初代グランプリ(1996年)
フジテレビビジュアルクイーン
(1996年)
モデル: テンプレート - カテゴリ

山田 まりや(やまだ まりや、1980年3月5日 - )は、日本タレント女優、元グラビアアイドルである。本名、草野 まりや(くさの まりや、旧姓:山田)。

愛知県名古屋市中村区出身、東京都足立区育ち。サンズエンタテインメント所属。豊南高等学校中退。血液型A型

人物・略歴

1996年デビュー。同年、第1回 ミスヤングマガジングランプリを受賞、フジテレビビジュアルクイーンオブザイヤーに選出され、グラビアアイドルとして活動。一時期「久田 まりや」(ひさだ まりや)名義で活動していた。

明るく好奇心旺盛なキャラクターと、鋭いツッコミや歯に衣着せぬ発言が得意で、さらに場の空気を読むのも上手かったため、数多くのバラエティ番組で活躍。その一方、『ウルトラマンダイナ』『すずらん』などのテレビドラマや舞台で女優としても活動。『ウルトラマンダイナ』で共演していたつるの剛士と一時交際していた。

サンデー毎日』にエッセイ『まりやルール』を執筆し、毎日新聞社から単行本化された。この連載では時事ネタや政治ネタも扱い、菅直人と対談した。後に雛形あきことともに選挙公報のポスターのモデルにも起用されている。また、『新潮45』誌で幼い頃にいじめに遭った過去や、援助交際に走る大人への批判などを綴ったエッセイも書いている。

2001年、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際に、シャツのボタンが取れかけるハプニングがあった。

2004年に起きた前所属事務所イエローキャブの分裂騒動では、恩人である野田義治前社長の創立した現所属事務所に、雛形あきこらとともに移籍した。近年は[いつ?]、舞台に力を入れている。

2007年10月に週刊誌でセミヌードになる。

2008年1月、交際中の舞台俳優・草野徹と結婚すると報道された。2008年2月14日入籍し、草野まりやになったことを公式ブログ[1]で公表した。かねてから「弟が独り立ちするまで結婚はしない」と宣言していたが、親代わりに面倒を見てきた弟が高校を卒業したのを機会に入籍した。2012年12月29日午前8時46分、3360グラムの男児誕生。

喫煙者であったが、今から、3年前に[いつ?]禁煙に成功した。

アニメ『クレヨンしんちゃん』の主人公・野原しんのすけのお気に入りのアイドルとして、1997年から1998年までたびたび同作品内で山田の名が出ていた。

出演作品

テレビドラマ

映画

オリジナルビデオ

舞台

  • 雪まろげ(2007年3月 - 4月)
  • 長七郎天下ご免!
  • 年上の女−夫婦漫才一代記−(2004年、2005年)
  • ちょっといいかな、女たち(2005年)
  • 劇場の神様 -極付「丹下左膳」-(2005年)
  • 赤い夕陽のサイゴン★ホテル
  • ぷれいす「しとやかな獣」(2007年)
  • キル(2007年12月 - 2008年1月)
  • そのまま!(2008年5月 - 6月)
  • 拙者ムニエル「悪い冗談のよし子」(2008年)
  • すいとんメモリーズ 〜香葉子と三平、もぉタイヘンなんスから〜」(2009年) - 海老名香葉子
  • 東京セレソンデラックス「流れ星」(2009年5月・9月)
  • 椿組「「新宿ジャカジャカ」〜その日ギターは武器になったのか〜」(2009年)
  • トム・プロジェクト「ぺてんばなし」(2010年)
  • 萬狂言「現代狂言V 狂言とコントが結婚したら」(2011年)
  • トム・プロジェクト「校長失格」(2011年)
  • トム・プロジェクト「嫉妬.混む!」(2011年)

テレビアニメ

テレビ番組

ラジオ番組

CM

音楽

  • daijo-bu!! (『スーパージョッキー』エンディングテーマ)

書籍

著書

写真集

脚注・出典

[ヘルプ]

外部リンク